老人福祉・介護事業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成16年)

『老人福祉・介護事業における中高年齢者活用のあり方 — 豊かな経験と人間性の活用に向けてー』

取組団体 社会福祉法人全国社会福祉協議会  全国老人福祉施設協議会

目次

はじめに

1.高齢社会へ向けての雇用環境の変化

(1)制度環境の変化
(2)「改正高年齢者雇用安定法」の要点

2.中高年齢者雇用推進のためのガイドライン

(1)高齢者施設における中高年齢職員活用のポイント

  1. 要介護高齢者を介護する施設は、多様な年齢構成であることが重要
  2. 既存職員の継続雇用による中高年齢者の活用
  3. 経営の質、サービスの質の更なる向上のための外部の中高年齢者の活用

(2)中高年齢者雇用の実現に向けて

  1. 採用の方法の工夫
  2. 勤務日数、就業時間の工夫
  3. 担当職務の工夫(直接介護職務以外、施設外も含む)
  4. 処遇面の工夫
  5. 働きやすい職場環境の工夫

3.全国の高齢者施設における中高年齢者活用事例