htmlメール 平成29年10月31日

メールマガジン 第52号 平成29年10月31日

高障求メールマガジン 第52号

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちら

平成29年度イベント開催予定表

 みなさま、こんにちは。みなさまは「ポリテクカレッジ」をご存知ですか?
 今号では、当機構が全国に展開する「ポリテクカレッジ」の愛称で知られる職業能力開発大学校(附属校含む)、職業能力開発短期大学校をご紹介します。
 実践技能者や生産管理部門などのリーダーを育成するほか、技術革新に対応する高度な人材育成や共同研究などを通じて地域社会に貢献する「ポリテクカレッジ」の姿をぜひご一読ください!

今月の特集 [求] ポリテクカレッジの特色と修了生の活躍状況をご紹介します!
注目のトピックス [共] メールマガジンアンケート実施のお知らせ
~みなさまからのご意見をお待ちしています!~
[求] 牧原秀樹厚生労働副大臣、ポリテクセンター関東を視察!ハロートレーニングを体験!!
[障] 「第25回職業リハビリテーション研究・実践発表会」開催のご案内
[障] 「働く広場」公開座談会のご案内 参加者募集中!
[障] 就業支援スキル向上研修のご案内
[障] ご活用ください!障害者の職業訓練実践マニュアル
刊行物Web版の紹介 [高] 高齢者雇用啓発誌「エルダー」のご案内
マイエリア情報  ◇ 当機構の各地域の最新情報をご案内します
機構の出版物 [高] エルダー10月号
[障] 働く広場10月号
お知らせ  ◇ 調達関係(入札等)情報
関連情報  ◇ 中央職業能力開発協会
「キャリア・シフトチェンジのためのワークショップ」のご案内

[高]高年齢者雇用支援関係記事
[障]障害者雇用支援関係記事
[求]求職者などに対する職業能力開発関係記事
[共]各業務に共通して関係する記事
今月の特集
ポリテクカレッジの特色と修了生の活躍状況をご紹介します!

ポリテクカレッジは「高度なものづくりを支える人材」を育成しています

 ポリテクカレッジとは、当機構が設置・運営する職業能力開発大学校、附属職業能力開発短期大学校および職業能力開発短期大学校 の愛称です。
 ポリテクカレッジでは、技術革新に対応できる高度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技能者(テクニシャン・エンジニア)の育成を目的とした専門課程(2年制) 、さらに、産業界や地域のニーズに応じて、新製品の開発、生産工程の構築などに対応できる将来の生産技術・生産管理部門のリーダーを育成することを目的とした応用課程(2年制) を設け、多くの人材を産業界に送り出しています。

施     設設置している課程
職業能力開発大学校 専門課程(2年間)

応用課程(2年間)
附属職業能力開発短期大学校
職業能力開発短期大学校
専門課程(2年間)

ポリテクカレッジの特色

〇実験・実習を重視したカリキュラムによる高度な知識と技能を備えた実践技能者の養成

実験・実習を多く取入れ、職業に直結した技能・技術を習得した、企業が求める人材を育成しています。実験・実習の時間は4年間(専門課程・応用課程)を通じて約3,600時間と、国立大学の約2倍となっています。

実験・実習時間の比較

〇ものづくり現場に即した訓練環境で、徹底した少人数制による教育訓練

最新の機器を導入した、生産現場に密着した訓練環境において、徹底した少人数制(1訓練科20名程度)による教育訓練を実施しています。

〇産業界との共同研究などによる地域社会への貢献

地域産業の抱える技術開発などの課題に対し、産業界との共同研究または受託研究により、広く地域社会に開かれた施設として、地域社会に貢献しています。

ここでは、受託・共同研究による成果物の事例をご紹介します。

  • 「にんにくの玉割装置及び仕分け装置の研究開発」(四国ポリテクカレッジ)
玉割装置

玉割装置

仕分け装置

仕分け装置

にんにくの玉割作業

にんにくの玉割作業

装置により玉割されたにんにく

装置により玉割されたにんにく

にんにくの仕分け作業

にんにくの仕分け作業

大量投入されたにんにくを一定間隔で排出

大量投入されたにんにくを
一定間隔で排出

リンゴの褐変判別システムの研究開発

  • ジェットエンジン用インペラディスクの切削加工(北海道ポリテクカレッジ)
ジェットエンジン用インペラディスクの切削加工 ジェットエンジン用インペラディスクの切削加工

