スクリーン印刷業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成19年)

『スクリーン印刷業 高齢者雇用推進の手引き』

取組団体東京スクリーン印刷産業協同組合

ガイドライン

目次

1.スクリーン印刷業における高齢者雇用推進の考え方

2.スクリーン印刷業高齢者雇用推進方策

(1)高年齢者の豊富な経験、高度な技術・技能を企業経営に活かそう
(2)勤務形態、就業形態を多様化し、高年齢者の雇用機会を拡大しよう
(3)職場環境を改善し、身体面の衰えによる作業効率の低下を防ごう
(4)高年齢者の能力に応じた賃金制度を整備しよう
  1. -高年齢者の能力に応じた賃金制度の整備
  2. -雇用延長と賃金設計のあり方について
  3. -働く意欲、モチベーションを高める賃金制度の整備
  4. -役職から離脱した者のモラールの維持、若年者とのコミュニケーションの強化
(5)重要なのは、高齢になっても企業に必要な人材であること

3.改正高年齢者雇用安定法に対応した雇用延長制度を整備しよう