textメール 平成26年9月1日

メールマガジン 第14号 平成26年9月1日



メールマガジン 第14号 平成26年9月1日発行
…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━

∞─────────────────────────────────∞
       第15号は9月30日(火)配信予定です。
∞─────────────────────────────────∞

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちら
         http://www.jeed.or.jp/index.html 

 みなさま、こんにちは。「障害者雇用支援月間」をごぞんじですか? 当機構
では毎年9月を「障害者雇用支援月間」と定め、障害者雇用への理解と関心を深
めてもらえるよう、さまざまなイベントを行っています。今号の特集では、「
障害者雇用支援月間」のご紹介と、当機構が運営し障害者に対して先導的な職
業訓練を実施している「国立職業リハビリテーションセンター」についてご紹
介します。
 ぜひ、ご一読ください。



■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                目 次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○機構トピックス [求] 日本機械工業連合会と人材育成などの分野で連携協
            定を締結しました!
         [高] 参加者募集!高年齢者雇用開発フォーラムを開催し
            ます(入場無料)
         [障] 「職リハレポートNo.7」を発行しました!
         [障] 先駆的な職業リハビリテーション技法のご案内

○今月の特集   [障] 【特集1】ごぞんじですか?毎年9月は障害者雇用
            支援月間です。
         [障] 【特集2】国立職業リハビリテーションセンターを
            ご紹介します!

○マイエリア情報  ◇   当機構の各地域の最新情報をご案内します

○機構の出版物  [高] エルダー8月号(特集:高齢者のための第2の
            新人教育)
         [障] 働く広場8月号(特集:食と障害者雇用)

○お知らせ    [障] 「障害者職業訓練推進交流プラザ」参加者募集中!
         [障] 障害者職業総合センター図書情報閲覧室をご利用く
            ださい!!
         [障] 任期付研究員を公募しています!
          ◇  調達関係(入札等)情報

[高]・・・高齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              機構トピックス              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
  日本機械工業連合会と人材育成などの分野で連携協定を締結しました! 

 当機構と一般社団法人日本機械工業連合会(以下「日機連」)は、人材育成
等の分野における連携協力を図ることで合意に達し、平成26年8月25日(
月)に田村厚生労働大臣、佐藤厚生労働副大臣及び田中経済産業大臣政務官立
ち会いのもと、小林当機構理事長と岡村日機連会長による協定書の署名式を行
いました。
 この連携協定の締結により、当機構の運営する職業能力開発施設であるポリ
テクセンターやポリテクカレッジと日機連の会員事業主団体等との間での職業
訓練等を通じた一層の連携協力を促進し、我が国のものづくり産業の人材育成
の強化を図ることとしております。


 ◇お問合せ先
 求職者支援訓練部訓練企画課(TEL:043-213-7039、7046)


∞─────────────────────────────────∞

  参加者募集!高年齢者雇用開発フォーラムを開催します(入場無料)  

 10月の「高年齢者雇用支援月間」に高年齢者雇用開発フォーラムを開催い
たします。
 当フォーラムでは、厚生労働省との共催により、高年齢者の知識や経験を職
場で活かすため、企業などが行った創意工夫、高年齢者の働き方の事例を募集
した「平成26年度高年齢者雇用開発コンテスト」の表彰式、記念講演、コン
テスト表彰企業による事例発表、トークセッションを実施し、「生涯現役社会
の実現」のための取組みを来場者の方々とともに考えます。

 ◇高年齢者雇用開発フォーラム
 http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/activity03.html

 ○日時 平成26年10月6日(月)10:00~16:30
 ○場所 イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル)
     http://www.iino.co.jp/hall/access/
 ○内容 ◇高年齢者雇用開発コンテスト表彰式
     ◇記念講演 佐藤 博樹 氏(東京大学 社会科学研究所 教授)
     ◇事例発表 厚生労働大臣表彰受賞企業 ほか
     ◇トークセッション テーマ「生涯現役社会の実現に向けた高年齢
      者の戦力化方策を考える(仮題)」
 ○申込方法
  メールのタイトルを「フォーラム申込み」として、下記(1)~(5)を
 メール本文にご記入の上、お申込み専用アドレス(con2014@jeed.or.jp)
 あてにメールをお送りください。

