htmlメール 平成29年12月27日

メールマガジン 第54号 平成29年12月27日

高障求メールマガジン 第54号

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちら

平成29年度イベント開催予定表

読者アンケートにご協力お願いします

 みなさま、こんにちは。早いもので2017年もあと数日となりました。今年最後のメールマガジンとなる今号は、11月に栃木県で行われた「第37回全国アビリンピック」のご報告を中心としてお送りします。選手の持てる技能と技術を力いっぱい発揮した熱戦の模様を、読者のみなさまにお伝えします。

今月の特集 [障] 第37回全国アビリンピックを開催しました!
注目のトピックス [高] 参加者募集!入場無料!
生涯現役社会の実現に向けたシンポジウムを開催します
~今年度のテーマは“定年引上げ”~
[障] 平成30年度「障害者雇用納付金」申告申請説明会のご案内
[障] 職業リハビリテーションに関する図書をお探しなら・・・、図書情報閲覧室へ!
マイエリア情報  ◇ 当機構の各地域の最新情報をご案内します
機構の出版物 [高] エルダー12月号
[障] 働く広場12月号
お知らせ  ◇ 調達関係(入札等)情報
関連情報  ◇ 働き方改革フォーラム
~生産性向上と多様な人材の活躍推進にむけて~
開催のご案内(日本商工会議所・東京商工会議所)
 ◇ 平成30年4月1日から障害者の法定雇用率が引き上げになります(厚生労働省)

[高]高年齢者雇用支援関係記事
[障]障害者雇用支援関係記事
[求]求職者などに対する職業能力開発関係記事
[共]各業務に共通して関係する記事
 
今月の特集
第37回全国アビリンピックを開催しました!

 11月17日(金)~19日(日)の3日間、第37回アビリンピック(全国障害者技能競技大会)が栃木県宇都宮市で開催され、大会期間中、約46,000人の方々にご来場いただきました。
 今号では、アビリンピックの会場の様子をお伝えするとともに、競技結果やご来場いただいた方々の声をお届けいたします。

アビリンピックルポ

∞開会式∞

 11月17日(金)午前10時、栃木県体育館において歓迎アトラクションを皮切りに、開会式が行われました。
 開会式では、開催県である栃木県の福田富一知事の挨拶のあと、大会旗、都道府県旗の入場が行われました。
 その後、来賓の牧原秀樹厚生労働副大臣から、祝辞をいただきました。
 最後に、栃木県の金塚祐賢選手と石原由唯選手が、力強く選手宣誓を行いました。

01.都道府県旗入場 02.厚生労働副大臣祝辞 03.選手宣誓

∞競技∞

 全22種目の技能競技に47都道府県から365名の選手が集い、日ごろつちかった技能を競い合いました。選手一人ひとりが真剣に競技に打ち込み、白熱した戦いがくり広げられ、来場者やご家族から熱い声援が送られました。

01.「歯科技工」競技の風景 02. 「義肢」競技の風景
03. 「DTP」競技の風景 04.「喫茶サービス」競技の風景

05.「洋裁」競技の風景 06.「コンピュータプログラミング」競技の風景
07.「電子機器組立」競技の風景

∞障害者ワークフェア2017∞

 障害者の職業能力や雇用に関する展示や即売が行われ、ご来場いただいたみなさまに理解を深めていただきました。
 このほか、親子ものづくり体験教室や、障害のある方々の“働く”や“仕事”をテーマにした障害者雇用支援月間ポスター原画入賞作品の展示会、盲導犬・聴導犬の実演、企業のプロによる就職活動などに役立つメイクアップ体験、ネイルの実演などのイベントもご好評をいただき、多くの来場者で賑わいました。

01. メイクアップセミナー
02. ネイル体験
03. 車椅子利用者向けのタイヤ洗浄機 
04. 聴導犬のデモンストレーション
05. マッサージ体験

∞スタンプラリー∞

 来場者一人ひとりが楽しみながら見学できるように、スタンプラリーを実施しました。スタンプラリーでは、すべてのスタンプを揃えた方には、くじによってフットマッサージャーや布団乾燥機など豪華景品が当たるチャンスもあり、たいへん盛り上がりました。なお、用意した景品はすべて、企業・団体様のご厚意による協賛・協力品でした。この場を借りてお礼申し上げます。

 【ご協力いただいた企業・団体様を一部紹介させていただきます。順不同】
・株式会社山善・UCCグループ日本パーソネルセンター株式会社・花王株式会社・全国クリーニング生活衛生同業組合連合会・第一生命チャレンジド株式会社・日本マクドナルド株式会社


