textメール 平成27年4月28日

メールマガジン 第22号 平成27年4月28日



メールマガジン 第22号 平成27年4月28日発行
…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━━…━

∞─────────────────────────────────∞
        第23号は5月29日(金)配信予定です。        
∞─────────────────────────────────∞

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちら
         http://www.jeed.or.jp/index.html

        メールマガジンのバックナンバーはこちら
   http://www.jeed.or.jp/general/merumaga/backnumber-txt.html

 みなさま、こんにちは。今号では、当機構が運営する障害者の職業能力開発
校のひとつである国立吉備(きび)高原職業リハビリテーションセンターをご
紹介します。障害のある方の特性や能力に応じたきめ細やかなサービスを提供
し、人材育成に努めています。就職した修了生のコメントや就職先の企業の方
からのコメントも掲載しています。ぜひご一読ください!

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                目 次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

○機構トピックス [求] ポリテクカレッジでの平成26年度修了制作実習成
            果物のうち最優秀賞をご紹介します!
         [高] 70歳雇用を実現した企業の取組み事例をまとめま
            した
         [高] 高年齢者雇用に役立つヒント集を作成しました!
            ~産業別高齢者雇用推進ガイドラインのご紹介~
         [障] 平成27年4月から障害者雇用納付金制度の対象事
            業主の範囲が広がりました
         [障] 平成27年度障害者雇用職場改善好事例を募集して
            います!
         [障] 障害者の就労支援機器について学んでみませんか?
            ~就労支援機器説明会を開催しています~
○今月の特集   [障] 国立吉備高原職業リハビリテーションセンターをご
            紹介します!
○マイエリア情報  ◇  当機構の各地域の最新情報をご案内します
○機構の出版物  [高] エルダー4月号(特集:高齢者雇用最前線)
         [障] 働く広場4月号(特集:障害者雇用入門2015)
○お知らせ    [高] 平成27年度高年齢者雇用開発コンテストの事例を
            募集しています!(再掲)
          ◇  調達関係(入札等)情報

[高]・・・高年齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              機構トピックス              
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

    ポリテクカレッジでの平成26年度修了制作実習成果物のうち    
            最優秀賞をご紹介します!            

 当機構が運営しているポリテクカレッジ(職業能力開発大学校、附属職業能
力開発短期大学校、職業能力開発短期大学校)からは、この春、全国で約24
80人もの学生がものづくりの知識と技能を習得して実社会に旅立ちました。
学生たちは、専門課程および応用課程を修了するにあたり、「制作実習」とし
て、企業の製造現場で生じた課題などをテーマに「総合制作実習」および「開
発課題実習」に取り組んでいます。
 当機構では、学生のものづくりに対する意識啓発を図るとともに、ポリテク
カレッジの取組みを広くみなさまに知っていただくため、厳正な審査を行い、
各ポリテクカレッジの優れた実習成果物のなかから、最優秀賞、優秀賞および
特別賞を選定し、公表しました。実習成果物は、学生たちがポリテクカレッジ
で習得した高度な技能・技術を反映した力作ぞろいです。

 ◇最優秀賞、優秀賞、特別賞の受賞校一覧はこちらをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/hyosho_h26.html



【最優秀賞を受賞した実習成果物をご紹介します】

○平成26年度 専門課程 総合制作実習の成果物に係る表彰
 「次世代型耐力壁の開発及び実用性の検証2014」
 http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/pdf/26_hyosyo1.pdf

 近畿職業能力開発大学校附属滋賀職業能力開発短期大学校 住居環境科
 http://www3.jeed.or.jp/shiga/college/

○平成26年度 応用課程 開発課題実習の成果物に係る表彰
 「にんにく仕上げ機の開発」
 http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/pdf/26_hyosyo8.pdf

 四国職業能力開発大学校 生産機械システム技術科・生産電子システム技術科・
             生産情報システム技術科
 http://www3.jeed.or.jp/kagawa/college/

 ◇最優秀賞を受賞したポリテクカレッジの受賞コメントはこちらをご覧くだ
 さい。
 http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/pdf/h26_hyosho.pdf

