エルダー2018年3月号
44/68

素を入れるのであれば少なくとも1日は必要だといいます。また、どのプログラムを入れるかよりも、会社のなかで高齢社員をどう戦力化したいのかをまず最初に考えることが大事だといいます。プログラムの内容についていえば、大まかにいって、「振り返る」、「会社の考え方を伝える」、「プランを作成する」という三つの要素があります。研修の実施にあたっては、講師に、企業のニーズをふまえて、一通り説明したりプレゼンしたりしてもらいますが、その際重要なのは、人事担当者が気がついたこと、注意してほしいと感じたことは遠慮せずにしっかり伝えることです。研修受講者となりそうな社員Aさんを頭のなかに浮かべ、Aさんがどう思うか、想像しながら、わかりにくくないか、表現ぶりに問題はないか、検討することもおすすめです。 人事部は、どう関与すればよいか人事部のそもそもの本務ですが、研修に先立って、会社の経営戦略とシニアの人事制度のすり合わせを行っておくことが必要です。シニアを戦力化する、といいつつ、どのような仕事をしてもらうかが見えないようでは、研修をしても効果は上がりません。研修担当者はどう関与すればよいでしょう。山﨑教授によると、まず大事なことは、なぜこのような研修をするのかを、受講者にしっかり伝えておくことだといいます。次に大事なことは、研修担当者は受講者の学習支援者であるという認識を持つことだといいます。中高年キャリア研修の受講者は、当然のことながら、年齢が高めです。研修を担当する部署の社員の方が若いために、受講者に声をかけることなどを遠慮してしまう場合もあるそうです。かしこまりすぎずに、やりにくいところはないかなど、声をかけるとよいでしょう。これらに次いで大事なことは、研修後の受講者、職場の双方に対するフォローです。やる気になって職場に戻ったのに、それを発揮する場がない、ということでは困ります。山﨑教授は、研修実施後に、「とてもいい研修でした。モチベーションが上がりました。でも、この上がったモチベーションをどこに向ければよいのでしょう」といわれたことがあるそうです。経営戦略と人事制度のすり合わせに加え、職場の上司に、研修の内容や状況などを伝え、何をしてもらうか、改めて考えてもらうことも必要です。さらに、欲をいえば、本人のフォローとあわせて年齢が若くて遠慮しがちな上司に対してもコーチングができれば、より効果が上がります。さらに、研修終了後は、アンケート結果を分析したり、講師からヒアリングを行ったりして、今後どうしていくべきかについて検討することが必要です。キャリア研修の講師を目ざそうと思った方にNatural Will有限会社代表の石川邦子氏からは、実際の事例をふまえて、研修実施にあたって留意している点などについて話してもらいました。石川氏は、1級キャリアコンサルティング技能士で、キャリアコンサルティングやキャリア研修のほか、研修講師を養成する研修なども担当されています。そのような方でも、中高年向けのキャリア研修のむずかしさを感じることがあるそうです。 研修の目的をしっかり伝える石川氏が、ある企業で、50代半ばから60代の専門職社員を対象に、キャリア研修をしたときのことです。企業からは、「この後ものんびりせずに、若手を引っ張るくらいの気持ちで長く働いてほしい。そのために、いうべきことをいってほしい」という依頼を受けました。十分打合わせをし、準備していったのですが、始めてみると、何だか感じが違う。受講生に研修の目的が伝わっておらず、なかには、「肩たた2018.342

元のページ  ../index.html#44

このブックを見る