製材業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成12年)

『製材業高齢者雇用ガイドブック』

取組団体 社団法人全国木材組合連合会

目次

1.なぜ「高齢者雇用~高齢者に働きやすく、能力を十分に発揮できる職場づくり~」が必要なのか

1)企業生き残りのために
2)製材業で働く人たちの意識~平成11年度実施アンケート調査より~
3)働きやすく、能力を十分に発揮できる職場づくりのために

2.高齢者が能力を最大限発揮するために

1)定年を超えて雇用する

  1. 定年後、引き続き雇用する(勤務延長制度)
  2. 定年退職後、再び雇用する(再雇用制度)
  3. 就業規則の変更と嘱託規定の制定

2)賃金を決定する

  1. 在職老齢年金と高年齢雇用継続給付の基本的な仕組み
  2. 制度を活用して賃金を決定する
  3. 今後の年金制度の動向について
  4. 公的助成金制度を活用する

3)働きやすい職場をつくる

  1. コミュニケーションを図る
  2. 労働時間・日数を工夫する
  3. 作業環境を改善する

4)技能・経験を活かす

  1. 技能・経験を考慮して配置する
  2. 技能・経験を次世代に継承する
  3. 製材業以外の企業から、技能・経験を移入する

資料編