 ◇ポリテクカレッジ(職業能力開発大学校、附属職業能力開発短期大学校、
 職業能力開発短期大学校)
 http://www.jeed.or.jp/js/kousotsusya/polytech_co/

 ◇お問合せ先
 公共職業訓練部大学校課(TEL:043-213-7297)


■□───────────────────────────────□■

     70歳雇用を実現した企業の取組み事例をまとめました     

 「70歳以上の人がいきいきと働いている企業」が高年齢者雇用を推進する
ために行ったさまざまな取組みについて紹介する2種類の事例集を、この3月
に作成しました。これらの事例集はホームページにおいて公開していますので、
ぜひご活用ください。

◇『生涯現役いきいき企業100選(2014年版)』
 http://www.jeed.or.jp/elderly/data/company70/download/2014_geneki100.pdf
 (1)定年・継続雇用制度、(2)従業員の年齢構成、(3)高年齢者雇用
に対する方針と考え方、(4)70歳以上の従業員の就業状況、(5)高年齢
者の雇用施策の現状、(6)高年齢者が働きやすい職場作りのために行った改
善や工夫、の6つのポイントについて約100事例を見開き2ページで紹介し
ています。多数の事例を参考にしたい場合や業種別・定年制別に事例を比較し
たい場合などに最適です。
 2008年版~2012年版はこちらをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/elderly/data/company70/03.html


◇『生涯現役いきいき企業先進事例集(2014年版)』
 http://www.jeed.or.jp/elderly/data/company70/download/2014_senshin.pdf
 「生涯現役いきいき企業100選」掲載事例のうち20事例について、より
具体的で詳細な内容がわかるよう「レポート形式」で紹介しています。70歳
まで働ける仕組みを導入する際の実践例として最適です。
 2008年版~2012年版はこちらをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/elderly/data/company70/04.html

 ◇お問合せ先
 雇用推進・研究部研究開発課(TEL:043-297-9527)


■□───────────────────────────────□■

       高年齢者雇用に役立つヒント集を作成しました!       
       ~産業別高齢者雇用推進ガイドラインのご紹介~       

◇『産業別高齢者雇用推進ガイドラインのご紹介
  ~高齢従業員がいきいきと働くためのヒント集~』
 http://www.jeed.or.jp/elderly/research/enterprise/active65.html

 当機構では、平成12年の製材業(ほか2業種)を皮切りに、平成26年度
までに計65業種について産業ごとに異なる高齢化の状況や経営環境などをふ
まえた「産業別高齢者雇用推進ガイドライン」を策定し、公開してきています。
 すでに策定したガイドラインの関係業種は、建設、製造、サービス、ITな
ど多岐にわたっているところですが、このたび、ガイドラインの読者から「自
業界のことを考える際の参考に、ほかの業界で先進的に取り組んでいる事例が
あれば紹介してほしい」という声が多数寄せられ、平成20~26年度までに
策定した産業ごとのガイドラインから事例や提言を抽出し、テーマ別(方策別
)に分類・整理したヒント集を作成しました。この4月から、ホームページ上
でも公開しています。
 本書は、各社の課題に合わせて、関心の高いテーマから自由にご覧いただけ
る構成になっています。ぜひ、高年齢者がいきいきと活躍するための場を考え
るヒントとしてご活用いただければ幸いです。 

◆本書の主な内容◆
 ○制度面の改善 例)継続雇用、勤務形態、賃金・処遇など
 ○能力開発の改善 例)教育訓練、マニュアル化、技能伝承など
 ○作業施設などの改善 例)体力負荷軽減、視力などの低下への対策など
 ○新職場・職務の創出 例)事業の多角化・拡大、新規事業創出など
 ○ワークシェアリング 例)時間・業務内容のワークシェア
 ○健康管理・安全衛生 例)生活習慣病予防、メンタルへルス、安全対策など
 ○定年前の準備支援 例)キャリアパス・ライフプラン研修、面談など

 ◇お問合せ先
 雇用推進・研究部産業別雇用推進課(TEL:043-297-9530)


