働く広場2017年12月号
36/36

12月号 平成29年11月25日発行 通巻483号毎月1回25日発行 定価(本体価格129円+税)※遠隔手話通訳を利用するときは、インターネット回線を通じてテレビ電話をかける。待機している手話通訳者が通訳をして会話をすすめる。遠隔手話通訳の仕組み聴覚障害者との職場でのやりとりや聴覚障害者が出席する会議等で、手話通訳が必要になった際に、遠隔手話サービスを使用する。視覚障害者が音声回線を使用して出した指示にもとづき、離れた場所にいる職場介助者が文書の読上げや、作成を行う。 視覚障害者が小型カメラ等をつけて外出し、職場介助者はモニターを通して、安全確保や道案内などを行う。四肢機能障害者がカメラ・モニター等を介して出した指示にもとづき、離れた場所にいる職場介助者が文書の作成を行う。遠隔手話サービス(聴覚障害者)音声回線を活用した遠隔での職場介助者による文書朗読・作成(視覚障害者)小型カメラ等を活用した目的地への外出(遠隔誘導)サポート(視覚障害者)カメラ・モニター端末等を活用した遠隔での職場介助者による文書作成(四肢機能障害者)※障害者介助等助成金ではICT(情報通信技術)を活用した事例でも支給対象となります障害者助成部助成金の詳細については、機構ホームページをご確認ください。http://www.jeed.or.jp/disability/subsidy/助成金の申請にあたっては、各都道府県支部へお問い合わせください。遠隔手話通訳を利用するときは、インターネット回線を通じてテレビ電話をかける。待機している手話通訳遠隔手話通訳の仕組み(パソコン、タブレット、 スマートフォン)※ICT《information and communicationtechnology》情報通信技術。 ITとほぼ同義。日本では、情報処理や通信に関する技術を総合的に指す用語としてITが普及したが、国際的にはICTが広く使われる。(出典/小学館デジタル大辞泉)

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る