  (1)お名前(ふりがな)  (2)会社名  (3)参加者の役職  
  (4)業種  (5)企業全体の従業員数(おおよそで可)
  ※(2)~(5)は企業関係者の方のみご記入ください。

  折り返し、お申込み受付確認のメールをお送りいたします。
  なお、フォーラム申込みによりいただいた個人情報については、本フォー
 ラム実施のためのみに利用させていただきます。利用目的の範囲内で適切に
 扱うものとし、法令で定められた場合を除き、第三者には提供いたしません。

 詳しい開催概要は以下をご確認ください。
 http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/education/contest_h26.html


 ◇お問合せ先
 雇用推進・研究部研究開発課(TEL:043-297-9527)


∞─────────────────────────────────∞

       「職リハレポートNo.7」を発行しました!        

 「職リハレポート」は、障害者の職業リハビリテーションの関係者向けに職
業リハビリテーションに関する研究成果と、これを活用した事例の紹介などを
まとめたもので、年3回発行し、当機構ホームページ上で公開しています。こ
のたび、「職リハレポートNo.7」を発行しました。
 この機会にぜひ当機構ホームページからアクセスしてご覧ください。またバ
ックナンバーもご覧いただけます。「職リハレポート」についてご意見、ご感
想がありましたら下記までお寄せください。

 ◇職リハレポートNo.7
 http://www.nivr.jeed.or.jp/vr/vrwebreport-pdf7.pdf

 ◇「職リハレポート」一覧
 http://www.nivr.jeed.or.jp/vr/vrwebreport.html


 ◇お問合せ先
 研究企画部企画調整室(TEL:043-297-9067
            E-mail:kikakubu@jeed.or.jp)


∞─────────────────────────────────∞
       先駆的な職業リハビリテーション技法のご案内       

 障害者職業総合センター職業センターでは、これまでの支援技法では効果が
現れにくい発達障害者、高次脳機能障害者および精神障害者について、障害特
性や事業主のニーズをふまえて「先駆的な職業リハビリテーション技法」の開
発・改良を行っています。
 このたび、次の3種の支援マニュアルおよび実践報告書を作成しましたので、
ぜひご一読ください!

 ◇障害者職業総合センター職業センター
 http://www.nivr.jeed.or.jp/center/center.html

◆発達障害 支援マニュアルNo.10
『発達障害者のためのリラクゼーション技能トレーニング~ストレス・疲労の
セルフモニタリングと対処方法~』
http://www.nivr.jeed.or.jp/center/report/support10.html

 発達障害者がストレス・疲労による心身の状態の変化に気づきにくい特性に
着目し、ストレス・疲労の影響を受けやすい状況や場面、その感じ方を、自ら
適切に把握する「セルフモニタリング支援」、また、ストレス・疲労の状態に
適した方法で自ら対処するための「スキル向上支援」について、具体的な内容、
実施方法、実践的な支援ポイントなどを解説しています。


◆高次脳機能障害 支援マニュアルNo.11
『高次脳機能障害者のための就労支援』
http://www.nivr.jeed.or.jp/center/report/support11.html

 これまでの職場復帰・就職支援に関する開発成果を集約し、就労支援に携わ
るスタッフが活用できるよう、まとめたものです。
 さまざまな症状別に、生活場面や職場で見られる特徴を例に、アセスメント
のポイントや具体的な対処方法について解説しています。併せて、合併障害に
関する基礎知識、障害理解・受容に関する視点、職場復帰・就職支援の流れな
どの支援ノウハウを網羅しています。


◆精神障害 実践報告書No.26
『リワーク機能を有する医療機関と連携した復職支援』
http://www.nivr.jeed.or.jp/center/report/practice26.html

 うつ病などの精神疾患で休職中の方に対して、リワーク機能を持つ精神科医
療機関と職業リハビリテーション機関が連携して行う復職支援モデルを構築す
ることを目的に、協同で試行した取組みをまとめました。
 両機関の復職支援の現状、連携支援の流れ、事例、連携支援の効用と課題と
いった内容について解説するとともに、連携支援で使用した資料や情報共有を
図るに当たって用いた書式例を掲載しています。