■□───────────────────────────────□■

             平成27年4月から             
     障害者雇用納付金制度の対象事業主の範囲が広がりました     

 障害者の雇用促進と職業の安定を図ることを目的として、事業主の共同拠出
による「障害者雇用納付金制度」が、「障害者の雇用の促進等に関する法律(
昭和35年法律第123号)」に基づいて設けられています。
 平成20年に成立した法律改正が今般施行され、障害者雇用納付金の申告義
務がある事業主の規模が、従前は常時雇用している労働者が200人を超える
事業主でしたが、平成27年4月からは常時雇用している労働者が100人を
超える事業主とされました。

 この改正内容につきましては、以前から障害者雇用納付金制度事務説明会や
当機構ホームページで周知に努めてまいりましたが、改めてお知らせします。
 なお、実際の申告・納付につきましては、平成28年4月からとなりますの
で、対象事業主のみなさまはご留意ください。

 ◇障害者雇用納付金制度
 http://www.jeed.or.jp/disability/koyounoufu/about_noufu.html#sec01

 ◇障害者雇用納付金の申告・申請・納付などの詳細はこちらをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/disability/koyounoufu/about_procedure.html
 
 ◇平成27年4月からの改正制度についてはこちらをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/disability/koyounoufu/koyounoufu_seido.html

 ◇お問合せ先
 納付金部管理課(TEL:043-297-9650)


■□───────────────────────────────□■

    平成27年度障害者雇用職場改善好事例を募集しています!    

 当機構では、企業の障害者雇用および職場定着を進めるため、雇用管理や職
場環境などを改善・工夫し、働きやすい職場にするためにさまざまな取組みを
行った事例を全国の事業主のみなさまから募集し、優秀事例を表彰します。
 今年度は、精神障害者、発達障害者、高次脳機能障害者、難病患者の新規雇
用、職場定着に取り組んだ改善事例を募集します。
 応募期限は6月1日(月)です。みなさまからのご応募をお待ちしています!

 ◇応募の詳細および応募用紙はこちらをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/education/h27_kaizen.html

 ◇障害者雇用支援月間の取組み(表彰式・改善事例集)はこちらをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/disability/activity/support_month.html

 ◇お問合せ先
 雇用開発推進部雇用開発課(TEL:043-297-9515)


■□───────────────────────────────□■

      障害者の就労支援機器について学んでみませんか?      
        ~就労支援機器説明会を開催しています~        

 就労支援機器をご存じですか?
 就労支援機器は障害のある方の就労をサポートする機器です。例えば、文字
を拡大して読みやすくする機器、遠くにいる相手の声をキャッチし補聴器に声
を送信する機器、パソコンの画面情報を読み上げたり、マウス操作を補助する
機器など、障害の種類に応じたさまざまな機器があります。
 中央障害者雇用情報センター(東京都墨田区:ハローワーク墨田5階)では、
こうした就労支援機器を実際に操作できる状態で展示しており、こうした機器
の整備をお考えで障害のある方を雇用される企業のみなさまへ、就労支援機器
の貸出しを行っています。
 また、企業のみなさまや障害者の就労支援機関などのみなさまに就労支援機
器について学んでいただく機会として、月2回機器説明会を開催しています。

 平成27年度前半の開催日は以下のとおりです。
 5月13日(水)、5月27日(水)、6月10日(水)、
 6月24日(水)、7月8日(水)、7月22日(水)、8月5日(水)、
 8月19日(水)、9月2日(水)、9月16日(水)の
 15:00~16:30に開催予定。

 参加は無料ですので、ぜひ、お気軽にご参加ください!お待ちしています。

 ◇就労支援機器とは
 http://www.kiki.jeed.or.jp/

 ◇中央障害者雇用情報センター
 http://www.jeed.or.jp/disability/employer/employer05.html

 ◇就労支援機器説明会のごあんない
 http://www.jeed.or.jp/disability/employer/kiki_setsumeikai.html

 ◇事前登録が必要になりますので、こちらをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/disability/employer/kiki_setsumeikai.html#entry

 ◇お問合せ先
 雇用開発推進部雇用開発課(TEL:043-297-9514)


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               今月の特集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

               【特集】                
   国立吉備高原職業リハビリテーションセンターをご紹介します!   