スタンプラリー台にて

∞閉会式∞

 最終日11月19日(日)は、開会式と同じく栃木県体育館で閉会式が行われ、成績発表の場で受賞者の表彰が行われました。受賞選手や応援の方々の喜びは大きく、大いに盛り上がりました!
 表彰終了後は、大会旗が栃木県の福田富一知事から2018(平成30)年11月に開催予定の第38回アビリンピック開催県である沖縄県の富川盛武副知事へ引き継がれました。

01.「建築CAD」 金賞の木村選手 02.「歯科技工」 入賞者3名
03.全種目金賞受賞

競技結果をお知らせします

 各種目の成績優秀者には、金賞、銀賞、銅賞が授与され(金賞受賞者にはあわせて厚生労働大臣賞を授与)、また、入賞に準ずる成績の選手へは、努力賞が授与されました。

 ◇受賞者一覧はこちらをご覧ください。

今後のアビリンピックのお知らせ

○第38回アビリンピック
開催地:沖縄県
開催日:2018(平成30)年11月2日(金)~5日(月)
※第38回大会は、平成17年度の山口大会以来となる技能五輪全国大会(第56回大会)と同時開催になります。

第37回アビリンピックを終えて

 今年度のアビリンピックは、365名の選手が参加し、盛大な大会となりました。
 ご来場いただいた方からは、「様々な所で、障害者の知識などが活かされていることを知りました。」「緊張感があり、見る方もドキドキする。」「これをきっかけに障害者に対する理解がより深まればよい。」「障害を持つ人の見方が変わった。」「可能性の高さを感じた。」という言葉をいただきました。
 また、開催にあたり、ご尽力いただきました企業・団体・みなさまへ心からお礼申し上げます。

協賛企業は、ガイドブック裏表紙でご確認いただけます

 ◇お問合せ先
 雇用開発推進部雇用推進課(TEL:043-297-9516)

 

注目のトピックス
メールマガジンアンケート実施のお知らせ~みなさまからのご意見をお待ちしています!~

 「働き方改革実行計画」のなかでは65歳までの定年引上げを行う企業を支援するとされています。そのようななか定年を引き上げる企業が増えてきています。

昨年度の会場の模様

 そこで、本シンポジウムでは、まず、当機構が行った企業調査結果をもとに、定年を引き上げているのはどのような企業なのか、そして引上げによってどのようなメリットがあったのかについて報告します。そのうえで定年引上げを行った企業の人事責任者による企業事例の紹介、パネルディスカッションを行い、みなさまとともに、定年を引き上げることについて考えます。ぜひご参加ください。
 詳細およびお申込みは、こちらをご覧ください。

■開催日・会場
・日時:平成30年2月22日(木)13:00 ~ 16:00
    (開場 12:30)
・場所:品川THE GRAND HALL(東京都港区)
    アクセス:JR品川駅(港南口)から徒歩3分

内田 賢氏

■内容・出演者
・企業調査の報告 当機構より
・事例発表
  太陽生命保険株式会社
  トラスコ中山株式会社
  YKK株式会社  (50音順)
・パネルディスカッション
  コーディネーター:内田 賢 氏(東京学芸大学教授)
  パネリスト:事例発表企業3社 外

◇お問合せ先
雇用推進・研究部 研究開発課(TEL:043-297-9527)

 

平成30年度「障害者雇用納付金」申告申請説明会のご案内

 障害者雇用納付金制度は、「障害者を雇用することは事業主が共同して果たしていくべき責任である」という社会連帯責任の理念に立って、障害者雇用にともなう事業主間の経済的負担の調整を図ることを目的とした「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく制度です。
 常時雇用している労働者の総数が100人を超えるすべての事業主に申告義務があります。
 前年度(平成29年4月から平成30年3月まで)の障害者の雇用実績をもとに、平成30年4月1日から同年5月15日の申告申請期間に申告申請をお願いします(注1)。

○ 障害者雇用納付金の申告を行ってください。
○ 障害者の法定雇用率を下回る場合は、障害者雇用納付金を納付する必要があります。
○ 障害者の法定雇用率を上回る場合は、障害者雇用調整金の支給申請を行うことができます(注2)。
 申告申請事務の説明会を全国各地で2~3月に開催します。こちらをご覧いただき、ぜひご参加ください。

注1:年度の中途で事業廃止した場合(吸収合併等含む)は、廃止した日から45日以内に申告申請が必要です。
注2:障害者雇用調整金等は、申請期限を過ぎた申請に対しては支給できません。十分にお気をつけください。

 

職業リハビリテーションに関する図書をお探しなら・・・、図書情報閲覧室へ!

