textメール 平成26年2月28日

メールマガジン 第8号 平成26年2月28日



メールマガジン 第8号 平成26年2月28日発行
…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━

∞─────────────────────────────────∞
       第9号は3月28日(金)配信予定です。
∞─────────────────────────────────∞

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちら
         http://www.jeed.or.jp/index.html 

 みなさんこんにちは。読者アンケートにご協力いただきましてありがとうご
ざいました。たくさんのご意見をいただくことができました。アンケートの結
果をふまえ、これからも魅力的なメールマガジンの配信に努めてまいりますの
で、ご期待ください。

 さて、今号は、1月16日(東京)・23日(大阪)に開催された、『70
歳まで働ける企業』実現に向けたシンポジウムの模様をお伝えします。講演さ
れた、樋口 恵子さんが“「働くこと」とは「端(はた)を楽(らく)」にするこ
と”、また、今野 浩一郎さんは“活躍する高齢者は『かわいい高齢者』だ”
と話されました。
 ぜひご一読ください。より詳しいシンポジウムの模様は、「エルダー」3月
号(3月中旬ホームページ掲載予定)に掲載しますので併せてご覧ください。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                目 次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○今月の特集   [高] 生涯現役社会を目指して
           『70歳まで働ける企業』実現に向けたシンポジウム

○記事      [障] 社内収益率4年連続1位は諦めないチームワークで
 ピックアップ     -アクテック株式会社- 
            [働く広場2014年1月号より]

○マイエリア情報    当機構の各地域の情報をご案内します

○機構の出版物  [高] エルダー2月号
            (特集:ベストミックスで知識や技能を伝承する)
         [障] 働く広場2月号
            (特集:アビリンピック2013in千葉)

○お知らせ    [全] 機構ホームページをリニューアルしました!
         [高] 平成26年度高年齢者雇用開発コンテスト募集
         [障] 障害者雇用納付金申告申請に関するお知らせ
          ◇  その他の情報(調達関係(入札等)情報)

[高]・・・高齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               今月の特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

          【特集】生涯現役社会を目指して         
              平成25年度              
      『70歳まで働ける企業』実現に向けたシンポジウム

 当機構では、今年度も厚生労働省の後援のもと、「『70歳まで働ける企
業』実現に向けたシンポジウム」を、平成26年1月16日(木)に東京会場
(品川・THE GRAND HALL)にて、1月23日(木)に大阪会場(大阪・新阪急
ホテル)にて開催しました。
 このシンポジウムは、専門家による『講演』、企業の経営者・人事管理者か
ら高齢者雇用の現状や具体的な取組みを紹介いただく『パネルディスカッショ
ン』を通して、高齢者雇用・70歳まで働ける仕組みや環境の整備・生涯現役
社会の実現について、参加者とともに考え、展望するもので平成19年度から
今年度で7回目の開催となりました。
 今号では、講演とパネルディスカッションの要旨をご紹介いたします。より
詳しいシンポジウムの模様は、「エルダー」3月号(3月中旬ホームページ掲
載予定)に掲載しますので併せてご覧ください。

◆『講演』

 東京会場では、評論家、東京家政大学名誉教授の樋口恵子氏、大阪会場では、
学習院大学経済学部教授の今野浩一郎氏にご講演をいただきました。

<東京会場 樋口恵子氏>──────────────────────∞
「超高齢社会で 働くこと 生きること」

 超高齢社会を乗り切っていくためにはどうすればよいか、さまざまな解決法
があるが、70歳まで働ける社会を作り、より多くの高齢者が「支える側」と
しての役割を担うことで75歳以上の人たちを支えていくことが必要です。
 世界トップランナーの高齢国である日本が諸外国に率先してそれを実現すべ
きであり、国の施策や当機構の高齢者の雇用促進に向けた好事例の表彰や事例
の収集・普及などの取組みを行うべきと期待されました。一方、企業において
も高齢者が働きやすい労働条件や環境を整備することが重要ですと説かれまし
た。
 また、NPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長も務めておられる樋
口氏は、「女性の活躍」「介護と仕事の両立」という観点から、親の介護のた
めに現役世代に負担が及ぶことにも言及し、そうしないためにもいつまでも現
役でいつづけることができる社会とする必要がある。「働くこと」の効用とし
て「経済的な自立」「社会参加」「自己実現」に加え、「健康保持」がある。
規則正しい生活をして周りの役に立つ、すなわち「働くこと」とは
「端(はた ※)を楽(らく)」にすることである。高齢者が社会で活躍すること
が日本経済に活力を与えることになる、と語られました。※端…周りの人