 国が設置し当機構が運営している国立吉備高原職業リハビリテーションセン
ター(以下「吉備職リハセンター」)をご紹介します。

■□───────────────────────────────□■

      国立吉備高原職業リハビリテーションセンターとは      

 吉備職リハセンターは岡山県の中央部にある標高400m程の吉備高原の吉備
中央町にあり、旧労働省(現厚生労働省)により昭和62年に設置され、当機
構が運営しています。
 当センターでは障害者の職業リハビリテーションサービスの先駆的実施機関
として、入所された方々に対して、職業適性などを理解・把握していただくた
めの職業評価、就職に必要な技能・知識などを習得していただくための職業訓
練、就職活動に必要な情報提供や指導を行う職業指導など、個々の特性・能力
に応じた総合的な職業リハビリテーションサービスをきめ細やかに提供し、社
会で活躍する職業人を目指した人材育成に努めています。
 また、吉備職リハセンターに隣接し、独立行政法人労働者健康福祉機構が開
設している吉備高原医療リハビリテーションセンターでは医療的なケアを受け
ることができるため、さまざまな障害を持たれた入所生にとって安心して訓練
が受講できる環境となっています。

 設置当初は身体障害者の職業訓練を中心に行っていましたが、現在は、身体、
精神、発達、知的などの障害の種類を問わず、年間80人をこえる障害のある
方を毎年受け入れ、メカトロ系、ビジネス情報系、職域開発系の3つの系統で
7訓練科・11の訓練コースにより職業訓練を行っています。
 製造業の技能者や事務職として就職を目指す一般的なコースのほかに、視覚
障害のある方に特化したITビジネスコースや、高次脳機能障害、精神障害、
発達障害、知的障害のある方を対象にして、各障害の特徴に対応した専門的な
カリキュラム(※)を備えたコース(職域開発系)など、さまざまなコースを
用意しています。
 職業訓練を通して、訓練生は企業現場で求められる知識と技能を習得し、修
了者の9割以上がさまざまな企業に就職して社会人として活躍しています。ま
た、休職者の職場復帰訓練も行っています。

※ ○認知スキルトレーニング<CST>:高次脳機能障害者など認知機能の
   障害をもつ方を対象に、注意力低下などを補完する代償手段を獲得する
   ための支援
  ○社会生活技能訓練<SST>:職場におけるコミュニケーションスキル
   を獲得するための支援
  ○対人スキル・社会適応訓練<就労ゼミ> など

 ◇国立吉備高原職業リハビリテーションセンター
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/

 ◇職業評価
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/evaluaion/evaluaion.html

 ◇職業訓練
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/training/training.html

 ◇職業指導
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/jobguidance/jobguidance.html

 ◇メカトロ系
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/mechanical/mechanical.html

 ◇ビジネス情報系
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/systems/systems.html

 ◇職域開発系
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/department1/department1.html

 ◇ITビジネスコース
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/systems/systems.html

 ◇吉備高原医療リハビリテーションセンター
 http://www.kibirihah.rofuku.go.jp/


■□───────────────────────────────□■

      国立吉備高原職業リハビリテーションセンターの特長      

 吉備職リハセンターについて、特に知っていただきたい5つの特長をご紹介
します。


●特長1 技能訓練と一体となった職業適応指導●

 技能訓練の場で明らかになった職場のマナー・コミュニケーションなどの職
業生活上の課題については、専門のカウンセラーが職業適応指導として随時個
別に相談・指導します。


●特長2
  ハローワークと地域障害者職業センターと連携した就職・定着の支援●

 訓練生の出身地は西日本を中心に23府県に及びますが、出身地のハローワ
ークと連携し、9割の方が地元に就職しており、必要に応じて、地域障害者職
業センターのジョブコーチ支援が受けられます。