※インペラディスク:エンジン部に圧縮空気を送りこみ燃焼効果をあげるもの。

ほぼ100%の就職率!ポリテクカレッジ修了生の就職

地域産業界と連携し、地域の人材ニーズに対応した教育訓練を行うとともに、ジョブ・カードを活用したキャリアコンサルティングの実施、企業委託実習(インターンシップ)の実施、企業合同説明会や企業見学会の開催などを通じて、毎年ほぼ100%の就職実績となっています。

修了生を採用した企業の方から高い評価をいただいています!

ポリテクカレッジで習得した技能・技術に対し、企業の方から下記のような高い評価をいただいています。

修了生に対する企業の評価

多くの修了生が企業で活躍しています!

株式会社三立ロール製作所 様(宮城県栗原市)

創業60年ほどの金属圧延ロールの孔型を加工する企業で、全国の鉄鋼メーカーと取引きを行っています。
 これまで、東北ポリテクカレッジから4人の修了生を採用いただいています。

修了生の声

池田さん

池田さん

東北ポリテクカレッジ 生産機械システム技術科修了

池田 恵亮さん

現在、圧延用ロールの節切り加工を主に担当していますが、顧客満足の向上や、加工方法の改善・効率化を考えながら加工を行っています。 将来は、工場の主力となるすべての機械の扱い方を習得し、どんな状況においても対応できる加工技術者を目指しています。

企業の方の声

会田 様

会田 様

常務取締役 会田 英之様

入社3年目ですが、節切り加工担当者として、重要な仕事を任せられるまでに成長してくれました。さまざまな機械のオペレーションを経験しつつ、マルチタスクをこなせる人材として、今後の一層の活躍を期待しています。

株式会社沖縄計測 様(沖縄県沖縄市)

昭和51年に磁気探査(不発弾探査)を中心とした土木調査を専業として創業し、現在はリサイクル事業、アグリ事業3事業を展開しています。
 これまでに、沖縄ポリテクカレッジから3人の修了生を採用いただいています。

修了生の声

金城 さん

金城 さん

沖縄ポリテクカレッジ 電子情報技術科

金城 豊さん

現在は磁気探査(不発弾探査)や測量業務に従事し、最近ではドローンを使用した測量の3Dデータ図面作成業務の立上げも行っています。従来業務だけでなく、ドローンを利用した測量業務など、新たな企画へのチャレンジにも積極的な社風なのでとてもやりがいを感じています。

企業の方の声

砂川 様

砂川 様

取締役 土木調査事業部長 砂川 雅博様

ポリテクカレッジで専門技術だけなく、挨拶や電話応対など社会人としての基本マナーも身につけているので、お客さまとの対応も安心してまかせることができます。


ポリテクカレッジでは事業主団体および事業主の方々への支援も行っています

 ポリテクカレッジでは、事業主団体および事業主の方々が行う人材育成を総合的に支援するため、平成29年度から「生産性向上人材育成支援センター」を開設し、在職者を対象としたセミナーの実施や、生産性向上支援訓練のご案内、人材開発支援助成金の活用支援といった企業の人材育成に関して幅広い支援を行っています。

 また、事業主の推薦により従業員の方がポリテクカレッジに入校し、専門課程・応用課程の訓練を受講いただく事業主推薦制度を設け、中小企業などの人材育成の支援を行っています。
 従業員の方のスキルアップに、当制度をご活用ください。

ポリテクカレッジ修了者の採用をお考えのみなさまへ

 ポリテクカレッジの学生は、実践的なカリキュラムでつちかった日ごろの研鑽の成果を、技能五輪全国大会や若年者ものづくり競技大会などで発揮しています。

 ポリテクカレッジ修了生の採用をお考えの事業主の方は、ぜひお近くのポリテクカレッジのホームページをご覧いただき、お問い合わせください。

◇お問合せ先
公共職業訓練部大学校課(TEL:043-213-7279)

 

注目のトピックス
メールマガジンアンケート実施のお知らせ~みなさまからのご意見をお待ちしています!~

 日ごろから、当機構メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございます。
 当機構メールマガジンでは、機構の実施する業務やサービスのご紹介など、さまざまな情報を提供しています。これからも、よりよい情報をお届けできるように、アンケートを実施いたします。
 みなさまからの「こんな情報がほしい」、「あんな企画をしてほしい」などのご意見をお待ちしています! ぜひ、ご協力をお願いします!!

