htmlメール 平成29年9月29日

メールマガジン 第51号 平成29年9月29日

高障求メールマガジン 第51号

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちら

平成29年度イベント開催予定表

 みなさま、こんにちは。
 10月は、「高年齢者雇用支援月間」です。今号では、期間中に当機構が開催するイベントなどを中心にご紹介します。
 ぜひご一読ください!

今月の特集 [高] ~いきいきと働ける社会の実現を目ざして~
毎年10月は「高年齢者雇用支援月間」です
注目のトピックス [障] 「働く広場」公開座談会のご案内
[求] 「アグリビジネス創出フェア2017」に出展します!
刊行物Web版の紹介 [高] 生涯現役を実現した企業の取組みをご紹介
「エルダー活躍先進事例集(2016年版)」のご案内
マイエリア情報  ◇ 当機構の各地域の最新情報をご案内します
機構の出版物 [高] エルダー9月号
[障] 働く広場9月号
お知らせ  ◇ 調達関係(入札等)情報
関連情報  ◇ 中央職業能力開発協会
・キャリア形成支援ツール「CADS&CADI」(キャッズ&キャディ)を使った従業員のためのキャリア形成支援セミナーのご案内

・キャリア・シフトチェンジのためのワークショップ
インストラクター養成研修のご案内

[高]高年齢者雇用支援関係記事
[障]障害者雇用支援関係記事
[求]求職者などに対する職業能力開発関係記事
[共]各業務に共通して関係する記事
今月の特集
~いきいきと働ける社会の実現を目ざして~
毎年10月は「高年齢者雇用支援月間」です

 少子高齢化が進み、超高齢社会に突入した日本では、健康で意欲と能力のあるかぎり年齢にかかわりなく働ける社会の実現を目ざしていくことが必要になります。そのため、企業も個人もこれまでの考え方や働き方にとらわれず、多様な取組みを行っていくことが重要になってきています。
 当機構では、毎年10月を「高年齢者雇用支援月間」と定め、高年齢者雇用への関心と理解を一層深めるため、厚生労働省などと連携してさまざまな啓発活動を行っています。
 今号では、この月間中に開催するイベントをご紹介します。一人でも多くの方に高年齢者雇用に関心をもっていただき、それぞれの立場で考えるきっかけにしていただければ幸いです。

1.「高年齢者雇用開発フォーラム」を開催します
  (参加者募集中!入場無料)

高年齢者雇用開発フォーラムのご案内

 10月4日(水)、イイノホール(東京都千代田区)において、当機構と厚生労働省の共催により「高年齢者雇用開発フォーラム」を開催します。
 午前は、「高年齢者雇用開発コンテスト」(※)の表彰式を行います。
 また、午後は「人事管理の基本が鍵 ~高齢社員の活躍支援に特別な取り組みは不要~」と題し、中央大学大学院 戦略経営研究科 教授 佐藤博樹氏による記念講演、コンテスト入賞企業3社による創意工夫・改善事例の発表、佐藤教授を交えたトークセッションを実施し、年齢にかかわりなく働き続けることができる社会の実現のために、どのように高年齢者雇用に取り組めばよいかを来場者のみなさまと一緒に考えたいと思います。
 お申込み方法などの詳細はこちらをご覧ください。
【参加申込締切 平成29年10月2日(月) ※締切を過ぎて参加を希望される場合は下記までお問合せください。】

【※高年齢者雇用開発コンテストとは】
 当機構では、厚生労働省との共催により「高年齢者が働きやすい職場環境にするために企業などが行った創意工夫の事例」を全国から募集し、優秀事例について表彰を行う「高年齢者雇用開発コンテスト」を実施しています。このコンテストは、高年齢者がいきいきと働くことのできる職場づくりの実践事例やアイデアを普及することで、高年齢者雇用の重要性について広く社会の理解促進を図ることを目的に毎年実施しているものです。
 今年度の入賞企業と一部の企業の取組み内容は、上記の「高年齢者雇用開発フォーラム」で発表するとともに、高齢者雇用の啓発誌「エルダー」10月号と11月号でご紹介します。また、過去の優秀事例は、こちらからご覧いただけます。さらに、人事・雇用管理、賃金・退職金・年金、労働時間などの「改善分野」や「業種」、「事業所規模」、「都道府県別」などで事例の検索が可能な「高年齢者雇用開発コンテスト企業事例情報提供システム」もありますのでご活用ください。

◇お問合せ先
雇用推進・研究部研究開発課(TEL:043-297-9527)