 障害者職業総合センターの7階にある図書情報閲覧室では、職業リハビリテーションや障害者の雇用・職業に関する図書を中心に点字資料、雑誌、映像資料などを収蔵しています。
 今年度の貸出の多い図書の上位は、

*『詳説障害者雇用促進法~新たな平等社会の実現に向けて~』
*『ADHDの人のためのアンガーマネジメント』
*『職業リハビリテーションの基礎と実践~障害のある人の就労支援のために~』

などです。
 また、障害者雇用を取り巻く動きをふまえて、合理的配慮や精神障害者雇用に関する図書も整備しました。
 どなたでも閲覧や貸出の利用ができますので、ぜひご活用ください。
 利用方法や新刊情報、蔵書検索はこちらをご覧ください。
 なお、開室時間は平日の9時30分から17時までです。

◇お問合せ先
 研究企画部情報援助課(TEL:043-297-9040)

 

マイエリア情報





『マイエリア情報』は、みなさまの事業所
所在地やお住まいの都道府県にある
当機構の施設のホームページへ
アクセスできるようになっています。
左の日本地図をクリックしてください。

ハロートレーニング ~急がば学べ~

◇離職者訓練 受講生募集中!
 86%を超える高い就職率! 離職された方の再就職を支援する離職者訓練の受講生募集中!お問合せは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!

◇在職者訓練 受講企業募集中!
 従業員の人材育成、企業の技術基盤を強化する在職者訓練の受講企業募集中!お問合せは全国のポリテクセンターまたはポリテクカレッジへ!

◇ポリテクカレッジ 入校情報
 就職率ほぼ100%!少人数制の授業、充実した実験・実習設備がそろったポリテクカレッジでものづくりのプロを目ざしませんか?お問合せは全国のポリテクカレッジへ!
一般入校統一試験のご案内(平成30年度学生募集)

 

ハロートレーニングは、
希望する職業やキャリアアップのために必要な
職業スキルや知識を習得することができる公的制度です。

☆こちらでは、全国で実施されるアビリンピックや講習会などをまとめてご紹介しています。タイトルは、各地の日程をご案内したページにリンクしています。

◇平成29年度地方アビリンピック開催のご案内
 都道府県における障害者の技能競技大会(地方アビリンピック)について、ご案内します。
 東京京都広島香川佐賀

◇民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修のご案内
 当機構では、民間教育訓練機関が実施する職業訓練サービスの質の保証および向上を図るため、全国のポリテクセンターなどで「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」を開催しています。


  • こちらのコーナーでは都道府県支部の各施設で行われる研修など【都道府県支部情報】と全国規模で事業展開を行っている施設の研修など【広域施設情報】に分けてご案内しています。

[高]・・・高年齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事
[共]・・・各業務に共通して関係する記事

【都道府県支部情報】
[求] 北海道 北海道ポリテクカレッジ 札幌市主催「建築士、大工になりきって「隠れ家」を作ろう」のイベントを開催しました
[求] 青森 ポリテクカレッジ青森 西北地区高校生向け企業探索プログラムが当校で行われました
[求] 青森 ポリテクカレッジ青森 平成30年度能力開発セミナーのご案内【暫定版】を公開しました
[求] 宮城 東北ポリテクカレッジ 「東北職業能力開発大学校歌(学生歌)」の歌詞を募集しています
[求] 福島 ポリテクセンターいわき 平成29年度「人材育成講座」活用のための「見学・情報交換会」のご案内
[求] 栃木 関東ポリテクカレッジ 技能五輪「工場電気設備」職種に出場しました
[障] 千葉 千葉障害者職業センター 事業主支援ワークショップ「まず一人の雇用から始める障害者雇用」を実施します
[求] 千葉 ポリテクカレッジ千葉 ものづくり体験教室を実施しました
[求] 富山 北陸ポリテクカレッジ 広報誌『NOKAIDAIだより』VOL.82を掲載しました
[求] 富山 北陸ポリテクカレッジ 「企業・地域の方」(地域連携の活動事例)を掲載しました
[求] 石川 ポリテクカレッジ石川 「広報あなみず」平成29年12月号に本校通信(IPC campus express)が掲載されました
[求] 福井 ポリテクセンター福井 ものづくり体験教室を開催しました
[求] 静岡 ポリテクカレッジ浜松 当校の指導員が平成29年度職業訓練論文コンクールにて厚生労働大臣賞を受賞しました
[求] 滋賀 ポリテクセンター滋賀 「ハローワーク大津でポリテクセンター滋賀パネル展」を開催します
[求] 大阪 近畿ポリテクカレッジ 平成29年度大阪府職業能力開発促進大会に参加しました
[求] 和歌山 第2回求職者支援訓練サポート講習を実施しました
[求] 香川 平成30年度向け生産性向上支援訓練活用のための説明会のご案内
[求] 愛媛 ポリテクセンター愛媛「生産性向上支援訓練説明会」を開催します
[求] 高知 ポリテクカレッジ高知 RKC(高知放送)ラジオキャラバンが当校に来校しました(生産技術科4名のインタビュー放送を視聴できます)
[求] 福岡 ポリテクセンター飯塚 求職者向け職業訓練2月生の募集を行っています
[障] 宮崎 宮崎障害者職業センター リワーク支援説明会のご案内
 