 ◇お問合せ先
 障害者職業総合センター職業センター(TEL:043-297-9042)
  支援マニュアルNo.10:企画課(担当:中村)
  支援マニュアルNo.11:開発課(担当:中島)
  実践報告書No.26:開発課(担当:松原)


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               今月の特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

               【特集1】               
    ごぞんじですか?毎年9月は「障害者雇用支援月間」です。    

 当機構では、障害者雇用の機運を醸成し、障害者の職業的自立を支援するた
め、毎年9月を「障害者雇用支援月間」と定め、厚生労働省および各都道府県
と連携して全国的に啓発活動を行っています。
 この「障害者雇用支援月間」中に開催されるイベントなどをご紹介します。

 ◇障害者雇用支援月間
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/support_month.html

∞─────────────────────────────────∞

1 「平成26年度障害者雇用優良事業所等表彰」の表彰式を行います! 

 障害者を積極的に多数雇用している事業所や模範的職業人として長期勤続す
る障害者などに対し、その努力と功績を称え、毎年表彰を行っています。
 今年度は、9月8日(月)に東京国際フォーラムで行われる表彰式で「厚生
労働大臣表彰」並びに「当機構理事長表彰」の受賞事業所および受賞者に対し
て、表彰状を授与します。受賞事業所および受賞者は、下記URLをご覧くだ
さい。

 ◇平成26年度障害者雇用優良事業所等全国表彰式
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/education/h25_hyosho_kaisai.html
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。
 
 ◇受賞事業所および受賞者
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/education/download/h26_hyosho_result.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。
 
 ◇東京国際フォーラム
 http://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

∞─────────────────────────────────∞

2 「平成26年度障害者雇用職場改善好事例入賞事業所」が決定!  

 障害者の雇用管理や職場環境の整備など、さまざまな改善・工夫を行った障
害者雇用職場改善好事例を募集し、優秀な事例を表彰するとともに、改善内容
を広く周知しています。

 今年度は、「支援機関の活用や企業内における専門人材の育成等による精神
障害者の職場改善好事例」を募集したところ、78件のご応募をいただき、審
査の結果、7事業所の入賞を決定しました。
 入賞事業所は下記URLをご覧ください。
 改善内容は好事例集としてまとめ、当機構ホームページに掲載する予定です。
昨年度までの好事例集は、下記URLからご覧いただけます。併せてご参照いただ
き、障害者雇用への取組みの参考に、ぜひご活用ください!

 ◇入賞事業所
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/education/download/h26_kaizen_jirei.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。
 
 ◇好事例集
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/support_month.html

∞─────────────────────────────────∞

3 平成26年度障害者雇用支援月間ポスター原画の入賞作品展示会を開催し
  ます!

 平成26年度の「障害者雇用支援月間ポスター」の原画募集には、全国の特
別支援学校の生徒の方をはじめ、みなさまから約2,400点のご応募をいただ
きました。厳正な審査の結果、80点の入賞作品を選出し、この中から「厚生
労働大臣賞」4点を決定しました。
 受賞者は、下記URLをご覧ください。
 月間ポスターの入賞作品(80点)は、全国5会場(東京、大阪、福岡、札
幌、愛知)で展示します。障害のある方の夢がかなうように、また、働く場が
さらに広がっていくことを願って、入賞作品展示会を開催します。作品を一人
でも多くの方にご覧いただきたいと思いますので、個性輝く絵画や写真をぜひ
会場でご鑑賞ください!
 ※東京会場では、過去3年間の入賞作品(240点)を展示します。

 ◇受賞者
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/education/download/h26_genga_result.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。
 
 ◇入賞作品展示会(全国5会場)
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/education/h25_genga_exhibition.html
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

∞─────────────────────────────────∞

4 平成26年度の「障害者雇用支援月間ポスター」が完成しました

 上記3でご紹介した「厚生労働大臣賞」を受賞した4作品をポスター原画と
して採用し、9月の「障害者雇用支援月間」中、全国のハローワークなどの公
共機関で掲示します。
 月間ポスターは無料で配布します。社内掲示などをご希望の方は、以下のお
問合せ先までご連絡ください。

 ◇平成26年度障害者雇用支援月間ポスター(4作品)
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/support_month.html

 ◇ここまでのお問合せ先
 雇用開発推進部雇用開発課(TEL:043-297-9513)

∞─────────────────────────────────∞

5 「日経ビジネス(9月15日号)」に特集記事を掲載します!