 ○アンケート回答方法
   読者アンケート回答フォームからご回答ください。
 ○アンケート実施期間
   平成29年10月31日(火)~平成29年12月10日(日)

 

牧原秀樹厚生労働副大臣、ポリテクセンター関東を視察!ハロートレーニングを体験!!

 9月21日(木)、牧原秀樹厚生労働副大臣が職業訓練の現場であるポリテクセンター関東(神奈川県横浜市)を視察されました。
 最初に、ものづくり企業の製造現場と同様の設備や工作機械などが整備された各実習場を見学されました。
 副大臣は、各実習場において、電気設備建築CAD・住環境機械CADなど各訓練コースの内容について、センター所長の説明を興味深くお聞きになるとともに、電気設備コースおよび機械CADコースでは、受講生に対して職業訓練を受講したきっかけや感想などを質問されていました。
 また、「ハロートレーニング(公的職業訓練の愛称)」で実際に使用する汎用旋盤(金属を削って円柱状などに加工する工作機械)を使って、職業訓練指導員の指導のもと、「ステンレス鋼のオブジェ」を制作されました。
 視察後、副大臣からは、「リーマンショックの際、派遣社員は手に職がないのが一番の不幸だという話を聞いていたので、職業訓練が極めて重要だという認識はあったが、初めて職業訓練の現場を見ることができて、非常に参考になった。また、職業訓練のレベルの高さに驚かされたし、受講生の前向きな姿勢にエネルギーを感じた。引続き、職業訓練の素晴らしさをアピールしていきたい」とのお話をいただきました。

ハロートレーニング体験

ハロートレーニング体験

実習場の見学

実習場の見学

受講生への質問

受講生への質問

◇お問合せ先
求職者支援訓練部訓練企画課(TEL:043-213-7062)  

 

[障]第25回職業リハビリテーション研究・実践発表会を以下のとおり開催いたします。

 第25回職業リハビリテーション研究・実践発表会を以下の通り開催します。

▽日時:平成29年11月 9日(木)13時00分~16時40分
                          11月10日(金) 9時30分~16時50分

※9日は、発表会の前の10時30分~12時00分に、基礎講座などを実施します。

▽会場:東京ビッグサイト会議棟(東京都江東区有明3-11-1)
     ~国際会議場・レセプションホール・各会議室~

<11月9日(木)>
【特別講演】
「ひとりひとりの輝きのために~地域と連携しながら誰もが働きやすい職場づくりを目指して~」(株式会社エヌ・エフ・ユー 酒井 和希氏)
【パネルディスカッションI】
「精神障害者の継続雇用のために」

<11月10日(金)>
 ○口頭発表:18分科会
 ○ポスター発表:34題
【パネルディスカッションII】
「障害者雇用の現場で実践する合理的配慮」

 定員に達していない分科会などに当日参加いただくことも可能ですので、直接会場までお越しください。(詳しくは研究部門ホームページをご確認ください)

[障]「働く広場」公開座談会のご案内 参加者募集中!
昨年度の公開座談会

昨年度の公開座談会

 当機構では、障害者週間「連続セミナー」(内閣府主催)において「『働く広場』公開座談会」を毎年実施しています(昨年度の記事はこちら)。
 今年度は「精神障害者雇用は今!~事例から考える精神障害者の職場定着~」をテーマに、12月7日(木)、東京都千代田区の有楽町朝日スクエアで開催予定です(詳細はこちら)。
 今回の公開座談会では、精神障害者の「職場定着」に焦点を当て、企業側から定着に向けた課題(健康管理面、コミュニケーション面、職務遂行面など)への対応などの具体的事例、障害当事者から働き続けるための工夫、支援機関や医療機関との連携方法などを発表してもらい、その事例を通じて精神障害者雇用の促進の方策を参加者とともに考えます。特に企業の方のご参加をお待ちしています。どうぞふるってご参加ください。

◇お問合せ先
企画部情報公開広報課(TEL:043-213-6200)  

 

