DVD「ともに積み重ねよう障害者雇用のステップ ~肢体不自由者の雇用をすすめるために~」をご活用ください

DVD「ともに積み重ねよう障害者雇用のステップの装丁

DVD「ともに積み重ねよう障害者雇用のステップの装丁

DVD「ともに積み重ねよう 障害者雇用のステップ-肢体不自由者の雇用をすすめるために-」では、 肢体不自由者を見事に企業の戦力とした4つの事例について、採用から職場定着までを紹介しています。その中には、企業が障害者雇用をスムーズに進めるために、 各支援機関と密接に連携して取り組んだ様子も紹介しています。
肢体不自由者などの障害者雇用を進める際のご参考として、ぜひご活用ください。

紹介事例

採用への取組~支援機関との連携~(飯田信用金庫(法人番号 5100005009518))

重度肢体不自由者を事務職として雇用するために、人材募集、職業環境・受入態勢の整備、職務の設定、職場内支援など、各支援機関の協力を得ながらひとつひとつ解決。その雇用の道程をたどります。

職場定着の支援①~職場での改善・工夫~(鳴門美装株式会社(法人番号 1480001005098))

清掃作業の現場で障害者雇用を進めるため、高齢者雇用で培ったノウハウを活用。ワークシェアリングのシステム導入、清掃用具の改善・工夫によって、障害者が自立して働く職場を実現しました。

職場復帰への取組~職業訓練の活用~(株式会社米子シンコー(法人番号 3270001003708))

在職中に受障した社員の職場復帰のために、職業訓練の受講を検討。企業のニーズに応じたオーダーメイド型の職業訓練を活用することで製図技術を修得し、無事職場復帰を果たしました。

職場定着の支援②~在宅勤務の雇用管理~(株式会社沖ワークウェル(法人番号 4010401053402))

受注した仕事を複数の在宅勤務者にふりわけるコーディネーターを設け、コンスタントな仕事の受注を実現。コンピューターネットワークをフルに活用することで、通勤困難な重度障害者の雇用を実現しました。