textメール 平成25年12月26日

メールマガジン 第6号 平成25年12月26日



メールマガジン 第6号 平成25年12月26日発行
…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━

∞─────────────────────────────────∞
       第7号は1月31日(金)配信予定です。
∞─────────────────────────────────∞

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちら
         http://www.jeed.or.jp/index.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                目 次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○機構トピックス [能] ポリテクセンターのアビリティコースの修了生を
            採用しませんか?
            ~修了生を採用された事業主の声~

○今月の特集   [障] 「働く広場」公開座談会を開催しました!
            精神障害者雇用は今!
            ~精神疾患で休業した従業員の職場復帰に向けて~

○記事      [高] 高年齢者雇用アドバイザー座談会
 ピックアップ     [エルダー2013年5月号より]

○マイエリア情報    当機構の各地域の施設ホームページへご案内します

○機構の出版物  [高] エルダー12月号(特集 働く高齢者と現役社員)
         [障] 働く広場12月号(特集 特例子会社)
         [能] 技能と技術 2013年4号
            (特集 ものづくり人材の育成に向けた取り組み)

○お知らせ    [能] 指導員養成訓練開設・受講者募集のお知らせ
         [能] 平成26年度職業訓練指導員研修の実施計画につい
            て
         [高] 「70歳まで働ける企業」実現に向けたシンポジウ
            ム
         [能] 入校試験情報(職業能力開発総合大学校、職業能力
            開発大学校等)
          ◇  その他の情報(調達関係(入札等)情報)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              機構トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

  ポリテクセンターのアビリティコースの修了生を採用しませんか?   
         ~修了生を採用された事業主の声~          

 高齢・障害・求職者雇用支援機構では、各道府県にポリテクセンター(職業
能力開発促進センター)を61所設置し、地域に密着した職業能力開発の支援
を行っています。
 今号では、ポリテクセンターで実施している職業訓練のうち、離職者の方々
を対象とした「アビリティコース(離職者訓練)」についてご紹介します。修
了生を採用された事業主の声を一部抜粋してお届けいたしますので求人をお考
えの場合は、ぜひお近くのセンターのホームページをご覧いただき、お問合わ
せください。
 ※アビリティコースは一部のポリテクカレッジでも実施しています。


 **─────アビリティコース(離職者訓練)とは・・・・─────** 

  離職者の方々を対象に、ものづくり分野に特化して実施している標準
 6カ月の職業訓練です。各ポリテクセンターで地域の人材ニーズなどに
 応じた訓練コースを設定し、実施しています。

 **───────────────────────────────**

 ◆◇アビリティコース修了生を採用された事業主の声◇◆

 CAD/CAMからマシニングセンタでの加工までを任せていますが、基本が出来
ている上にパソコンにも慣れているので仕事を覚えるスピードが早く、非常に
助かっています。実習を経験していることから製造現場のイメージが出来てい
るので定着率も良いです。(金型加工業)

 ビル設備サービス科、電気設備科ならびに生産システム技術科の各科から入
社いただき、2~3年後には当社の貴重なフイールド人財として活躍していま
す。6ヶ月という比較的短期間ではありますが、皆さん非常に密度の濃い訓練
項目をクリアして来られた方が多く、高い評価を得ています。(電気工事業)

 訓練修了生は専門分野に関する基礎知識や技能・技術を持っているだけでは
ありません。半年間、訓練を受けていたため、自ら勉強しようとする姿勢を
持っています。さらに、訓練受講期間中の先生や他の訓練生等多くの人と関わ
るため、協調性やコミュニケーション能力といった人間関係も学んでいます。
(情報システム業)

 **───────────────────────────────**
 
  各ポリテクセンターのホームページに、事業主の方々の声をご紹介す
 るコーナー「町かどの機構」をご用意していますので、御社の事業所が
 所在する道府県のポリテクセンターのホームページをぜひご覧ください。
  http://www.jeed.or.jp/jeed/location/pref.html
 
 **───────────────────────────────**

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               今月の特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

      【特集】「働く広場」公開座談会を開催しました!      
            精神障害者雇用は今!            
      ~精神疾患で休業した従業員の職場復帰に向けて~      