<大阪会場 今野浩一郎氏>─────────────────────∞
「70歳雇用時代の人事制度と働き方」

 人事管理を考えるうえでの3つの視点(「(1)高齢社員が大きな社員集団と
なると、個別対応ではなく制度的な対応が必要であること」、「(2)高齢者の
人事制度設計は他の年齢層や就業形態を含む人事管理全体で考えること」、
「(3)制度設計の時間軸は、中長期と短期の2種で考えること」)について、各
種資料に基づき、わかりやすく解説いただきました。
 そのうえで、企業に求められることは、「(1)高齢社員は現役時代とは異な
り働き方に制約(労働時間等)が生じること」、「(2)高齢社員は教育訓練の対
象ではないこと」、「(3)高齢社員の活用の仕方に合わせた人事管理制度の見
直しが不可欠であること」の理解であり、なぜ人事管理と賃金が変化するのか
を高齢社員に納得してもらうためには、合理的な説明が必要になること等を示
されました。
 一方、高齢社員に求められることは、「(1)会社側が提示する継続雇用とい
う「手札」に対し、自分は何を売るのかを提示すること」、「(2)現役時代と
異なるキャリアビジョンを持つこと」「(3)新たな役割に合わせた働く意識と
姿勢と能力を示すこと」とし、高齢になっても活躍できる人材とは、自分の役
割を理解し、周囲と協調して仕事を進めていくことができる『かわいい高齢
者』であることを紹介されました。

 『「70歳まで働ける企業」基盤作り推進委員会報告書』はこちら
 http://www.jeed.or.jp/elderly/data/research/elderly/tingin23.html

◆パネルディスカッション
「70歳雇用 ~ これから どうする ~」

 高齢者雇用に独自のアプローチで取り組んでいる大、中小企業の具体的な事
例紹介に基づき70歳雇用を実現するための方策について議論するパネルディ
スカッションではパネリストとコーディネーターとの間で活発な議論がなされ
ました。

【東京会場登壇者】(※印は企業情報)─────────────────∞
<コーディネーター>
高平 ゆかり 氏   【(株)マイスター60 執行役員事業本部長】
            ※エルダー2012年5月号 13ページ
<パネリスト>
下井 明 氏     【(株)協和精工 相談役】
            ※H25高年齢者雇用開発コンテスト優秀賞
伊藤 航太 氏    【(株)テンポスバスターズ人事総務部長】
            ※エルダー2014年2月号 16ページ
小西 敦美 氏    【日本水産(株)人事部人事課長】
            ※エルダー2011年11月~12年4月号
齋藤 輝峰 氏    【(株)フレッシュシックスオー取締役社長】
            ※H25高年齢者雇用開発コンテスト奨励賞

【大阪会場登壇者】(※印は企業情報)─────────────────∞
<コーディネーター>
今野 浩一郎 氏

<パネリスト>
隅田 潔 氏     【荒川電工(株)常務取締役管理本部長】
            ※H25高年齢者雇用開発コンテスト奨励賞
小林 直隆 氏    【内田運輸(株)常務取締役管理本部長】
            ※H25高年齢者雇用開発コンテスト優秀賞
             コンテスト事例集 18ページ
田中 稔 氏     【コック食品(株)代表取締役社長】
            ※70歳いきいき企業100選(2010)
             5ページ
内麻 良恵 氏    【福井県民生活協同組合管理部長】
            ※H25高年齢者雇用開発コンテスト奨励賞

「70歳雇用ができる環境とは。
    企業で雇用されている人はどのような人か。」─────────∞
・「冷暖房設備などの快適な職場づくりは当然として、視力の低下や重量物の
  運搬等に応じた設備を設置。70歳を超えて雇用する人は、自分自身の健
  康管理ができ、後継の育成・指導が期待できる人。」

