建築板金業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成21年)

建築板金業 高齢者雇用推進「ガイドライン」 建築板金業で ~活き活きと働き続けるために~

取組団体 社団法人 日本建築板金協会

目次

第1章 なぜ高齢者雇用なのでしょうか?

1.高齢化が進み、人口が減り始めています
2.国も高齢者雇用を推し進めようとしています
3.本ガイドラインは業界の発展を念頭においています

第2章 他の会社はどうなのでしょうか?

1.各社の人員構成はどうなっているのでしょうか?
2.各社の継続雇用制度はどのようになっているのでしょうか?
3.継続雇用者の賃金制度はどのようになっているのでしょうか?
4.従業員の就労意欲はどの程度なのでしょうか?
5.専属外注技能者の就労意欲はどの程度なのでしょうか?
6.他社が60代を活用する理由や課題はどこにあるのでしょうか?

第3章 ベテランの力を引き出しましょう

1.60代のベテランはどの位満足して働いているのでしょうか?
2.60代ベテランに対して企業が配慮すべきことは何でしょうか?
3.60代従業員のやる気を引き出すには?
4.60代従業員に対する経営者の心構えと積極活用に必要な課題

第4章 公的助成策を上手に活用しましょう

1.公的助成策の利用状況は?
2.公的助成策とはどのような制度か?(平成21年度)
3.就業規則を整備するには?
4.雇用保険の加入義務とは?
5.専属外注技能者の場合は?

第5章 建築板金業の更なる発展を求めて

1.元気で就労意欲十分の60代従業員、就労環境と課題
2.業界として求められる経営課題
3.「新しい高所作業判定基準」の創出と制定のために