 12月5日、内閣府主催の障害者週間連続セミナーの一環として、 「働く
広場」公開座談会を開催しました。今回のテーマは「精神障害者雇用は今!」。
パネリストは当機構障害者職業センター所長、産業医、企業の人事ご担当者、
障害者雇用アドバイザー、リワークカウンセラーの皆さんです。それぞれのお
立場からの精神障害者雇用についての取組み、お考えの発表のあと、ディス
カッションが行われました。
 今号では、そのなかから、神奈川障害者職業センターリワークカウンセラー、
湯田麻子さんの当機構が実施するリワーク支援(職場復帰支援)の取組みに関
する発表の一部をお届けいたします。
 ディスカッションの様子は「働く広場」2014年2月号に採録される予定
です。ご期待ください。

 障害者週間連続セミナー
 http://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/h25shukan/event.html

 「働く広場」公開座談会
 http://www.jeed.or.jp/activity/education/activity_h25zadankai.html

 リワーク支援(職場復帰支援)
http://www.jeed.or.jp/disability/person/download/kyusyokushien_leaflet.pdf
※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

 **───────────────────────────────**
 
    「働く広場」公開座談会「精神障害者雇用は今!」より     
       湯田麻子リワークカウンセラーの発表から       
 
 **───────────────────────────────**

◆リワーク支援の流れ

 リワーク支援は休職者本人、企業、主治医の三者の協働体制が必要です。支
援の流れは、障害者職業センターが中立的な立場で三者の意見を確認し、同意
に基づいて進め方や目標について合意形成を図ります。期間は約3カ月で、終
盤には今後の対策等を共有するための取組みを行います。企業には本人が出向
く報告会を行い、主治医には本人が作成した報告書により情報共有を行います。
職場復帰後はなるべく職場内で問題解決できるよう自立性を重んじますが、適
宜フォローアップを実施しています。神奈川県で年間約90社の利用があり、
支援対象者は20~50代まで幅広く、職種もさまざまです。

◆現状と課題

 三者の現状として、本人は休職を繰り返されてからのリワーク支援利用が多
く、休職期限や経済面で焦燥感があります。企業はコスト削減で人員配置にゆ
とりが持てず、業務の負担感があります。主治医は休職中の患者を診ながらも、
職場情報は十分に共有できない場合があります。また本人、企業双方で増えて
いるのが、「協働する力、多様な人々と仕事を行う事が難しい」という悩みで
す。これは社会人基礎力といわれ、障害者職業センターでは「前に踏み出す力、
考え抜く力、チームで働く力」の3つの能力の不足点を分析し、それを支える
12の要素「働きかける力、ストレスコントロール力、柔軟性、規律性等」に
アプローチしています。

◆コミュニケーション

 さまざまな課題の背景には、三者双方向のコミュニケーション不足がありま
す。個々に取り組んでいても、問題を共有できずに不安を感じ課題として残っ
ているのです。その解決のために、障害者職業センターが三者に対してフレキ
シブルに動きコーディネートを行います。本人と面談して、復職に向けてどの
ような力をつけたいかうかがい、企業にも受入れ体制、雇用管理の注意点を検
討していただきます。主治医には治療のステップと体調管理方法、リワーク支
援に関する意見をいただき、三者協働体制の構築を支援し、包括的な橋渡しを
行っています。

◆リフレーミングで改善へ

 こうして、三者が課題解決に一歩前進するとき、それぞれの力が発揮されま
す。課題が山積するなか、協働体制でリフレーミング(別の枠組みで見ること)
していくと、それまで見えなかったものが見え、変化が出てきます。本人がス
トレス対処力を付けたり、企業が発症予防のためにコミュニケーションの改善
に取り組んだ結果、職場の雰囲気がよくなったり、業務体制を整えた結果、
「次に休職するのは自分では」と不安を持っていた社員が安心して業務に取り
組めるようになったりします。1人の社員の「精神疾患による休職から復職」
という体験によって、企業側に精神障害者雇用のノウハウが実践的に身につく
という声も寄せられています。 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             記事ピックアップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
        徹底討論!65歳までの希望者全員雇用
            ~改正高齢法への対応~            
          高年齢者雇用アドバイザー座談会          
          [エルダー2013年5月号より]

 高齢・障害・求職者雇用支援機構では、高齢者雇用問題に精通した経営労務
コンサルタント、中小企業診断士、社会保険労務士などを「高年齢者雇用アド
バイザー」として認定し、全国に配置しています。
 高年齢者雇用アドバイザーは企業を訪問し、相談・助言サービス(無料)、
企画立案等サービス(有料)を展開しています。
 エルダー2013年5月号では、全国から6名の高年齢者雇用アドバイザー
にお集まりいただき、厚生労働省職業安定局の上田国士高年齢者雇用事業室長
に座長をお願いして、高年齢者雇用アドバイザー座談会を採録しました。
 「改正高齢法への対応」などから、実際に相談にあたっているアドバイザー
ならではの「企業の現状」、「解決に至った経緯」、「これからの企業に必要
なこと」などが語られました。

