イベント・啓発活動

シンポジウム

【参考】平成29年度生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム配布資料は以下をご覧ください。

講演

事例発表

「わが社における定年延長等に向けた取り組みについて」(企業名50音順)

大手生保では初めて、内勤者の定年を65歳に引き上げ、最長70歳までの継続雇用を導入。

定年65歳に加え、条件を満たす者は、70歳までの継続雇用制度を導入。平均年収を3年で11%アップ。

2025年度65歳定年に向けて引き上げ中(現在62歳)。働き方改革の一環として定年を引き上げ。

高年齢者雇用開発コンテスト

  • 高年齢者雇用開発コンテスト

    高年齢者が働きやすい職場づくりの事例や、働く高年齢者とその働き方の事例を募集する「高年齢者雇用開発コンテスト」を実施しています。

高年齢者雇用支援月間

10月は「高年齢者雇用支援月間」です。事業主のみならず、広く国民の皆様に対して高齢者の雇用問題についての理解と協力を要請するため、厚生労働省等と協力して、さまざまな啓発活動を展開しています。
イベントについては無料となっていますので、ぜひご参加ください。

  • 高年齢者雇用開発フォーラム

    厚生労働省との共催による「高年齢者雇用開発コンテスト」の表彰式及び記念講演を行っています。

  • 生涯現役社会の実現に向けた地域ワークショップ

    都道府県支部において、各地域で高齢者雇用に先進的に取り組んでいる企業の実態や取組内容といった実践的な情報の紹介、高齢者雇用に係る講演などを行う「地域ワークショップ」を開催し、生涯現役社会の実現について、皆さまとともに考えます。

啓発誌 エルダー

  • 啓発誌「エルダー」の発行

    高齢化対策、高齢者雇用問題について、その課題を解決した企業事例等を掲載した「エルダー」を毎月発行しています。

定期刊行誌「エルダー」の画像