ともに働く職場へ~事例から学ぶ 精神障害者雇用のポイント~

初めて精神障害者雇用に取り組んだ事例、雇用継続のために支援体制の整備やコミュニケーション面の配慮等を行った事例、休職した精神障害者の職場復帰に取り組んだ事例など、実際の企業における精神障害者の雇用事例を通して、精神障害者とともに働く職場をつくるための様々なノウハウについて紹介しています。また、事例ごとに簡単なポイント解説を加えています。

「ともに働く職場へ~事例から学ぶ 精神障害者雇用のポイント~」DVDジャケットの表紙画像

 ※画像をクリックすると、別ウィンドウで映像が流れます。
 

はじめに 精神障害者の雇用管理の基本的なポイント

本動画の目的と、精神障害者雇用の基本的なポイントについて説明しています。
(2分48秒)
 

初めて精神障害者雇用に取り組んだ事例 (ヤマト運輸株式会社青森主管支店青森ベース店(法人番号 1010001092605))

精神障害者の雇用経験がなく、雇用の進め方がわからなかったため、支援機関に相談。
職務の選定や就業時間の設定、実習の活用などの準備を行い、さらに、職場定着に向けてジョブコーチ支援を活用し、スムーズに対応できる体制を整えています。

Q.初めての障害者雇用、どのように進めていけばよいのでしょう?
Q.精神障害者を雇用する上での留意点は?
(9分53秒)
 

精神障害者の職場定着に取り組んだ事例(社内外の支援体制整備) (新潟ワコール縫製株式会社(法人番号 6110001008050))

障害者職業生活相談員や企業内ジョブコーチの配置、定期的な社内会議の実施、支援機関との連携などにより、一人ひとりが安心して働くことができる環境づくりを進めています。

Q.障害者の雇用継続のために、どのような支援体制を整えればよいのでしょう?
(9分24秒)
 

精神障害者の職場定着に取り組んだ事例(コミュニケーション面の配慮) (生活協同組合コープかごしま産直センター(法人番号 3340005001568))

日々の声かけや作業日報の活用等による状況把握、ご本人の特性に合わせた配置転換や勤務体制の変更など、障害者が長く働けるように、職場全体でフォローしています。

Q.職場内でのコミュニケーションはどう図ればよいのでしょう?
Q.職場定着のポイントは?
(10分58秒)
 

休職した精神障害者の職場復帰に取り組んだ事例 (株式会社シータス&ゼネラルプレス(法人番号 4010001070558))

ご本人の状態の把握、就業時間の設定や体調管理の工夫など、支援機関と連携して職場復帰に取り組みました。
また、職場復帰後、活躍の場を拡げている様子も紹介しています。

Q.精神疾患により休職している社員の職場復帰をどう支援したらいいのでしょう?
(8分36秒)