 ◇地域障害者職業センター
 http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/

 ◇ジョブコーチ支援
 http://www.jeed.or.jp/disability/person/person05.html


●特長3 個々の障害の特性などのきめ細やかな把握●

 ○職業評価(3週間)、または自分に合う職業訓練コースを決定するため複
  数のコースを体験する導入訓練(8週間)により、個々の能力・適性・希
  望・労働市場の状況を総合的に検討した上で訓練科を決定します。
 ○障害の特性・能力に対応した個別の職業訓練カリキュラムを作成します。
 ○職場で求められるコミュニケーション能力などを高めるための職業キャリ
  ア形成講座(職域開発系以外の受講者も受講できるビジネスマナーや電話
  対応などの訓練)などを用意しています。
 ○訓練中に就職先が内定した場合にはできるかぎり企業の仕事内容・使用機
  器などに合わせた訓練を行います。


●特長4 複数の応募機会●

 障害の種類ごとに1年間に合計9回の応募機会(職業評価)があります。

 ◇応募機会
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/schedule/schedule.html
 ※リンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

 ◇職業評価
 http://www.kibireha.jeed.or.jp/evaluaion/evaluaion.html


●特長5 厚生施設の充実、医療機関との連携●

 宿舎・食堂・集会所・グラウンド・体育館などの厚生施設が充実しており、
病院(吉備高原医療リハビリテーションセンター)が隣接しています。

 ◇吉備高原医療リハビリテーションセンター
 http://www.kibirihah.rofuku.go.jp/


■□───────────────────────────────□■

     社会で活躍する修了生からのメッセージをご紹介します!     


◆DNP(大日本印刷株式会社)でご活躍されている茂松 直人さん、
 中田 啓善(ひろよし)さんをご紹介します。
 http://www.dnp.co.jp/

 …─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─… 

 茂松 直人さん
 (メカトロニクス科[平成22年6月]修了。ハローワーク岡山の紹介で入社)

 <現在の業務内容>
  ・評価業務とデータまとめ・他社製品の分析
  ・社内システムの効率化、高機能化 など

 <吉備職リハセンターでの経験で役立っていること>
  現在の業務は、吉備職リハセンター在籍時とは分野が異なっていますが、
 ビジネスマナーやPC操作方法を学んだことはたいへん役立っています。

 <働くうえでの心構え・努力していること>
  ・「人にお願いするときなどは、電話・メールですまさず直接会いに行く」
   など、丁寧な対応をとる!
  ・挨拶は、顔を見て元気に行う!

 <職場の上司の方からのコメント>
  社会人となってからも常に学ぶということに変わりはありません。今の自
 分に満足することなく、職場で必要とされる人間に成長していきましょう!

 …─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─… 

 中田 啓善さん
 (電子機器科[平成23年4月]修了。ハローワーク松山の紹介で入社)

 <現在の業務内容>
  ・プリンターなどを使用した評価業務・安全衛生推進委員
  ・測定装置(電子顕微鏡ほか)を使用した分析

 <吉備職リハセンターでの経験で役立っていること>
  PCスキルです。吉備職リハセンターに入校するまではほとんど無知でし
 たが、いまはPCが欠かせない職場なので、学べたことに感謝しています。

 <働くうえでの心構え・努力していること>
  ストレスを溜め込まないこと!ストレスを溜めたまま仕事をしても、作業
 に身が入らず、作業効率の低減・不注意による思わぬ災害に繋がってしまい
 ます。休日にはできるだけ自分の趣味の時間を作り、身も心もリフレッシュ
 した状態で仕事に備えています!

 <職場の上司の方からのコメント>
  まずはいかに自分という存在をアピールするかによって、その後のワーク
 スタイルが良くなるか悪くなるかが決まってくると思います。
  自分のできることから頑張ってください。コツコツいけば、必ず大きな一
 歩になるでしょう!


■□───────────────────────────────□■

        社会で活躍する修了生の訓練から就職までを        
       上司の方からのコメントとともにご紹介します!       