 エルダー5月号を読む
 http://www.jeed.or.jp/data/elderly/elder/201305.html

 高年齢者雇用アドバイザーのサービスについてはこちら
http://www.jeed.or.jp/elderly/employer/consultation/advisary_services.html
※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              マイエリア情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 「マイエリア情報」は、みなさんの地域の当機構施設のホームページへ、
簡単にアクセスできるようになっています。
 http://www.jeed.or.jp/jeed/location/pref.html

1 上記のアドレスをクリックすると、日本地図が表示されます。

2 都道府県を選択し、表示された機構施設の一覧から、ご希望の施設をク
  リックすると、その施設のホームページのトップページにアクセスします。

3 その施設のトピックスや新着情報をご確認いただけます。

 ───────────∞注目のトピックス∞────────────

 ◆青森
 第12回東北ポリテクニックビジョンものづくり競技会の入賞者決定!
 http://www3.jeed.or.jp/aomori/college/page/251211-01.pdf
 
 ◆滋賀 
 生産技術科学生が第17回スターリングテクノラリーで貫録の2連覇
 第1位(金賞)
 http://www3.jeed.or.jp/shiga/college/topics/H25/H25%E3%82%B9%E3%
82%BF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

 ◆大阪 就職フェアご案内
 http://www3.jeed.or.jp/osaka/college/company/jobfair/index.html
 
 ◆福岡
 「水中ロボットフェスティバル」ROV部門で九州ポリテクカレッジが準優勝
 しました
 http://www3.jeed.or.jp/fukuoka/college/assets/files/activity/
20131026-27.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。
 
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              機構の出版物
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

────────────∞エルダー12月号∞─────────────

◆特集 働く高齢者と現役社員

 高齢労働者と現役社員との間のコミュニケーションに苦慮している企業は少
なくありません。今号はそのコミュニケーション問題を取り上げるとともに、
解決に資するペア就労の事例を紹介します。

◆◇『エルダー』
  12月号
  http://www.jeed.or.jp/data/elderly/elder/201312.html
  バックナンバー
  http://www.jeed.or.jp/data/elderly/elderly01.html#01

────────────∞働く広場12月号∞─────────────

◆特集 特例子会社

 特例子会社とは、一定の要件を満たし、雇用されている障害者を親会社等の
雇用に算定できる会社です。今号では、障害者雇用に取り組む特例子会社に焦
点を当てています。

◆◇『働く広場』
  12月号
  http://www.jeed.or.jp/data/disability/works/201312.html
  バックナンバー
  http://www.jeed.or.jp/data/disability/disability01.html#sec01

─────────∞「技能と技術」誌2013年4号∞─────────

◆特集 ものづくり人材の育成に向けた取り組み

 特集のテーマにちなんで今号では、企業への人材育成支援をつうじた東日本
大震災復興支援の事例紹介や、第7回若年者ものづくり競技大会への参加報告
などについて掲載しています。

◆◇『技能と技術』
  2013年4号
  http://www.tetras.uitec.jeed.or.jp/GinouGijutu/index.html
  バックナンバー
  http://www.tetras.uitec.jeed.or.jp/db/GinouGijutu/

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◆◇指導員養成訓練開設・受講者募集のお知らせ───────────◇◆

 職業能力開発総合大学校(東京都小平市)で実施する指導員養成訓練につい
ては、平成26年4月から、(1)長期養成課程(2)短期養成課程(3)職種転換
課程(4)高度養成課程の4つの課程として再編されます。
 新たな「指導員養成訓練」は、一般の工科系大学などの卒業生であって、職
業訓練指導員を目指す方や、企業において技能・技術の指導的立場として従事
される方に対して、それぞれ有益なカリキュラム内容を設けて実施いたします。
 4つの課程の具体的な内容や、受講対象者、願書受付・試験日時等の詳細に
つきましては職業能力開発総合大学校のホームページに掲載しておりますので、
ご確認の上、是非ご活用ください。(課程により、受講対象者、願書受付・試
験日時が異なりますのでご注意ください)