・「65歳を超えて引き続き雇用する人は、働く意欲があり、会社が好きな人
  が多い。一方、新たに採用する高齢者には、資格や技術を求めることにな
  るので、どのようなスキルを身に付けているかがカギになる。」

・「年齢にかかわりなく働きたい人に合った仕事を提供している。現役時代に
  経験した技術・技能を新たな職場で活用できる人を雇用している。」

→各社それぞれのお考えで、高齢者が活躍している現状がありました。高齢社
員には『元気・好奇心・向上心』が必要であり、企業には『目標管理』が必要
ということでした。 

「個人の視点から、どのような人なら70歳以降まで働けるか」─────∞
・「個人の生き様ではないか。自分は何歳まで働くということを明確にして現
  役時代から取り組む必要がある。ただし、決めたことにとらわれず、新た
  な可能性を探っても良いのでは。」

・「熟練の技能とともに協調性を備え、一緒に働きたいと思わせる人ではない
  か。キャリアデザインセミナーでマインドのリセットができるような人。」

・「本人のやる気、経験と技能を活かせば、戦力化ができるのではないか。」

→働く本人の職業人生に対する明確なビジョンや仕事に向き合う覚悟、それま
での準備を十分行っているということが大切ということでした。それに加えて
『技術』と『マインド』のリセットが必要ということでした。

「賃金について」──────────────────────────∞
・「仕事本位で年齢に関わりなく、資格手当の支給や担当する現場の難易度に
  応じて賃金を支給している。」

・「60歳になった時点で新入社員と同じ水準の賃金にリセットしている。」

・「例えば、営業職で大きな成績を上げれば、昇給するような仕組みもある。
  賃金に年齢は関わりがない。」

→各社とも仕事本位の賃金形態で、人事考課も行うなど、年齢に関わりなく決
定している現状でした。

◆ シンポジウムを終えて
 今年度のシンポジウムは、東京会場380名、大阪会場242名の合計62
2名の皆様にご参加をいただき、盛況のうちに終了いたしました。昨年4月の
改正高齢法施行から約9ヶ月が経過し、各企業においても高齢社員の戦力化や
人事管理、制度設計等に課題をお持ちかと存じます。
 当機構では、今回のシンポジウムでの啓発活動に加え、「高年齢者雇用開発
コンテスト」による職場改善事例の普及や専門家による相談・援助活動等の支
援を行っております。

 **───────────────────────────────**
 
 高年齢者雇用アドバイザーとは
 
  各地域の高齢・障害者雇用支援センターでは、「高年齢者雇用アドバ
 イザー」を配置し、高齢者の継続雇用に必要な賃金・退職金、人事管理
 制度の見直し、職場改善、能力開発、健康管理の推進などに関する相談・
 援助を行っています。
  高齢者雇用の必要性は感じるが取り組み方が分からないなど、高齢者
 雇用に課題をお持ちの事業主の皆さまは、ぜひ、各地域の高齢・障害者
 雇用支援センターまでご連絡ください。アドバイザーが企業様に出向き、
 それぞれの状況に応じた支援を行います。
 
 **───────────────────────────────**

 各地域の高齢・障害者雇用支援センターはこちら
 http://www.jeed.or.jp/location/ks/index.html
 
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             記事ピックアップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
             精神障害者の雇用             
      社内収益率4年連続1位は諦めないチームワークで     
            -アクテック株式会社-
          [働く広場2014年1月号より]          

 アルミケースなどの製造・販売をしているアクテック株式会社。障害者が最
も多い「製造一課一係」が、連続で収益率トップの成績をあげているという事
例をご紹介します。取材に行った金子鮎子編集委員は「病気をしたことで自信
を失い、普通の職場で働くことをいったんは諦めかけた精神障害者たちが、
チームワークの中で期待され、働いて活かされ、元気に甦った、さわやかなア
クテックの実例である」と記事をしめくくっています。
 ぜひご覧ください。 

