フルードパワー産業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成29年)

『フルードパワー産業 高齢者の活躍に向けたガイドライン シニアの活力を未来のものづくりに活かすために』

取組団体 一般社団法人日本フルードパワー工業会(法人番号5010405010530)

目次

1.フルードパワー産業における高齢者の活躍に向けた考え方

  1. (1) フルードパワー産業においてさらなる高齢者の活躍が求められる背景
  2. (2) フルードパワー産業における高齢者の活躍に向けた考え方

2.フルードパワー産業において高齢者の活躍を推進するための指針

  1. 指針1.高齢者が強みを発揮できる仕事を開発する
  2. 指針2.60 歳以降の仕事・役割・期待を早めに伝えて準備してもらう
  3. 指針3.高齢期の「生きがい」に影響する「業務内容」と「勤務形態」
  4. 指針4.貢献度に応じて評価し処遇する
  5. 指針5.等身大の高齢者を職場が理解する
  6. 指針6.「高齢者雇用」は会社から現役従業員へのメッセージ

3.フルードパワー産業における高齢者の活用をめぐる実態 -フルードパワー産業における高齢者雇用に関する調査結果-

  1. (1) フルードパワー産業における高齢者雇用の現状
  2. (2) 高齢者の働きぶりについて
  3. (3) 高齢者雇用のメリットと課題
  4. (4) 賃金について
  5. (5) 長く働くために必要な能力・勤務態度について
  6. (6) 長く働くために必要と思われる教育訓練について
  7. (7) 高齢者と現役従業員の声

参考資料

  1. わが国の少子高齢化の現状と将来
  2. 厚生年金の支給開始年齢の引き上げ
  3. 改正高年齢者雇用安定法の概要
  4. 継続雇用の高齢者に関する無期転換ルールの特例について
  5. 定年後引き続き雇用される有期雇用契約社員 雇用契約書(例)
  6. 「在職老齢年金」と「高年齢雇用継続給付」の仕組み
  7. 高齢・障害・求職者雇用支援機構による各種支援
  8. 高齢者雇用に関する各種助成金一覧(2017 年現在)
  9. 関係機関のホームページ一覧