職業リハビリテーション技法の開発

 職業センターでは、障害の重度化・多様化により、これまでの支援技法では効果が現れにくい発達障害、高次脳機能障害、精神障害のある方に対する支援技法の開発・改良を行っています。
 これらの方々に対する実際の支援を通じて開発した支援技法は「実践報告書」、「支援マニュアル」等にとりまとめて、地域障害者職業センターをはじめ就労支援機関等に提供するとともに、支援技法の普及のための講習を実施しています。