 「日経ビジネス」誌(日経BP社)の9月15日発行(9月12日発売)号
に障害者雇用支援月間の特集記事を掲載します。障害者の法定雇用率が2.0%
に引き上げられたなか、障害者の戦力化を図っている先進企業の事例をご紹介
します。
 特集記事の詳細は「日経ビジネスオンラインSpecial」(Web版)にも掲載
しますので、ぜひ、併せてご覧ください。

 ◇お問合せ先
 企画部情報公開広報課(TEL:043-213-6215)

∞=================================∞

               【特集2】               
     国立職業リハビリテーションセンターをご紹介します!     

 国が設置し当機構が運営している国立職業リハビリテーションセンター(以
下「職リハセンター」)をご紹介します。

 ◇国立職業リハビリテーションセンター
 http://www.nvrcd.ac.jp/

∞─────────────────────────────────∞

        国立職業リハビリテーションセンターとは        

 職リハセンターの最寄り駅は、西武新宿線の「航空公園駅」です。この駅名
からもお分かりのように、日本で最初の飛行場が建設され航空発祥の地でもあ
る埼玉県所沢市にあります。同一敷地内に設置されている国立障害者リハビリ
テーションセンターと連携して、障害者の職業自立のための職業訓練を提供す
る施設として、昭和54年(1979年)に当時の労働省(現厚生労働省)に
より設置されました。
 設置当初は身体障害者の職業訓練を中心に行っていましたが、現在は、メカ
トロ系、建築系、ビジネス系、職域開発系の4つの系に11の科と20のコー
スがあり、身体、精神、発達、知的などの障害の種類を問わず、毎年、年間2
00人を超える障害のある方を受け入れて職業訓練を行っています。製造業や
事務職としての就職を目指す一般的なコースのほかに、視覚障害のある方が事
務職としての就職を目指す視覚障害者情報アクセスコースや、高次脳機能障害、
精神障害、発達障害、知的障害のある方を対象にして障害の特徴に対応した専
門的なカリキュラム(認知スキルトレーニング<CST>や社会生活技能訓練
<SST>、対人スキル・社会適応訓練<就労ゼミ>など)を備えた職域開発
系などさまざまなコースを用意しています。
 原則1年間の職業訓練を通して、訓練生は企業現場で求められる知識と技能
を習得しており、修了者の8割以上がさまざまな企業に就職して社会人として
活躍しています。

 ◇国立障害者リハビリテーションセンター
 http://www.rehab.go.jp/

 ◇職業訓練
 http://www.nvrcd.ac.jp/training.html

∞─────────────────────────────────∞

       国立職業リハビリテーションセンターの特徴        

 職リハセンターにはいくつもの特徴があり、特に知っていただきたい8つの
特徴をご紹介します。

1 障害の種類ごとに1年間に合計12回の応募機会(職業評価)があります。
  
  ◇応募機会
  http://www.nvrcd.ac.jp/howto.html
  
  ◇職業評価
  http://www.nvrcd.ac.jp/t_confirm.html

2 障害の特性に合わせた訓練を行っています。

3 個別の訓練カリキュラムを作成し、個々の状況に合わせた訓練によって実
務能力を身につけられます。

4 入所後の初期段階にIT基礎訓練(ワープロ、表計算、インターネット)が
あります。

5 職場実習や企業連携職業訓練によって、実際の企業現場で職業体験をする
ことができます。

6 就職内定後は修了日までの期間を利用して、企業で実際に勤務することに
なる職務内容に合わせた職業訓練を受けることができます。

7 履歴書の書き方、面接の受け方などの就職活動の支援に加えて、新しい環
境への適応力を高めるため社会生活支援などを行います。

8 全国のハローワークや当機構の有する地域障害者職業センターとのネット
ワークを活かして、就職活動や就職後の職場定着に向けた各種支援を行います。

∞─────────────────────────────────∞

    社会で活躍する職リハセンターの修了生をご紹介します!     