2.まもなく開催!「地域ワークショップ」
  (参加者募集中! 入場無料)

 高齢者雇用にご関心のある事業主や人事担当者のみなさま!
 高年齢者雇用支援月間の行事として、全国で「地域ワークショップ」を実施します。これは事業主や企業で人事・労務を担当されている方などに、高齢者に戦力として、いきいきと働いていただくための情報を提供するイベントで、当機構の各都道府県支部が中心となり開催します。主に高齢者雇用に先進的に取り組む企業の事例紹介や専門家による講演、ディスカッション、参加者による意見交換などが行われます。
 10~11月に順次各都道府県で開催されます。ご関心のある方は、こちらをご覧ください。日時と場所を掲載しています。
 申込みの受付けや開催内容の問合せは都道府県支部(高齢・障害者業務課)までお願いします。すでに定員に達している地域もありますので、参加ご希望の支部にお問い合わせください。

3.「日経ビジネス(9月25日号)」誌に高年齢者雇用の先進事例が掲載されました!

 「日経ビジネス」(日経BP社)の 9月25日号に「ビジネスの躍進は高齢者が支える」と題して、高齢者雇用の先進的な企業事例(社会福祉法人みのり村)と有識者の解説からなる記事を掲載しています。
 事例企業においては柔軟な勤務形態を導入し、高齢職員の多様な働き方を後押しすることにより、企業の成長のにない手として高齢者を戦力化しています。
 多くの企業では、「高い技術や経験を有する高年齢労働者をいかに戦力化するか」が大きな課題となっています。個々の高齢職員がもつ多様なニーズへの対応、定年後の不安の解消策など、働きやすい職場づくりに向けて改革し続ける事例企業の取組みは他社でも参考となるものです。
 記事の詳細は「日経ビジネスオンラインSpecial」(Web版)にも掲載していますので、こちらもあわせてぜひご覧ください。

◇3.についてのお問合せ先
企画部情報公開広報課(TEL:043-213-6215)

4.年間を通して実施している事業をご紹介します!

(1)高年齢者雇用に取り組まれる企業の方へ
 当機構では、高年齢者雇用を進めようとする企業が取り組まなくてはならないさまざまな条件整備(賃金・退職金制度を含む人事管理制度の見直し、職業能力の開発および向上、職域開発・職場改善など)を支援するため、高年齢者雇用問題に精通した経営コンサルタント、中小企業診断士、社会保険労務士など専門的・実務的能力を有する人材を高年齢者雇用アドバイザーとして全国に配置しています。
 高年齢者雇用アドバイザーが企業を訪問し、高齢者の雇用管理に関する課題の発見・整理や問題解決のための手順・方法などに関して、具体的かつ実践的な相談・助言を行います。相談・助言は無料ですので、ぜひご活用ください(有料の企画立案サービス就業意識向上研修サービスもあります)。
お問合せは、お近くの都道府県支部(高齢・障害者業務課)へ。

(2)65歳超雇用推進助成金のご紹介!
 当機構では、高年齢者が意欲と能力があるかぎり年齢にかかわりなくいきいきと働ける社会を構築するために、高年齢者の雇用に取り組む事業主の方を助成しています。
 なお、制度の詳細についてはホームページをご確認いただくか、お近くの都道府県支部(高齢・障害者業務課)までご連絡くださいますようお願いします。  

コース名 支給対象事業主
65歳超継続雇用促進コース ・次のいずれかの措置を実施した事業主の方
①旧定年年齢を上回る65歳以上への定年の引上げ
②定年の定めの廃止
③旧定年年齢及び継続雇用年齢を上回る希望者全員を対象とする66歳以上の継続雇用制度の導入
高年齢者雇用環境整備支援コース ・次のいずれかの高年齢者の雇用環境整備措置を実施した事業主の方
①機械設備、作業方法、作業環境の導入・改善による既存の職場・職務における高年齢者の雇用機会の増大
②高年齢者の雇用の機会を増大するための雇用管理制度の導入・見直し及び高年齢者に対する健康管理制度の導入
高年齢者無期雇用転換コース ・50歳以上かつ定年年齢未満の有期契約労働者を無期雇用労働者に転換した事業主の方

 