 「働く広場」1月号を読む
 http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/201401.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              マイエリア情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 「マイエリア情報」は、みなさんの地域の当機構施設のホームページへ、
簡単にアクセスできるようになっています。
 http://www.jeed.or.jp/location/pref.html

1 上記のアドレスをクリックすると、日本地図が表示されます。

2 都道府県を選択し、表示された機構施設の一覧から、ご希望の施設をク
  リックすると、その施設のホームページのトップページにアクセスします。

3 その施設のトピックスや新着情報をご確認いただけます。

 ───────────∞注目のトピックス∞────────────
 ◇[求] 社員のレベルアップに! 在職者訓練のお知らせ
 全国の施設で従業員の方向けの訓練(能力開発セミナー、企業人スクール)
 を実施しています。社員の技能・技術のレベルアップにぜひご活用くださ
 い。http://www.jeed.or.jp/js/jigyonushi/d-1.html
 
 ◇[求] 離職者訓練 受講者募集中!
 84%を超える高い就職率!全国で離職者訓練の受講者募集中!
 4月開講コース多数!お申込みはお早めに全国のポリテクセンターへ!
 http://www.jeed.or.jp/js/kyushoku/ability/
 
 ◇[求] 専門課程 学生追加募集中!
 高校卒業予定の方注目!一部ポリテクカレッジで専門課程学生を追加募集
 中!お申込みはお早めに!
 http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/nyukou_h26_add.html
 専門課程学生についてはこちら
 http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/senmon.html
 
 ◆[求]宮城
 宮城県高校生溶接協議会の開催・溶接ニュース(新聞掲載記事)
 http://www3.jeed.or.jp/miyagi/poly/riyoushanokoe/pdf/koe_44.pdf
 
 ◆[障]山形
 精神・発達障害のある方へ~就活サポートセミナー~
 http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/yamagata/pdf/yamagata_shuukatu.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

 ◆[障]石川
 「事業主支援サービスのご案内」を作成しました
 http://www.jeed.or.jp/location/ks/download/ishikawa_shien_guide.pdf
 
 ◆[求]兵庫
 「住宅リフォーム技術科」修了生の採用企業の声&修了生の声
 http://www3.jeed.or.jp/hyogo/poly/contents/machikado/user/voice/n_95.html
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。
 
 ◆[求]岡山
 職業訓練教育に携わるアフリカ青年21名が当センターを見学に訪れました
 http://www3.jeed.or.jp/okayama/poly/Data/index_info/140203.pdf

 ◆[求]岡山
 「ちゅうごく地域組込み先端技術セミナー(実践編)」電波新聞(新聞掲載
 記事)
 http://www3.jeed.or.jp/okayama/college/documents/23.2.24.pdf

 ◆[求]福岡
 小倉イルミネーション2013 手づくりイルミガーデンに出展
 http://www3.jeed.or.jp/fukuoka/college/index/activity/971.html
 
 ◆[求]沖縄
 離職者訓練在所者の声(H25年度10月入所者)
 http://www3.jeed.or.jp/okinawa/poly/img/image/833.pdf
 
 [高]・・・高齢者雇用支援関係記事
 [障]・・・障害者雇用支援関係記事
 [求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              機構の出版物
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

─────────────∞エルダー2月号∞─────────────

◆特集 ベストミックスで知識や技能を伝承する

 今号では、高齢者と若年者がそれぞれの持ち味を発揮する取組みとしてベス
トミックスを取り上げました。本誌はこれまでも多くの製造業におけるベスト
ミックス事例をとりあげてきましたが、今号では製造業以外の取組みに着目し
ています。

◆◇『エルダー』
  2月号
  http://www.jeed.or.jp/elderly/data/elder/201402.html
  バックナンバー
  http://www.jeed.or.jp/elderly/data/elder/

─────────────∞働く広場2月号∞─────────────

◆特集 アビリンピック2013in千葉

 障害のある人たちが日頃、職場などで培った技能を競う「第34回アビリン
ピック(全国障害者技能競技大会)」が、11月22日(金)から3日間、千葉
市の幕張メッセで開催されました。今号ではアビリンピックの模様を紹介しま
す。
  
◆◇『働く広場』
  2月号
  http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/201402.html
  バックナンバー
  http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/index.html