職リハセンターで職業訓練を受け、企業で活躍する修了生をご紹介します。

○NTTクラルティ株式会社 田中 淳さん

 田中 淳さん(38歳)は、平成26年6月からNTTクラルティ株式会社(
東京都武蔵野市)で企業や自治体のホームページのWebアクセシビリティの
評価に関する業務に従事しています。
 田中さんは、網膜色素変性症という目の病気のため視力を失いマッサージ師
として働いていました。しかし、ご家庭を大事にし、子育ても積極的に行って
いる田中さんは、現在の自分の環境に応じた仕事がしたいと考え、職リハセン
ターの視覚障害者情報アクセスコースで、音声読み上げソフトを使ったデータ
処理やHTMLの職業訓練を受けました。
 田中さんはNTTクラルティ株式会社のことを、視覚障害のある田中さんの
知人が同社に勤めている関係で知ることとなり、面接や適性検査を受けて採用
となりました。この間、職リハセンターでは面接指導や通勤環境の確認といっ
た就職支援を行いました。
 田中さんからは、就職活動に取り組む視覚障害のある後輩の方々に対して、
「自分ができることを一つひとつ積み重ねていくと、気がつかない間に成果と
なっていることがある。自信をもって積極的に就職活動に取り組んでほしい」
とメッセージをいただきました。

○ホシザキ東京株式会社 高野 駿さん

 高野 駿さん(22歳)は職リハセンターでの職業訓練を平成26年5月に修
了し、6月からホシザキ東京株式会社(港区)の総務課で働いています。
 高野さんには発達障害があり、高校卒業後に就職先が決まらず困っていまし
たが、職リハセンターに入所しオフィスワークコースで、データ入力、文書作
成、ファイリングなどの職業訓練を受けて、事務職としての就職を目指してい
ました。
 ホシザキ東京株式会社には、職リハセンターで開催された会社説明会をきっ
かけにして、職場実習を経て採用内定となりました。高野さんからは、「今後
に向けて、東京障害者職業センターのジョブコーチ支援を受けて、職場のみな
さまのお役に立てるよう頑張りたい」とメッセージをいただきました。

 ホシザキ東京株式会社からは、人事担当者として高野さんの面接や職場実習
などでご尽力をいただき、採用後は同じ職場の同僚の立場から見守っていただ
いている同社管理部総務課松上智美様からコメントを頂戴しました。


 ホシザキ東京株式会社 管理部総務課 松上 智美 様
 ~高野さんの採用から現在に至るまで~

  こんにちは。ホシザキ東京で採用を担当しております松上と申します。
 当社は主に飲食店などで使用する業務用冷蔵庫や製氷機などを取り扱う、
 総合厨房機器メーカー「ホシザキグループ」の販売会社です。高野さんの
 主な仕事は、職リハセンターの訓練を活かした、ファイリングやデータ入
 力、グラフの作成などです。
  高野さんの採用以前にも障害者の雇用を進めておりましたが、このたび
 初めて発達障害の方の採用となりました。高野さんの真面目で一生懸命な
 姿勢は、当初の不安や戸惑いを解消させてくれました。日々の業務におい
 ては、仕事の進め方や連絡事項などを、具体的な表現で伝えられるように
 心がけています。
  今後は、ジョブコーチの支援をいただきながら、業務の更なるスキルア
 ップを目指してほしいと期待をしています。職リハセンターの職員の方に
 は、採用に際してご協力をいただき大変感謝をしております。ありがとう
 ございました。
 
 ◇ジョブコーチの支援
 http://www.jeed.or.jp/disability/person/person05.html

∞─────────────────────────────────∞

      職リハセンター修了生の採用をお考えのみなさまへ      

 職リハセンターでは、企業の採用担当者のみなさまに職業訓練をご見学いた
だきながら、障害者の採用計画や雇用管理などについて、具体的な助言を行っ
ております。また、採用された後のフォローアップとして、職リハセンターの
スタッフが企業を訪問して、障害者の職場定着に関するご相談に応じています。
 この機会にぜひ、職リハセンターの修了生の採用をご検討ください!!

∞─────────────────────────────────∞

 「障害者雇用ワークショップ2014」にてシンポジウムを開催します! 