注目のトピックス
[障]「働く広場」公開座談会のご案内
昨年度の公開座談会の様子

昨年度の公開座談会の様子

 当機構では、「障害者週間連続セミナー」(内閣府主催)において、「『働く広場』公開座談会」を毎年実施しています。昨年度は「発達障害者の雇用の促進をするために~安定して働き続けるために一人ひとりができること~」をテーマに、「職場定着」に焦点をあてて企業における職務の切出しや定着支援の工夫、発達障害当事者からどのような配慮があれば働き続けられるかを発表していただき、参加者のみなさまからも大変好評をいただきました。
 今年度は「精神障害者雇用は今!~事例から考える精神障害者の職場定着~」と題し、12月7日(木)、有楽町朝日スクエア(東京都千代田区)で開催予定です。詳しい内容およびお申込みについては、次号のメールマガジンでご紹介します。どうぞ楽しみにお待ちください。

◇お問合せ先
企画部情報公開広報課(TEL:043-213-6200)  

 

[求]「アグリビジネス創出フェア2017」に出展します!

 農林水産省が主催する農林水産・食品分野の最新技術の展示交流会「アグリビジネス創出フェア2017」が10月4日(水)~6日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます。
 ポリテクカレッジは、これまで長年にわたりつちかってきた「ものづくり力」、「人材育成ノウハウ」などを広く社会に周知するため、産業界との連携による技術支援の研究成果物(8校8作品)を出展します。
 また、研究・技術プレゼンテーションにおいて、中国職業能力開発大学校の小柳雅幸准教授が「キクラゲ用オガクズ充填装置の開発による生産性向上の取り組み」について発表します。
 ポリテクカレッジの出展ブースへの、みなさまのご来場をお待ちしております。
 詳しくはこちらをご覧ください。

◇お問合せ先
公共職業訓練部大学校課(TEL:043-213-7303)

 

刊行物Web版の紹介
[高] 生涯現役を実現した企業の取組みをご紹介
「エルダー活躍先進事例集(2016年版)」のご案内

 一億総活躍プラン、働き方改革実行計画が策定され、高齢者雇用に注目が集まっています。みなさまは、他社での定年制や高齢従業員の処遇、高齢者雇用のための改善内容の実態などにご関心をお持ちではありませんか?
 「エルダー活躍先進事例集」では、「定年がない」、「実際に70歳超の従業員が活躍している」など、年齢にかかわりなくいきいき働ける職場の先進事例を選定し、1事例4ページで紹介しています。
 本事例集は定年・継続雇用制度や各種改善や工夫などの6つのポイントに加え、従業員・経営者などのメッセージや職場改善などの写真を掲載しています。
 当機構のホームページで公開していますので、ぜひご活用ください。また、印刷物をご希望の方は、下記のお問合せ先までご連絡ください。無料でお送りします。

「エルダー活躍先進事例集 ~高齢従業員の特色を活かし、戦力化を図る~」

◆イメージ(1事例4ページ、フルカラー)
イメージ(1事例4ページ、フルカラー)  【掲載されている改善や工夫を一部ご紹介します】
・豊富な技能、知識、経験を持つ高齢従業員による、「モノづくり研修」を定期的に実施し、次世代のリーダー、管理者候補者育成につなげている。(石川県、職業紹介・労働者派遣業)
・8種類の多種勤務時間帯を導入し、フルタイム勤務に不安を抱える高齢従業員にも本人の就業希望や体力にあわせた勤務が可能となった。(奈良県、プラスチックフィルム加工)

 業種や地域などが異なるさまざまな事例が掲載されているので、自社の現状に合わせた先進事例を見つけることが可能です。
 「エルダー活躍先進事例集」を活用して、高齢者が働きやすい職場づくりの第一歩をふみ出してみませんか!

◇お問合せ先
 雇用推進・研究部研究開発課(TEL:043-297-9527)

 

マイエリア情報





『マイエリア情報』は、みなさまの事業所
所在地やお住まいの都道府県にある
当機構の施設のホームページへ
アクセスできるようになっています。
左の日本地図をクリックしてください。

ハロートレーニング ~急がば学べ~ ※

◇離職者訓練 受講生募集中!
 86%を超える高い就職率! 離職された方の再就職を支援する離職者訓練の受講生募集中!お問合せは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!

◇在職者訓練 受講企業募集中!
 従業員の人材育成、企業の技術基盤を強化する在職者訓練の受講企業募集中!お問合せは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!

◇ポリテクカレッジ オープンキャンパス開催中!
 就職率ほぼ100%!少人数制の授業、充実した実験・実習設備がそろったポリテクカレッジでものづくりのプロを目ざしませんか?お問合せは全国のポリテクカレッジへ!

