助成金等

 障害者雇用納付金制度に基づく助成金は、事業主等が障害者の雇用にあたって、施設・設備の整備等や適切な雇用管理を図るための特別な措置を行わなければ、障害者の新規雇入れや雇用の継続が困難であると認められる場合に、これらの事業主等に対して予算の範囲内で助成金を支給することにより、その一時的な経済的負担を軽減し、障害者の雇用の促進や雇用の継続を図ることを目的とするものです。

 また、障害者職場実習支援事業は、障害者を雇用したことがない企業が、障害者雇用を進めるにあたり職場実習を受け入れる際に、職場実習受入謝金等を支給することで、障害者と接し、ともに働く機会を増やすことを支援する制度です。

災害による被災事業主に対する特例

新着情報

制度概要・手続等

1 障害者雇用納付金制度に基づく各種助成金等の内容

2 各種助成金等のごあんない(リーフレット)

各種助成金等のごあんないの表紙
助成金の改正についての画像
「障害者作業施設設置等助成金及び重度障害者等通勤対策助成金の要件を一部緩和しました」の画像
「障害者職場実習支援事業のごあんない」の表紙
「障害者介助等助成金ではICT(情報通信技術)を活用した事例でも支給対象となります。」の画像

3 助成金受給資格等認定申請・支給請求の手続

4 企画競争型認定について

5 不正受給について

6 助成金等に関するお知らせ