改善事例 20110603

改善目的

職務再設計

改善テーマ

SPM出口品種切替作業支援装置

改善内容

高齢者活用支援機器の開発

改善前はSPM(押出圧延機)と圧延ロールの間が狭く人が入れない状況であったため、品種切替時は、ロールの上から不安定な姿勢で清掃作業をしており、腰、腕、手、首等に負担が生じていた。改善案として、ロールの取り出しコンベアを上下させる装置とロールを移動させる装置を組み合わせた支援機器(SPM出口品種切替作業支援装置)を開発導入した結果、スイッチ一つの操作でロールが動き作業スペースが確保できるようになり、足元が悪く前かがみの辛い姿勢の作業から解放され、高齢者でも安心して作業ができる環境となった。

産業分類

07 その他の製造業

実施企業名(所在地)

株式会社丸昇(茨城県)

研究実施年度

2011年(平成23年度)

従業員数(研究実施当時の人数)

14人

研究年報