 職リハセンターでは、今年度も「障害者雇用ワークショップ2014」を開
催します。
 今年の障害者雇用ワークショップ2014では、開催テーマを「職業能力開
発施設を活用した障害者の就労拡大」と題して、例年ご好評をいただいている
訓練生からの特別レポートに加えて、今回は特別企画として、障害者の就労支
援がご専門の朝日雅也教授(埼玉県立大学社会福祉学科)を座長にお招きして、
職業能力開発校と連携し先駆的に障害者雇用に取り組む企業や、東京、神奈川
の障害者職業能力開発校から責任者にご出席いただき、「シンポジウム~能開
校はビジネスパートナー~」を開催することになりました。企業の人事担当の
方や障害者雇用に関心のある方など、より多くのみなさまのご参加をお待ちし
ています!

 ◇障害者雇用ワークショップ2014
 http://www.nvrcd.ac.jp/topics140801_2.html

○日時
  平成26年9月11日(木)13:00~16:20(開場12:00)
○場所
  国立障害者リハビリテーションセンター学院講堂(所沢市並木4-1)
  http://www.rehab.go.jp/kanribu/japanese/access.html
○対象
  企業の人事担当者や障害者雇用に関心のある方(入場無料)
○プログラム
  1 訓練生からの特別レポート
  (1)視覚障害のある訓練生
  (2)精神障害のある訓練生
  (3)発達障害のある訓練生
  2 シンポジウム ~能開校はビジネスパートナー~
  座長      朝日雅也氏(埼玉県立大学社会福祉子ども学科教授)
  シンポジスト  清水直輝氏
           (ソランピュア株式会社業務推進部マネージャー)
          手嶋清澄氏
           (エム・ユー・ビジネスパートナー株式会社取締役社長)
          角田由理子氏(東京障害者職業能力開発校校長)
          澤田要氏(神奈川障害者職業能力開発校校長)
          井上裕夫氏
           (国立職業リハビリテーションセンター職業訓練部長)

 ◇お問合せ先
 国立職業リハビリテーションセンター
 職業指導部職業指導課(TEL:04-2995-1207)


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              マイエリア情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 「マイエリア情報」は、みなさまの事業所所在地やお住まいの都道府県に
ある当機構の施設のホームページへ、簡単にアクセスできるようになって
います。
 http://www.jeed.or.jp/location/pref.html

1 上記のアドレスをクリックすると、日本地図が表示されます。

2 都道府県を選択し、表示された機構施設の一覧から、ご希望の施設をク
  リックすると、その施設のホームページのトップページにアクセスします。

3 その施設のトピックスや新着情報をご確認いただけます。


 ─────────∞在職者訓練 受講企業募集中!∞─────────

 従業員の人材育成、企業の技術基盤を強化する在職者訓練の受講企業募集中!
  お問い合わせは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!  
      http://www.jeed.or.jp/js/jigyonushi/d-1.html

 ──────────∞離職者訓練 受講生募集中!∞─────────

    84%を超える高い就職率!離職された方の再就職を支援する   
           離職者訓練の受講生募集中!           
  お問い合わせは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!  
       http://www.jeed.or.jp/js/kyushoku/ability/


 ────────────∞注目のトピックス∞────────────

◆[求] 秋田
 ポリテクセンター秋田にアフリカ5カ国の政府関係者が見学に来られました!
 http://www3.jeed.or.jp/akita/poly/event/doc/event260718_01jica.pdf

◆[障] 福島
 第13回福島県障がい者技能競技大会(ふくしまアビリンピック2014)
 のご案内
 http://www.jeed.or.jp/location/ks/download/fukushima_abilympic_guide.pdf

◆[求] 栃木
 【利用者の声】離職者訓練分を掲載しました。
 http://www3.jeed.or.jp/tochigi/poly/machi/voice/koe_ability_gra.html

◆[求] 千葉
 ポリテクカレッジ千葉の学生が第9回若年者ものづくり競技大会「建築大工」
 職種で3位に入賞しました!
 http://www3.jeed.or.jp/chiba/college/data/2014/2014-0731.pdf

◆[求] 東京
 「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」のお知らせ
 http://www3.jeed.or.jp/tokyo/center/seminar/guideline.html

