金属プレス加工業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成24年)

『金属プレス加工業 高齢者雇用推進の手引き~高齢者雇用の義務化対策は50歳代から~』

取組団体 一般社団法人日本金属プレス工業協会

目次

概要

第1章 高齢化の進行と高齢者雇用に向けた社会的な要請

1.少子高齢化の進行
2.厚生年金の支給開始年齢の引き上げ
3.高年齢者雇用安定法改正の概要

第2章 金属プレス加工業界を取り巻く経営環境と高齢者雇用の考え方

1.金属プレス加工業界を取り巻く経営環境の変化と対応
2.経営環境の変化に応じて多様化する高齢者の役割

第3章 金属プレス加工業における高齢者の活用に向けた対策

1.経営環境の変化に応じて多様化する高齢者の就労形態
2.縮小していく国内拠点における雇用機会の確保とワークシェアリング
3.年金の支給開始年齢の引上げと高齢者の賃金・処遇との関係

第4章 金属プレスメーカー各社における経営環境の変化に応じた高齢者雇用の現状と方向性

1.量産は海外中心、国内は少数精鋭の技術者集団に-A社
2.量産ビジネスから開発ビジネスに、重要なのは国内のマザー工場-B社
3.試作品事業に大胆に事業展開、下請からメーカーへの脱皮-C社
4.自社の強みを活かして国内取引を前提として市場開拓を目指す-D社

第5章 高齢者雇用に関する情報一覧

1.高齢・障害・求職者雇用支援機構による相談・援助
2.関係機関のホームページ一覧

参考資料

1.新旧高年齢者雇用安定法(抜粋)
2.高齢者雇用に関わる各種助成金一覧
3.「在職老齢年金」のしくみ