◆パナソニック吉備株式会社でご活躍されている森峰かおりさんを
 ご紹介します。
 http://panasonic.co.jp/avc/pki/

 …─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…
 
 森峰かおりさんは、吉備職リハセンターでの職業訓練を平成25年9月に修
了し、パナソニック吉備株式会社で、翌月からのトライアル雇用を経て、平成
26年1月から正社員として働いています。配属先は製造グループです。
 森峰さんは、岡山県立岡山聾学校専攻科卒業後、理容師資格を活かしてヘア
ーサロンで働いていましたが、一身上の都合で退職。その後、ほかの部品工場
でゴムパッキン取り付け作業を経験し、吉備職リハセンターに入所しました。
吉備職リハセンターでは、電子機器科、電気・電子技術・CADコースでパソ
コンのワード、エクセルの基本的な操作方法、電子・電気分野の組立・検査、
電気理論、部品の知識、シーケンス図から制御回路の組立・検査作業などの訓
練を受けて、電気・電子系での就職を目指していました。
 森峰さんは「入社までは、コミュニケーションがうまく取れるか不安でした
が、少しずつ職場の人達からも声をかけられ、私自身も積極的にコミュニケー
ションを取るようにし、まわりの人達に聴覚障害者であることを理解してもら
うようにしました。また、細かい作業は得意な方なので、職場では楽しく仕事
をしています」と自信に満ちあふれ、意欲的です。


【職場の上司の方からのコメント】

 パナソニック吉備株式会社製造グループ製造3ユニットのリーダーを担当し
ている難波と申します。森峰かおりさんと同じ職場で働いています。
 弊社は、日本で初めての第三セクター方式による重度障害者多数雇用事業所、
そして、パナソニック株式会社の特例子会社です。取り扱っている商品は主に
家庭用・業務用デジタルビデオカメラやウェアラブルカメラのユニット組立か
ら、完成・包装までの一貫生産を行っています。また、その関連商品のユニッ
ト品やアクセサリーキットも生産しています。一方、最近では、ノンプロダク
ツ業務も一部導入し、RoHS(電気・電子機器における特定有害物質の使用・
制限についての欧州連合からの指令)の特定有害物質の含有率の測定・判定業
務やa―MRO(間接材)集中購買システムのオペレーション業務など製造以外
の分野でも多種多様に事業活動を行っています。
 森峰さん採用以前にも、2人の聴覚障害者が職場で活躍されていますので、
今回で3人目となります。森峰さんの主な仕事は、業務用デジタルビデオカメ
ラのLCD(液晶ディスプレイ)組立て性能検査です。現在は、自分の仕事だ
けでなく、ほかの作業工程の仕事も幅広くできるようになっています。また、
聴覚障害をお持ちのため、性能検査やビス打ちにはランプがつくように工夫し、
作業しやすい環境を整えています。作業中は、簡単な手話、口話、筆談、ジェ
スチャーなどで、お互い理解し納得してから、作業をしています。元気で明る
く、仕事に対しても積極的に働く姿は、健常者にも影響を与えるくらいです。
 今後は、吉備職リハセンターのみなさまや、聴覚障害者支援センターなどの
支援をいただきながら、業務の更なるスキルアップを目指してほしいと期待し
ています。
 吉備職リハセンターの職員の方には、採用に際してご協力をいただき心から
感謝申し上げます。ありがとうございました。


■□───────────────────────────────□■

     国立吉備職業リハビリテーションセンターからのお知らせ

◆オープンキャンパスの開催について

 入所を考えている障害のある方、ご家族、支援機関の方々に当センターの職
業訓練内容などについて理解を深めていただくため、オープンキャンパスを開
催します。内容は、「入所に関する説明」、「職業訓練場面の見学」、「職業
訓練の体験」などです。興味をお持ちの方はこの機会にぜひ当センターにお訪
ねください。多くの方々の積極的な参加をお待ちしています。なお、個別相談
の時間も設けています。

 ◇開催日:平成27年7月12日(日)
  ・午前の部:10:00~13:00
  ・午後の部:13:30~16:30

◆障害者採用準備セミナーの開催について

 障害者を雇用している事業主、障害者雇用をご検討中の事業主のみなさまを
対象に「職業訓練の成果の発表」、「事業主の方による雇用事例の紹介」など
によるセミナーを開催いたします。詳しい内容につきましては、ホームページ
などで改めてお知らせいたします。

 ◇開催日:平成27年11月17日(火)

 ◇お問合せ先
 国立吉備高原職業リハビリテーションセンター
 (TEL:0866-56-9000)