 お問合わせ・詳しくはこちら(職業能力開発総合大学校ホームページ)
 http://www.uitec.ac.jp/department/index.html

◆◇平成26年度職業訓練指導員研修の実施計画について───────◇◆

 職業能力開発総合大学校においては、全国の職業訓練施設(公共職業訓練施
設、認定職業訓練校、委託訓練受託機関、求職者支援訓練実施機関)及び民間
企業の教育訓練担当者を対象に、指導能力の向上や人材育成に資するための研
修を実施しております。
 この度、平成26年度の研修計画等を職業能力開発総合大学校ホームページ
に掲載しました。皆様が求められる多様な人材育成ニーズに応えられるよう、
様々なコースを計画・実施しますので、人材育成研修の一環としてぜひご活用
ください。

 お問合わせ・詳しくはこちら(職業能力開発総合大学校ホームページ)
 http://www.uitec.jeed.or.jp/teacher/training2014.html

◆◇「70歳まで働ける企業」実現に向けたシンポジウム───────◇◆

「70歳まで働ける企業」実現に向けたシンポジウム

■東京会場 [先着350名]
 ○日時 :平成26年1月16日(木)13:00~16:15
 ○場所 :品川 THE GRAND HALL(東京都港区)

■大阪会場 [先着250名]
 ○日時:平成26年1月23日(木)13:00~16:15
 ○場所:大阪新阪急ホテル 紫の間(大阪府大阪市)
 
 詳細・お申込みはこちら
 http://www.jeed.or.jp/activity/festa/h25_symposium_agefree.html

◆◇入校試験情報(職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校等)─◇◆

 職業能力開発総合大学校及びポリテクカレッジ(職業能力開発大学校及び職
業能力開発短期大学校)では、平成26年度入校試験(平成26年4月入校)
を以下のとおり実施しますので、お知らせします。

■総合課程 職業能力開発総合大学校(東京都小平市)
 ○試験日 :平成26年2月12日(水)
 ○願書受付:平成26年1月14日(火)~28日(火)

 入校情報について詳しくはこちら
 http://www.uitec.jeed.or.jp/examinee/examination.html#ippan

■専門課程 ポリテクカレッジ(全国に24校)
 ○試験日 :平成26年2月6日(木)
 ○願書受付:下記URLをご覧ください。
http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/pdf/h26_shiken_gaiyou.pdf
※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

 入校情報について詳しくはこちら
 http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/nyukou.html

◆◇その他の情報─────────────────────────◇◆

■調達関係(入札等)情報
 
◇現在参加者を募集している調達関係(入札等)情報を、当機構ホームページ
に掲載しています。詳しい内容は、下記URLからご確認ください。
 http://www.jeed.or.jp/information/info01.html

◇当機構は国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する
法律(平成24年法律第50号。)第6条の規定に基づき、「障害者就労施設
等からの物品等の調達の推進を図るための方針」を定めています。対象となる
物品役務の品目、調達先の分類は下記URLをご覧ください。 
 http://www.jeed.or.jp/information/download/h25buppin_cyotatsu.pdf

 調達関係(入札等)情報に関するお問い合わせ : 経理部契約第二課
 TEL 043-213-6437・6438

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               編集後記               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 今号は、特集として、「働く広場公開座談会」の模様をお伝えいたしました
がいかがでしたか。産業医や企業の人事ご担当者を交えて行われたディスカッ
ションの詳細は「働く広場」2014年2月号に採録される予定です。そちら
もご期待ください。
 さて、このメールマガジンも、6月28日に創刊準備号を発行して、今号で
ちょうど半年を迎えました。これからも、お役に立つ情報をお届けしていきま
すので、今後ともどうぞご愛読いただけましたら幸いです。1月には読者アン
ケートを実施する予定ですのでぜひご協力いただきますようお願いいたします。
 それでは、お体にお気をつけてよいお年をお迎えください。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         メールマガジンへのご意見、ご感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

【お問い合わせ】

・内容についてのご意見・ご感想は下記までお送りください。
 https://fofa.jp/jeed/a.p/102/

・配信の停止をご希望の方は、下記URLにアクセスしてください。
 https://fofa.jp/jeed/l.p/101/

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          当機構に対するご意見・ご要望
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

当機構へのご意見、ご要望は、下記URLにアクセスしてください。
 http://www.jeed.or.jp/history/toiawase.html

☆みなさんのお役に立てるメールマガジンを発行してまいりますので、これか
 らもよろしくお願いいたします。
 また、周りの方々にもお勧めいただけましたら幸いです・・・☆

∞─────────────────────────────────∞

発行元:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構企画部情報公開広報課
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
     (高度職業能力開発促進センター内)
TEL:043-213-6203 FAX:043-213-6556
                            (禁無断転載)

∞─────────────────────────────────∞