[障]職業リハビリテーションに関する就業支援スキル向上研修のご案内

 就業支援の実務経験3年程度以上の方を対象として、障害者職業総合センターにおける研究および実践の成果をふまえた就業支援技術のさらなる向上を図る研修を実施します。

▽日程:平成30年1月23日(火)~1月25日(木)
▽会場:障害者職業総合センター
▽障害別コース:精神障害・発達障害・高次脳機能障害の各コースを設定
▽申込受付期間:平成29年11月13日(月)~12月13日(水)

▽就業支援スキル向上研修の詳細はこちら

◇お申込み・お問合せ先
職業リハビリテーション部研修課(TEL:043-297-9095)  

 

[障]ご活用ください!障害者の職業訓練実践マニュアル
職業訓練実践マニュアル

 当機構では、精神障害者、発達障害者、高次脳機能障害者などの職業訓練上特別な支援を要する障害者(特別支援障害者)の受入れや、より効果的な職業訓練の実施に必要な指導技法などを「職業訓練実践マニュアル」としてとりまとめ、障害者の職業訓練にたずさわる職業能力開発施設などへ提供しています。
 「職業訓練実践マニュアル」には、職業能力開発施設などで活用いただけるよう、職業訓練に必要となる訓練教材一式を添付しています。マニュアル本文などは当機構ホームページからダウンロードもできますので、ぜひご活用ください。

◇職業訓練実践マニュアルの詳細はこちら

◇お問合せ先
職業リハビリテーション部指導課(TEL:043-297-9030)  

 

刊行物Web版の紹介
[高] 高齢者雇用啓発誌「エルダー」のご案内

 高年齢者一人ひとりが誇りと生きがいを持ちながら、能力を発揮し活躍している企業は、他の労働者にとっても働きやすいといわれます。「そのためにはどのような対応が必要だろうか?」など多くの企業が抱える悩みに、高齢者雇用の啓発誌「エルダー」が解決のお手伝いをします。

高齢者雇用の啓発誌「エルダー」

 「エルダー」は1979(昭和54)年に創刊され、高齢者雇用を推進する人事労務担当者のみなさまに、高齢者雇用に関する法律や国の施策の解説、人事制度、賃金制度、能力開発、安全衛生や健康管理に関する取組みなどの豊富な企業事例を中心に構成し、毎月最新の情報をお届けしています。

2017年7月号特集「そこが知りたい!高齢者雇用入門」より

2017年7月号特集
「そこが知りたい!高齢者雇用入門」より

 「特集」のコーナーでは、Q&A方式による高齢者雇用についてのわかりやすい解説、助成金制度の紹介、賃金や評価制度の仕組みの紹介など、高齢者雇用に関するさまざまなテーマを取り上げて、現状と課題、対応策などを掲載しています。このほか、人事労務担当者が直面する高齢者の健康・安全の問題について、事例をもとに要因や対策を考える「ケーススタディ安全で健康に働ける職場づくり」や、高齢者雇用に取り組む経営者、人事労務担当者、いきいき働く高齢者本人の声をお届けする「高齢者の現場~北から、南から~」など、参考になる情報が盛りだくさんです。ぜひ、一度ご覧ください。

デジタルブックは、目次から見たいコンテンツにすぐとべる!

デジタルブックは、
目次から見たいコンテンツにすぐとべる!

また、「エルダー」は、当機構のホームページに、毎月5日にデジタルブック(電子書籍)を掲載しています。パソコンだけでなく、スマートフォンからもアクセス可能で、どなたでも気軽に無料でお読みいただけます。本メールマガジンの「機構の出版物」コーナーでも、毎月最新号を紹介しています。「エルダー」に関するお問合せは、下記までご連絡ください。

◇お問合せ先
 企画部情報公開広報課(TEL:043-213-6200)

 

マイエリア情報





『マイエリア情報』は、みなさまの事業所
所在地やお住まいの都道府県にある
当機構の施設のホームページへ
アクセスできるようになっています。
左の日本地図をクリックしてください。

ハロートレーニング ~急がば学べ~ ※

◇離職者訓練 受講生募集中!
 86%を超える高い就職率! 離職された方の再就職を支援する離職者訓練の受講生募集中!お問合せは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!

◇在職者訓練 受講企業募集中!
 従業員の人材育成、企業の技術基盤を強化する在職者訓練の受講企業募集中!お問合せは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!