◆[求] 新潟
 ポリテクセンター新潟において「夏休み親子ものづくり体験教室」を開催し、
 大盛況のうちに終了しました。
 http://www3.jeed.or.jp/niigata/poly/documents/26.8.6.pdf

◆[求] 長野
 ポリテクセンター松本が「2014まつもと広域ものづくりフェアに参加し
 ました!
 http://poly-nagano.sub.jp/nagano/matsumoto/info/newslist/%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%82%E3%81%A8%E5%BA%83%E5%9F%9F%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2ver1.4.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

◆[求] 岐阜
 「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」のお知らせ
 http://jeed.dokoda.info/lsc/lsc-upfile/topicsPoly/00/88/88_1_file.pdf

◆[求] 岐阜
 東海ポリテクカレッジの学生が第9回若年者ものづくり競技大会
 「ITネットワークシステム管理」で厚生労働大臣賞を受賞しました!
 http://jeed.dokoda.info/gifu/college/topics/detail_204_1.html
 
◆[求] 静岡
 ポリテクカレッジ浜松が「ビジネスマッチングはままつ2014」に出店しま
 した。
 http://www3.jeed.or.jp/shizuoka/college/topics/deteal/2014_0802.html

◆[求] 愛知
 【利用者の声】修了生採用企業分を掲載しました。
 http://www3.jeed.or.jp/aichi/poly/machikado_ability011.html

◆[求] 和歌山
 【利用者の声】離職者訓練分および修了生採用企業分を掲載しました。
 http://www3.jeed.or.jp/wakayama/poly/machi/index.html#co

◆[求] 島根
 「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」
 のお知らせ
 http://www3.jeed.or.jp/shimane/poly/kyu_shien/kyu_kikan.html#position10

◆[求] 熊本
 【利用者の声】離職者訓練分を掲載しました。 
 http://www3.jeed.or.jp/kumamoto/poly/machi/index.html

◆[求] 大分
 【利用者の声】在職者訓練分を掲載しました。
 http://www3.jeed.or.jp/oita/poly/machi/index.html


[高]・・・高齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              機構の出版物
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 当機構が発行している出版物をご紹介いたします。今回ご紹介する定期刊行
誌はすべて当機構ホームページにおいて、デジタルブック版もしくはPDF版
によりご覧いただけます。
 「エルダー」と「働く広場」は最新号のホームページ掲載をお知らせするメ
ール配信サービスも行っていますので、ぜひご利用ください。


 ◇メール配信サービスへの登録はこちら
 https://fofa.jp/jeed/a.p/118/


─────────────∞エルダー8月号∞─────────────

◆特集 高齢者のための第2の新人教育

 高齢者雇用が進むなか、高齢社員をどのように戦力として活用するかが企業
経営における重要な課題の一つとなっています。今号の特集では、高齢者がい
きいきと働き続けるための「第2の新人教育」のあり方や効果などについて、
有識者による解説を掲載しています。

◆◇『エルダー』
  8月号
  http://www.jeed.or.jp/elderly/data/elder/201408.html
  バックナンバー
  http://www.jeed.or.jp/elderly/data/elder/


─────────────∞働く広場8月号∞─────────────

◆特集 食と障害者雇用

 今号の特集では、食に関わる現場で働く障害者を取材しました。「グラビア
」では、野菜づくりを通して農業の活性化を支える方々を、「職場ルポ」と「
編集委員が行く」では、外食チェーン店の製造現場や店舗での接客など、さま
ざまな現場でいきいきと働く姿を紹介しています。

◆◇『働く広場』
  8月号
  http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/201408.html
  バックナンバー
  http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/index.html
  「働く広場」では企業・団体からの広告を募集中です。
  http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/hiroba_advertise.html


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

─────∞「障害者職業訓練推進交流プラザ」参加者募集中!∞─────

 当機構では、障害のある人の職業訓練に関する実践的・先導的な取組みにつ
いて情報共有、意見交換などを行うことにより、効果的かつ円滑な障害者職業
訓練の推進に資することを目的に、厚生労働省との共同により11月6日(木
)障害者職業総合センターにおいて「障害者職業訓練推進交流プラザ」を開催
します。
 この「障害者職業訓練推進交流プラザ」は、障害のある人の職業訓練を実施
している、または障害のある人の受入れを検討している施設など(障害者職業
能力開発校、一般の職業能力開発校、民間の障害者職業能力開発施設、障害者
委託訓練受託施設、都道府県職業能力開発主管課)の方に幅広くご参加いただ
いております。
 ご応募の締め切りは9月30日(火)です。
 詳しい開催概要は下記URLをご確認ください。

 http://www.jeed.or.jp/disability/supporter/plaza_guide.html

 ◇お問合せ先
 職業リハビリテーション部指導課(TEL:043-297-9030)

