ポスター原画コンテストの歴史

原画コンテストの歴史

これまでのコンテストの歴史をご紹介します。

ピクチャのザウルスの画像

前史

  • 1971(昭和46)年 社団法人障害者雇用促進協会発足
  • 1973(昭和48)年 心身障害児絵画・標語募集を始める(以降、毎年開催)
  • 1974(昭和49)年 社団法人全国心身障害者雇用促進協会発足(社団法人障害者雇用促進協会を改組)
  • 同年 「心身障害児絵画展」を開催(以降、毎年開催)            
  • 1977(昭和52)年 身体障害者雇用促進協会設立(社団法人全国心身障害者雇用促進協会解散)
  • 同年 「心身障害児絵画展」を「障害児絵画展」に変更
  • 1987(昭和62)年 障害者と健常者がともに働いている等の写真を募集し、広報誌「働く広場」誌上に掲載する「働く広場」誌上写真展フォトコンテストを実施
  • 1988(昭和63)年 身体障害者雇用促進協会を日本障害者雇用促進協会に名称変更
  • 同年 「障害児絵画展」の応募対象を生徒及び18歳以下の働く障害者にも広げ、「障害児童・生徒等絵画展」とする。また、表彰式及び絵画展を東京以外でも実施することとなる。

ポスター原画募集

  • 2002(平成14)年 「障害児童・生徒等絵画展」と「働く障害者フォトコンテスト」を統合し、「障害者雇用支援月間ポスター原画募集」を開始する。
  • 2003(平成15)年 日本障害者雇用促進協会を改組し、独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構が発足
  • 2011(平成23)年 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構に名称変更
  • 2019 年 「障害者雇用支援月間ポスター原画募集」を「障害者雇用支援月間ポスター原画コンテスト」に名称変更予定