 

  • 「ハロートレーニング~急がば学べ~」とは
    新たなスキルアップにチャレンジするすべてのみなさんをサポートする
    「公的職業訓練」の愛称とキャッチフレーズです。


☆こちらでは、全国で実施されるアビリンピックや講習会などをまとめてご紹介しています。タイトルは、各地の日程をご案内したページにリンクしています。

◇平成29年度地方アビリンピック開催のご案内
 都道府県における障害者の技能競技大会(地方アビリンピック)について、ご案内します。

◇就業支援実践研修のご案内
 労働、福祉、医療・保健、教育などの機関において障害のある人たちの就業支援を担当している方を対象として、障害別の就業支援に関する実践力を修得していただくための「就業支援実践研修」を全国12エリアで開催しています。

◇民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修のご案内
 当機構では、民間教育訓練機関が実施する職業訓練サービスの質の保証および向上を図るため、全国のポリテクセンターなどで「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」を開催しています。


  • こちらのコーナーでは都道府県支部の各施設で行われる研修など【都道府県支部情報】と全国規模で事業展開を行っている施設の研修など【広域施設情報】に分けてご案内しています。

[高]・・・高年齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事
[共]・・・各業務に共通して関係する記事

【都道府県支部情報】
[求] 岩手 ポリテクセンター岩手「ポリテク通信」を発行しました
[求] 福島 ポリテクセンターいわき「親子ものづくり体験教室」のご案内
[障] 茨城 茨城障害者職業センター「障害者雇用に関するセミナー」のご案内
[求] 千葉 ポリテクカレッジ成田「全日本製造業コマ大戦」で優勝しました
[求] 石川 ポリテクカレッジ石川 「WRO Japan2017 アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ」に参加し、3位に入賞しました
[高] 長野 「第6回信州エルダーフォーラムIN長野」高齢者雇用セミナー開催のお知らせ
[障] 長野 長野障害者職業センター 「リワーク支援(精神障害者職場復帰支援) 平成29年度下半期説明会」のご案内
[高] 岐阜 平成29年度「65歳超雇用推進助成金説明会」のご案内
[求] 静岡 ポリテクセンター静岡 フリーマガジン「すろ~かる」掲載のご案内
[求] 静岡 ポリテクカレッジ浜松 「ものづくりフェスタ2017inしずおか」に出展しました
[求] 滋賀 ポリテクカレッジ滋賀 「オープンキャンパス」のご案内
[求] 大阪 近畿ポリテクカレッジ 「ウガンダ国別研修」を実施しました
[求] 大阪 近畿ポリテクカレッジ 「フィリピン労働省一行の来訪」について
[求] 兵庫 県内3施設(ポリテクセンター兵庫、ポリテクセンター加古川、ポリテクカレッジ神戸港)「在職者訓練コースガイド後期版」のご案内
[求] 鳥取 ポリテクセンター鳥取「施設見学会」のお知らせ
[求] 島根 ポリテクカレッジ島根「第12回若年者ものづくり競技大会」において、2名が入賞しました
[高] 広島 「65歳超雇用推進助成金説明会」のご案内
[求] 徳島 「求職者支援訓練実施機関向けサポート講習」のご案内
[障] 香川 「平成29年度障害者職業生活相談員資格認定講習」のご案内
[障] 愛媛 「平成29年度障害者職業生活相談員資格認定講習」のご案内
[高] 高知 「助成金活用のコツ教えます~高齢者雇用のために~」開催のご案内
[障] 高知 「平成29年度障害者職業生活相談員資格認定講習」のご案内
[求] 福岡 「第12回若年者ものづくり競技大会」で九州能開大の学生が 上位入賞を果たしました
[求] 熊本 「求職者支援訓練サポート講習」のご案内
 
【広域施設情報】
[障] 埼玉 国立職業リハビリテーションセンター 「オープンキャンパス」を開催しました
[障] 岡山 国立吉備高原職業リハビリテーションセンター 「平成29年度吉備職リハ身体障害者向けオープンキャンパス」のご案内
[求] 東京 職業能力開発総合大学校 「職業大フォーラム2017」開催のご案内
[求] 東京 職業能力開発総合大学校 「技能と技術2017年3号」 のご案内
 
機構の出版物

 当機構が発行している出版物をご紹介します。今回ご紹介する定期刊行誌はすべて当機構ホームページにおいて、デジタルブック版、PDF版などでご覧いただけます。
 「エルダー」と「働く広場」は最新号のホームページ掲載をお知らせするメール配信サービスも行っていますので、ぜひご利用ください。



