エルダー2017年12月号
8/68

日本では、少子高齢化にともなう労働力不足が深刻化しています。この課題への解決策として、近年の目まぐるしいICTツールの進化もあいまって、tele(離れて)work(仕事)ができる「テレワーク」が、注目を集めています。時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を可能とするテレワークでは、通勤負荷なども軽減され、労働意欲があるかぎり、より一層働き続けることが可能となりますから、高齢者雇用の面でも魅力的な働き方のひとつといえるでしょう。そこで、今号の特集では「テレワーク」を取り上げ、導入にあたっての留意点、企業事例などを紹介します。テレワークが創る多様な働き方

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る