◆「働く広場」では企業・団体からの広告を募集中。
  http://www.service-kosaido.jp/case/print_media/post_11.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◆◇機構ホームページをリニューアルしました!───────────◇◆

 機構のホームページが2月18日にリニューアルされました。従来より見や
すく、情報が探しやすくなりました。
 新しいホームページでは、トップページに、当機構3つの事業である「高齢
者の雇用支援」「障害者の雇用支援」「職業能力開発の支援」別に入口を設け
ており、その先の事業別のトップページにてトピックスなどの個別の情報が閲
覧できるようになりました。
 また、「全国の施設」メニューからは、全国各地の施設ホームページへもア
クセスしやすくなりました。地域の身近な情報を掲載しています。ぜひご活用
ください。

◆◇平成26年度高年齢者雇用開発コンテスト募集──────────◇◆
 厚生労働省との共催により、高年齢者が働きやすい職場環境づくりの事例や、
働く高年齢者とその働き方の事例を募集し、優秀事例について表彰する平成2
6年度「高年齢者雇用開発コンテスト」を実施します。現在事例を募集中です。
奮ってご応募ください。お待ちしております。

 募集テーマ・応募方法などについて詳しくはこちら
 http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/festa/h26_koyo_boshu.html
 高年齢者雇用開発コンテストについてはこちら
 http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/activity02.html
 
◆◇障害者雇用納付金申告申請に関するお知らせ───────────◇◆
 障害者雇用納付金、障害者雇用調整金の申告申請は4月1日から5月15日
まで、報奨金の申請は4月1日から7月31日までです。今年度より、申告申
請に必要な記載事項、添付書類が追加されますのでご準備をお願いいたします。

 障害者雇用納付金制度についてはこちら
 http://www.jeed.or.jp/disability/koyounoufu/
 記載事項及び添付書類の追加についてはこちら
 http://www.jeed.or.jp/disability/koyounoufu/download/h26_koyounoufu_guide.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。
 
◆◇その他の情報─────────────────────────◇◆

■調達関係(入札等)情報
 
◇現在参加者を募集している調達関係(入札等)情報を、当機構ホームページ
に掲載しています。詳しい内容は、下記URLからご確認ください。
 http://www.jeed.or.jp/jeed/information/
 
◇当機構は国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する
法律(平成24年法律第50号。)第6条の規定に基づき、「障害者就労施設
等からの物品等の調達の推進を図るための方針」を定めています。対象となる
物品役務の品目、調達先の分類は下記URLをご覧ください。 
 http://www.jeed.or.jp/information/download/h25buppin_cyotatsu.pdf

 調達関係(入札等)情報に関するお問い合わせ : 経理部契約第二課
 TEL 043-213-6437・6438

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               編集後記               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 現在、「働く広場」2013年度の増刊号を制作しています。今回は”精神
障害者の雇用“をテーマに構成しています。企業事例の紹介や、「はじめての
精神障害者雇用」など役立つ情報が満載です。また、企業のご協力を得て、職
場ルポの映像版も併せて制作しています。3月下旬にはホームページにて公開
する予定ですので、お楽しみにお待ち下さい。
 今号も最後までお読みいただきありがとうございました。  

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         メールマガジンへのご意見、ご感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

【お問い合わせ】

・内容についてのご意見・ご感想は下記までお送りください。
 https://fofa.jp/jeed/a.p/102/ 

・配信の停止をご希望の方は、下記URLにアクセスしてください。
 https://fofa.jp/jeed/l.p/101/ 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          当機構に対するご意見・ご要望
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

当機構へのご意見、ご要望は、下記URLにアクセスしてください。
 http://www.jeed.or.jp/general/toiawase/ 

☆みなさんのお役に立てるメールマガジンを発行してまいりますので、これか
 らもよろしくお願いいたします。
 また、周りの方々にもお勧めいただけましたら幸いです・・・☆

∞─────────────────────────────────∞

発行元:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構企画部情報公開広報課
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
     (高度職業能力開発促進センター内)
TEL:043-213-6203 FAX:043-213-6556
                            (禁無断転載)

∞─────────────────────────────────∞