[高] エルダー9月号

エルダー8月号

特集 シニア社員がイキイキするマネジメント
 バブル期入社世代が50代を迎えるなど、シニア社員が企業内に占める割合がますます高くなっています。しかし、定年が近づくにつれて、処遇の変化などからモチベーションが下がってしまう方もいるのではないでしょうか。今号では、こうした社員に元気に働いてもらうための取組みとして、モチベーション低下のタイプ別の対応方法や、モチベーション維持・向上のための表彰制度の活用を取り上げたほか、実際に効果をあげている企業の事例を紹介します。職場を活性化させるヒントとして、ご活用ください。

 ◇エルダー9月号を読む
 ◇バックナンバーを読む



[障] 働く広場9月号

働く広場8月号

 「編集委員が行く」では、在宅起業・就労への挑戦をめざす、新たな障害者支援の取組みを取材しました。「職場ルポ」では、株式会社ウィゴーの特例子会社である株式会社ウェルメットを訪問。地域の特別支援学校と連携、実習を行ったうえで、障害者の特性を活かせる仕事を切り出し障害者雇用を拡大する現場を取材しました。「グラビア」では、全国から2,000点以上の応募があった障害者雇用支援月間ポスター原画のなかから、入賞した72点をご紹介します。

 ◇働く広場9月号を読む
 ◇バックナンバーを読む
 ◇「働く広場」では企業・団体からの広告を募集中です。

お知らせ

調達関係(入札等)情報 現在、参加者を募集している調達関係(入札等)情報を、当機構ホームページに掲載しています。詳しい内容はこちらをご覧ください。
 当機構は、「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律」(平成24年法律第50号)第6条の規定に基づき、「障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針」を定めています。

◇お問合せ先
経理部契約第二課(TEL:043-213-6437/6438)

関連情報
中央職業能力開発協会

 「キャリア面談で何を話せばよいかわからない・・・」
 「人材育成って何から始めればいいの?」
といった悩みを抱えている人事ご担当者は少なくありません。
 このセミナーでは、従業員のキャリア形成支援の必要性を考えるとともに、「CADS&CADI」を効果的に使ったキャリア面談の方法などを、ロールプレイを交えて学びます。(全6回開催予定 第1回、第2回は終了しました)
◆開催日
 ・第3回(東京開催)10月19日(木)飯田橋レインボービル
 ・第4回(愛知開催)11月10日(金)AP名古屋.名駅
 ・第5回(大阪開催) 1月19日(金)エルおおさか
 ・第6回(東京開催) 2月 9日(金)飯田橋レインボービル
 ▽好評受付中! お申込み・詳細はこちら をご覧ください。

◇お問合せ先
中央職業能力開発協会(JAVADA)
キャリア形成促進室 キャリア形成基盤支援課 企画係
TEL:03-6758-2895

 
中央職業能力開発協会

 シニア世代になっても活き活き働き続けるために必要な能力(プラットフォーム能力)を理解し、ミドル世代からの取組みをうながす「キャリア・シフトチェンジのためのワークショップ」を実施するインストラクター養成研修を開催します。(全4回開催予定 第1回、第2回は終了しました)
 ◆開催日
 ・第3回(東京開催)11月30日(木)~12月 1日(金)AP西新宿
 ・第4回(東京開催) 1月25日(木)~ 1月26日(金)飯田橋レインボービル
  ▽好評受付中! お申込み・詳細は こちら をご覧ください。

◇お問合せ先
中央職業能力開発協会(JAVADA)
キャリア形成促進室 キャリア形成基盤支援課 企画係
TEL:03-6758-2895

 

 ◇編集後記
 いよいよ10月。秋が深まる季節となります。10月といえば運動会が頭に浮かぶのですが、最近は春にやることも多いですね。みなさまは10月や秋と聞いて何を思い浮かべますか。食欲の秋、読書の秋、芸術の秋・・・。栗ごはんの秋。
 楽しいイベントも盛りだくさんである一方、寒暖差も大きく風邪を引きやすい季節です。気をつけましょう。

第52号は10月31日(火)配信予定です。
メールマガジンのバックナンバーはこちら


ご意見・ご感想ページへ
機構業務の改善に関するご意見・ご提案へ

 登録情報・パスワードの変更はこちら
 配信停止はこちら

配信システムの変更に伴い、平成29年4月2日以前にご登録いただいた読者のみなさまの「登録情報・パスワード変更」や「配信停止」のお手続きにはパスワードの再設定が必要です。



発行元:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構企画部情報公開広報課
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
TEL 043-213-6215 FAX 043-213-6556
(禁無断転載)

高齢者の雇用支援 障害者の雇用支援 職業能力開発の支援