製造請負・派遣業 高齢者雇用推進ガイドライン(平成28年)

『今から求められる高齢者の活躍 製造請負・派遣業における高齢者雇用推進ガイドライン』

取組団体 一般社団法人日本生産技能労務協会(法人番号9010405010519)

目次

はじめに

本ガイドラインの活用にあたって 該当ページへの検索ガイド

■本ガイドラインの構成■

■本ガイドラインの概要■

 Ⅰ.背景の理解
  1.   1.少子高齢化・労働力人口高齢化の進展
  2.   2.高年齢者雇用安定法等への対応の必要性
  3.   3.高齢者の状況と高い就業意欲
  4.   4.我が国全体における高齢者雇用の実態(全業種の実態)
 Ⅱ.業界の実態
  1.  アンケート調査の概要
  2.   1.製造請負・派遣業は若い業界・・・定年到達ピークは8割以上が「10年以上あと」
  3.   2.現場管理監督者、現場スタッフ等で人材不足・・・高齢者活躍の可能性あり
  4.   3.高齢者雇用に向けた制度の整備状況・・・企業規模が大きくなるほど進んでいる
  5.   4.高齢者雇用の必要性を認識しつつも遅れている制度整備
  6.   5.「ミドル世代からの備え」は途上段階
  7.   6.製造請負・派遣現場における高齢者雇用の高いニーズ
 Ⅲ 高齢者の活躍に向けたポイント
  1.   1.法律に則った社内制度を整えましょう
  2.   2.中高年従業員向けのキャリア形成支援・意識啓発など早めの対策をとりましょう
  3.   3.取引先企業等への高齢者受け入れ理解促進を図りましょう
  4.   4.製造請負・派遣スタッフとしても、高齢者が活躍できる環境を整えましょう
 Ⅳ 参考情報
  1.   1.高年齢者雇用安定法について
  2.   2.高齢者雇用のための諸条件の整備
  3.   3.「高年齢者雇用アドバイザー」について
  4.   4.活用できる公的助成策
  5.   5.関係窓口
製造請負・派遣業高齢者雇用推進委員会 委員名簿