──∞障害者職業総合センター図書情報閲覧室をご利用ください!!∞───

 障害者職業総合センターに「図書情報閲覧室」があるのをごぞんじでしょう
か?
 図書情報閲覧室は、建物の7階(最上階)にあり、職業リハビリテーション
や障害者雇用、また、その周辺領域に関する図書などを所蔵する専門図書館で
す。
 どなたでも閲覧や貸出などの利用ができます。
 利用方法など詳しい内容は、下記URLからご確認ください。

 ◇障害者職業総合センター
 http://www.nivr.jeed.or.jp/index.html

 ◇図書情報閲覧室
 http://www.nivr.jeed.or.jp/books/booklibrary.html

 ◇お問合せ先
 研究企画部情報援助課(TEL:043-297-9040)
 
─────────∞任期付研究員を公募しています!∞─────────

 当機構では、障害者の職業リハビリテーションに関する調査研究を担当する
任期付研究員を公募しています。平成27年度採用 任期付研究員募集要項は
下記URLをご覧ください。提出書類の期限は9月30日(必着)です。みな
さまのご応募をお待ちしています。

 ◇平成27年度採用 任期付研究員募集要項
 http://www.nivr.jeed.or.jp/download/organization/recruit_h26.pdf

 ◇お問合せ先
 研究企画部情報援助課企画調整室 五十嵐・近藤
 (TEL:043-297-9024 E-mail:pcgrp@jeed.or.jp)

──────────∞調達関係(入札等)情報∞────────────

 現在参加者を募集している調達関係(入札等)情報を、当機構ホームページ
に掲載しています。詳しい内容は、下記URLからご確認ください。
 http://www.jeed.or.jp/jeed/information

 当機構は国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する
法律(平成24年法律第50号)第6条の規定に基づき、「障害者就労施設等
からの物品等の調達の推進を図るための方針」を定めています。対象となる物
品役務の品目、調達先の分類は下記URLをご覧ください。 
 http://www.jeed.or.jp/jeed/information/download/h26_shien_jisseki.pdf


 ◇お問合せ先
 経理部契約第二課(TEL:043-213-6437、6438)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               編集後記               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 残暑が厳しい毎日が続いていますが、市街の公園ではトンボが飛び、コスモ
スが咲き始めるなど、わずかずつですが秋の訪れを感じます。9月は秋祭りや
運動会など、さまざまなイベントが開催されますが、全国5会場で開催される
当機構主催の「障害者雇用支援月間ポスター原画入賞作品展示会」にもぜひ足
をお運びください! 毎年、展示会でご鑑賞いただいたみなさまからご好評をい
ただいております。きっと今年も新たな発見があると思います。

 今号も最後までお読みいただきありがとうございました。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         メールマガジンへのご意見、ご感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

【お問い合わせ】

 ◇内容についてのご意見・ご感想は下記URLにアクセスしてください。
 https://fofa.jp/jeed/a.p/102/ 

 ◇配信の停止をご希望の方は、下記URLにアクセスしてください。
 https://fofa.jp/jeed/l.p/101/ 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          当機構に対するご意見・ご要望
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 ◇当機構へのご意見・ご要望は、下記URLにアクセスしてください。

 http://www.jeed.or.jp/general/toiawase/ 

☆みなさまのお役に立てるメールマガジンを発行してまいりますので、
 これからもよろしくお願いいたします。
 また、まわりの方々にもお勧めいただけましたら幸いです。・・・☆

∞─────────────────────────────────∞

発行元:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構企画部情報公開広報課
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
     (高度職業能力開発促進センター内)
TEL:043-213-6215 FAX:043-213-6556
                            (禁無断転載)

∞─────────────────────────────────∞