衛生検査所業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成21年)

『少子高齢化時代の人材戦略! 衛生検査所業 高齢者雇用推進ガイドブック』

取組団体 社団法人日本衛生検査所協会

目次

Ⅰ 人材戦略としての改めの高齢者雇用

  1. 5~10年後に高齢者雇用が大きな課題となる事が予想される
  2. 定年退職者が増加する将来に備えた準備が必要
  3. 高齢者雇用を自社の人材戦略と位置付けた攻めの取り組みを
  4. 高齢者雇用のメリット

Ⅱ 高齢者雇用を進める上で企業が考えておきたい5つのポイント

  1. 高齢者雇用についての自社の考え方(スタンス、方針)を整理し、全従業員に明示する
  2. 定年後の働き方や生活について考える機会を適切な時期に用意する
  3. 定年後の働き方に対する多様なニーズに対応する
  4. 加齢に伴う肉体的な変化を考慮した業務や役割の与え方を検討する
  5. コンピュータ化への対応など、高齢者が能力を発揮できるようにする

Ⅱ 活躍する高齢者の事例

  1. 定年後の理想的な働き方を実現する要因
  2. 定年後も活躍する個人の事例

資料編

  1. Ⅰ助成金等
  2. Ⅱ相談援助サービス等
  3. Ⅱ改正高齢者雇用安定法Q&A