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              マイエリア情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 『マイエリア情報』は、みなさまの事業所所在地やお住まいの都道府県にあ
る当機構の施設のホームページへアクセスできるようになっています。
 http://www.jeed.or.jp/location/pref.html

1 上記のアドレスをクリックすると、日本地図が表示されます。

2 都道府県を選択し、表示された機構施設の一覧から、ご希望の施設をク
  リックすると、その施設のホームページのトップページにアクセスします。

3 その施設のトピックスや新着情報をご確認いただけます。

 ────────∞ 在職者訓練 受講企業募集中! ∞────────

従業員の人材育成、企業の技術基盤を強化する在職者訓練の受講企業募集中!
   お問合せは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!   
      http://www.jeed.or.jp/js/jigyonushi/d-1.html

 ─────────∞ 離職者訓練 受講生募集中! ∞────────

    86%を超える高い就職率!離職された方の再就職を支援する   
           離職者訓練の受講生募集中!           
   お問合せは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!   
       http://www.jeed.or.jp/js/kyushoku/ability/

 ───────────∞ 注目のトピックス ∞───────────

◆[障]青森
 「精神障害のある方への就活サポートセミナー」のお知らせ
 http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/aomori/pdf/aomori_seminar.pdf

◆[求]青森
 ポリテクカレッジ青森の学生グループのLED型信号機の着雪対策について
 の研究発表が東奥日報に掲載されました。(新聞掲載情報)
 http://www3.jeed.or.jp/aomori/college/page/sinbun/270305.pdf

◆[求]秋田
 ポリテクカレッジ秋田で実施する「能力開発セミナーガイド2015」(在
 職者訓練)を掲載しました。
 http://www3.jeed.or.jp/akita/college/support/data/seminarguide2015.pdf

◆[障]山形
 「職場復帰支援(リワーク支援)説明会」のお知らせ
 http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/yamagata/pdf/yamagata_rework.pdf

◆[求]茨城
 ポリテクセンター茨城で実施する「平成27年度能力開発セミナーコースガ
 イド」(在職者訓練)を掲載しました。
 http://www3.jeed.or.jp/ibaraki/poly/zaishoku/pdfs/H27_ibaraki_seminar_panf.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

◆[求]東京
 「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」を受けた
 方の感想を掲載しました。
 http://www3.jeed.or.jp/tokyo/center/voice/voice2014guideline1-4.html

◆[求]富山
 「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」のお知ら
 せ
 http://www3.jeed.or.jp/toyama/poly/kyu_shien/doc/2015toyama_guidelines.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

◆[障]京都
 「リワーク支援見学会(事業主様向け)」のお知らせ
 http://www.jeed.or.jp/location/chiiki/kyoto/pdf/kyoto_rework_kengaku.pdf
 ※URLが改行されてリンクが認識されない場合
 URLはクリックせず、文字列全体をURL欄に Copy & Paste してください。

◆[求]島根
 平成27年度サポート講習「精神障害・発達障害の特徴と対応について」
 (5月)のご案内
 http://www3.jeed.or.jp/shimane/poly/kyu_shien/doc/150514_leaflet.pdf

◆[求]福岡
 「九州ブロックポリテックビジョン2015」が開催されました。
 http://www3.jeed.or.jp/fukuoka/college/news/1161/

[高]・・・高年齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              機構の出版物
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 当機構が発行している出版物をご紹介します。今回ご紹介する定期刊行誌は
すべて当機構ホームページにおいて、デジタルブック版もしくはPDF版によ
りご覧いただけます。
 「エルダー」と「働く広場」は最新号のホームページ掲載をお知らせするメ
ール配信サービスも行っていますので、ぜひご利用ください。

 ◇メール配信サービスへの登録はこちら
 https://fofa.jp/jeed/a.p/118/


────────────∞ エルダー4月号 ∞─────────────

◆特集 高齢者雇用最前線

 当機構が、2013(平成25)年度から実施している「生涯現役をめざす
職場づくり研究」事業は、生涯現役を支援する企業と共同で、高年齢者が働き
やすい人事・賃金管理や能力開発などの制度を構築することで、高年齢者の雇
用の安定とその能力の有効活用などを目指しています。今号の特集では、この
事業にスポットを当て、高年齢者雇用推進の「最前線の取組み」として、その
成果をご紹介します。