◇ポリテクカレッジ オープンキャンパス開催中!
 就職率ほぼ100%!少人数制の授業、充実した実験・実習設備がそろったポリテクカレッジでものづくりのプロを目ざしませんか?お問合せは全国のポリテクカレッジへ!

 

ハロートレーニングは、
希望する職業やキャリアアップのために必要な
職業スキルや知識を習得することができる公的制度です。

☆こちらでは、全国で実施されるアビリンピックや講習会などをまとめてご紹介しています。タイトルは、各地の日程をご案内したページにリンクしています。

◇平成29年度地方アビリンピック開催のご案内
 都道府県における障害者の技能競技大会(地方アビリンピック)について、ご案内します。

◇就業支援実践研修のご案内
 労働、福祉、医療・保健、教育などの機関において障害のある人たちの就業支援を担当している方を対象として、障害別の就業支援に関する実践力を修得していただくための「就業支援実践研修」を全国12エリアで開催しています。

◇民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修のご案内
 当機構では、民間教育訓練機関が実施する職業訓練サービスの質の保証および向上を図るため、全国のポリテクセンターなどで「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」を開催しています。


  • こちらのコーナーでは都道府県支部の各施設で行われる研修など【都道府県支部情報】と全国規模で事業展開を行っている施設の研修など【広域施設情報】に分けてご案内しています。

[高]・・・高年齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事
[共]・・・各業務に共通して関係する記事

【都道府県支部情報】
[障] 北海道 北海道障害者職業センター「職場復帰支援説明会」のご案内
[求] 北海道 北海道ポリテクカレッジ 「オープンキャンパス」のご案内
[求] 青森 東北ポリテクカレッジ「若年者ものづくり競技大会」において敢闘賞を受賞しました
[障] 秋田 秋田障害者職業センター 「利用説明会」のご案内
[障] 山形 「平成29年度障害者雇用優良事業所等表彰式典」を開催しました
[障] 茨城 「第46回茨城県障害者技能競技大会(アビリンピック)」のご案内
[障] 埼玉 「第13回アビリンピック埼玉大会 開催報告書」掲載のお知らせ
[求] 千葉 ポリテクセンター千葉 「平成29年度後期能力開発セミナーコース」のご案内
[障] 東京 東京障害者職業センター 発達障害のある大学生を対象とした「就活応援セミナー」を開催します
[求] 石川 ポリテクカレッジ石川 「広報あなみず」平成29年10月号に本校通信(IPC campus express)が掲載されました
[求] 岐阜 東海ポリテクカレッジ 「トヨタ週末ワークショップ」でマイコン教室を開催しました
[障] 京都 京都障害者職業センター障害者雇用管理マネジメントセミナー「-Return to Work-うつ病等により休職されている方の職場復帰を考える」のご案内
[求] 大阪 近畿ポリテクカレッジ 一般社団法人全国古民家再生協会が主催する「第2回平成の大工棟梁検定」の実施に協力しました
[求] 兵庫 「求職者支援訓練サポート講習(平成29年度第2回)」のご案内
[求] 和歌山 求職者支援訓練サポート講習「特別な配慮が必要な方への支援について」のご案内
[高][障] 島根 平成29年度「高齢者・障害者雇用に関する助成金」のご案内
[障] 岡山 岡山障害者職業センター「平成29年度第2回事業主支援ワークショップ」のご案内
[求] 香川 「生産性向上人材育成支援センター(香川)開設記念講演会」のご案内
[高] 福岡 「生涯現役社会の実現に向けた地域ワークショップ【高年齢者雇用管理セミナー】」のご案内
[求] 福岡 九州ポリテクカレッジ「ETロボコン2017」九州北地区大会でIPA賞を受賞しました
[障] 長崎 長崎障害者職業センター 「平成29年度障害者雇用ワークショップ」のご案内
[求] 沖縄 沖縄ポリテクカレッジ 「ポリテクフェスタ2017」のご案内
 
【広域施設情報】
[障] 岡山 国立吉備高原職業リハビリテーションセンター 「平成29年度障害者採用準備セミナー」のご案内
 
機構の出版物

 当機構が発行している出版物をご紹介します。今回ご紹介する定期刊行誌はすべて当機構ホームページにおいて、デジタルブック版、PDF版などでご覧いただけます。
 「エルダー」と「働く広場」は最新号のホームページ掲載をお知らせするメール配信サービスも行っていますので、ぜひご利用ください。



[高] エルダー10月号

エルダー10月号

特集 高齢者が活躍する職場
平成29年度高年齢者雇用開発コンテスト
厚生労働大臣表彰受賞企業事例から

 当機構では、厚生労働省との共催で「高年齢者雇用開発コンテスト」を毎年開催しています。このコンテストでは、職場環境の改善や生涯現役で働ける職場の実現など、優れた取組み事例を表彰しています。今号では、厚生労働大臣表彰を受賞した企業事例をご紹介します。

 ◇エルダー10月号を読む
 ◇バックナンバーを読む



[障] 働く広場10月号

働く広場10月号

特集 地域で支える~学校から働く場へ~
 今号では、「地域で支える~学校から働く場へ~」と題し、教育機関が地域と連携し、雇用へとつながる現場を取材しました。「編集委員が行く」では、秋田県が実施する特別支援学校に関する事業と各校の取組みを、「グラビア」では、秋田県立栗田支援学校の実習の場として営業しているレストランと、飲食店に就職した卒業生の姿を紹介します。
 また、「職場ルポ」では、大学ならではの業務を切り出し、各学部からの依頼を引き受ける山口大学の障害者雇用の現場を訪ねました。

 ◇働く広場10月号を読む
 ◇バックナンバーを読む
 ◇「働く広場」では企業・団体からの広告を募集中です。

お知らせ

調達関係(入札等)情報 現在、参加者を募集している調達関係(入札等)情報を、当機構ホームページに掲載しています。詳しい内容はこちらをご覧ください。
 当機構は、「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律」(平成24年法律第50号)第6条の規定に基づき、「障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針」を定めています。

◇お問合せ先
経理部契約第二課(TEL:043-213-6437/6438)

関連情報
中央職業能力開発協会
JAVADA主催キャリア・シフトチェンジのためのワークショップのご案内

 活き活き働き続けるためにぜひご理解いただきたい「キャリア・シフトチェンジ」や「プラットフォーム能力」を中心に効果的に学べるよう「診断表による自分の強み弱みの自己診断」、「グループワーク」、「講義による解説」を組み合わせて行います。
 シニア世代の働き方を考えたい40代以降のビジネスパーソンの方、また、社内研修をお考えの人事・総務担当の方が、自ら体験して内容をご理解いただく機会としても活用できます(全2回開催予定)。

◆開催日
 ・第1回(大阪開催)1月18日(木)
 ・第2回(東京開催)2月 2日(金)

  ▽詳細はこちらをご覧ください。

◇お問合せ先
中央職業能力開発協会(JAVADA)
キャリア形成促進室 キャリア形成基盤支援課 企画係
TEL:03-6758-2895

 

 ◇編集後記
 本日は10月31日、ハロウィンですね。最近、日本でも定着しつつあるハロウィンですが、起源には諸説あります。そのなかでももっとも有力といわれているのが古代ケルトのサウィン祭。古代ケルトの暦では10月31日が大晦日にあたり、夏の終わり、1年の区切りとしていたそうです。そして元日にあたる11月1日をまたぐ夜は、あの世とこの世の境界が曖昧になって、悪霊がきてしまうんだとか。そんな悪霊にとりつかれないために、恐ろしい格好をして街を練り歩いたそうです。いまでは趣旨こそ少し違いますが、2000年以上前の行事が残っていると思うと、なんだか不思議ですね。定着している行事も、元を辿ってみると面白い発見があることも。秋の夜長に知識を深めるのもよいかもしれません。

第53号は11月30日(木)配信予定です。
メールマガジンのバックナンバーはこちら


ご意見・ご感想ページへ
機構業務の改善に関するご意見・ご提案へ

 登録情報・パスワードの変更はこちら
 配信停止はこちら

配信システムの変更に伴い、平成29年4月2日以前にご登録いただいた読者のみなさまの「登録情報・パスワード変更」や「配信停止」のお手続きにはパスワードの再設定が必要です。



発行元:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構企画部情報公開広報課
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
TEL 043-213-6215 FAX 043-213-6556
(禁無断転載)

高齢者の雇用支援 障害者の雇用支援 職業能力開発の支援