◆◇『エルダー』
  4月号
  http://www.jeed.or.jp/elderly/data/elder/201504.html
  バックナンバー
  http://www.jeed.or.jp/elderly/data/elder/


────────────∞ 働く広場4月号 ∞─────────────

◆特集 障害者雇用入門2015

 障害者雇用において、雇用する事業主側は受け入れる準備をしっかりと整え
ることが必要です。障害者の障害特性や個性は一人ひとり大きく異なるため、
状況に合わせた最適な対応を考えていかなければなりません。今号の特集では、
障害者雇用の進め方について5つのステップ別に事例を含めてご紹介するとと
もに、地域障害者職業センターを活用して全国での障害者雇用を実現した事例
などをご紹介します。


◆◇『働く広場』
  4月号
  http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/201504.html
  バックナンバー
  http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/index.html
  「働く広場」では企業・団体からの広告を募集中です。
  http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/hiroba_advertise.html


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

────∞  平成27年度高年齢者雇用開発コンテストの事例を  ∞────
────∞       募集しています!(再掲)       ∞────

 当機構では、厚生労働省との共催により、高年齢者が働きやすい職場環境づ
くりの事例を募集し、優秀事例について表彰する「高年齢者雇用開発コンテス
ト」を実施しています。現在、平成27年度高年齢者雇用開発コンテストの事
例を募集中です。奮ってご応募ください!お待ちしています。

 ◇高年齢者雇用開発コンテスト
 http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/activity02.html

 ◇募集テーマ・応募方法などの詳細については下記URLをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/elderly/activity/festa/h27_koyo_boshu.html

 ◆応募期限◆ 平成27年5月15日(金)【当日消印有効】まで

 ◇お問合せ先
 雇用推進・研究部研究開発課(TEL:043-297-9527)


─────────∞  調達関係(入札等)情報  ∞───────────

 現在参加者を募集している調達関係(入札等)情報を、当機構ホームページ
に掲載しています。詳しい内容は下記URLをご覧ください。
 http://www.jeed.or.jp/jeed/information
 当機構は、国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関す
る法律(平成24年法律第50号)第6条の規定に基づき、「障害者就労施設
等からの物品等の調達の推進を図るための方針」を定めています。対象となる
物品役務の品目、調達先の分類は下記URLをご覧ください。 
 http://www.jeed.or.jp/jeed/information/download/h26_shien_jisseki.pdf

 ◇お問合せ先
 経理部契約第二課(TEL:043-213-6437、6438)


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               編集後記               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 新年度の初めには気温も下がり関東ではみぞれも降りましたが、5月に向け
暖かい日が多くなりました。これから迎える新緑の季節が楽しみですね。
 今号では、岡山県にある国立吉備高原職業リハビリテーションセンターにつ
いて、特集でご紹介しています。障害のある方が安心して職業訓練を受講でき
るよう、また、自信を持って就職活動を行っていただけるよう、サービスを提
供していますので、ぜひ、ご活用ください!

 今号も最後までお読みいただきありがとうございました。


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         メールマガジンへのご意見、ご感想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 ◇内容についてのご意見・ご感想は下記URLにアクセスしてください。
 https://fofa.jp/jeed/a.p/102/

 ◇配信の停止をご希望の方は、下記URLにアクセスしてください。
 https://fofa.jp/jeed/l.p/101/

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          当機構に対するご意見・ご要望
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 ◇当機構へのご意見・ご要望は、下記URLにアクセスしてください。
 http://www.jeed.or.jp/general/toiawase/

☆みなさまのお役に立てるメールマガジンを発行してまいりますので、
 これからもよろしくお願いいたします。
 また、まわりの方々にもお勧めいただけましたら幸いです。・・・☆

∞─────────────────────────────────∞

発行元:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構企画部情報公開広報課
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
     (高度職業能力開発促進センター内)
TEL:043-213-6215 FAX:043-213-6556
                            (禁無断転載)

∞─────────────────────────────────∞