【広域施設情報】
[求] 東京 職業能力開発総合大学校 オープンキャンパスを実施しました
[求] 東京 職業能力開発総合大学校 平成30年度入試概要を掲載しました
 
 
機構の出版物

 当機構が発行している出版物をご紹介します。今回ご紹介する定期刊行誌はすべて当機構ホームページにおいて、デジタルブック版、PDF版などでご覧いただけます。
 「エルダー」と「働く広場」は最新号のホームページ掲載をお知らせするメール配信サービスも行っていますので、ぜひご利用ください。



[高] エルダー12月号

エルダー11月号

特集 テレワークが創る多様な働き方
 少子高齢化にともなう労働力不足への解決策として、離れて (tele) 仕事(work)ができる「テレワーク」が注目を集めています。自分にあった環境を選んで働けるので、身体的にも精神的にも負荷を軽減でき、労働意欲のある高齢者や雇用する企業双方にとって魅力的な働き方といえるのではないでしょうか。そこで今号の特集では、テレワーク導入のメリットや手順をはじめ、実際に導入した企業事例などを紹介しています。テレワーク導入を検討する際に参考としていただければ幸いです。

 ◇エルダー12月号を読む
 ◇バックナンバーを読む



[障] 働く広場12月号

働く広場11月号

 「職場ルポ」では、適性や必要な支援の度合いに合わせて働く場を選択できるトランスコスモス株式会社とその特例子会社である株式会社トランスコスモス・アシストを訪ねました。また、「グラビア」では、企業が一体となって、熟練塗装工を目ざす人をサポートする京浜パネル工業株式会社を、「編集委員が行く」では、社員全員が支援スタッフという意識をもち障害者と信頼関係を築くことで、障害者の定着率100%を達成する株式会社日立金属安来製作所を取材しました。

 ◇働く広場12月号を読む
 ◇バックナンバーを読む
 ◇「働く広場」では企業・団体からの広告を募集中です。

 
お知らせ

調達関係(入札等)情報 現在、参加者を募集している調達関係(入札等)情報を、当機構ホームページに掲載しています。詳しい内容はこちらをご覧ください。
 当機構は、「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律」(平成24年法律第50号)第6条の規定に基づき、「障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針」を定めています。

◇お問合せ先
経理部契約第二課(TEL:043-213-6437/6438)

関連情報
平成30年4月1日から障害者の法定雇用率が引き上げになります

 日本・東京商工会議所は内閣府と共同で、2月21日(水)14時~16時、大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町1-7-2)にて「働き方改革フォーラム~生産性向上と多様な人材の活躍推進にむけて~」を開催します。
 ※参加費無料 ※事前申込制
 本フォーラムでは、「働く意欲のある全ての人が仕事を通して活躍できる職場環境の実現」と「働く人がその能力を最大限発揮する職場環境の実現」をテーマに、女優で戸板女子短期大学客員教授の菊池桃子氏、内閣府男女共同参画局からの講演が行われるほか、企業3社より取組事例の紹介を行います。

詳細はこちら(東京商工会議所HP)

 
平成30年4月1日から障害者の法定雇用率が引き上げになります

 障害者がごく普通に地域で暮らし、地域の一員として共に生活できる「共生社会」実現の理念の下、すべての事業主には、法定雇用率以上の割合で障害者を雇用する義務があります(障害者雇用率制度)。
 この法定雇用率が、平成30年4月1日から以下のように変わります。

事業主区分 法定雇用率
現行 平成30年4月1日以降
民間企業 2.0% 2.2%
国、地方公共団体等 2.3% 2.5%
都道府県等の教育委員会 2.2% 2.4%

 詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧下さい。

 

 ◇編集後記

▽メールマガジン読者アンケートにご協力いただきありがとうございました。
 いただいたご意見をもとに、よりみなさまのお役に立つメールマガジンとしていきたいと考えています。アンケートでいただいたご意見などは、後日メールマガジンでもご紹介します。

▽先日、福岡県内の当機構の支部や障害者職業センター、職業能力開発施設に足を運ぶ機会がありました。それぞれの施設が地域の多くのみなさまの支持によって支えられていることを改めて痛感しました。
 来る年も高障求機構の各都道府県支部をはじめ障害者職業センター、ポリテクカレッジ、ポリテクセンターをよろしくお願いします。

第55号は1月31日(水)配信予定です。
メールマガジンのバックナンバーはこちら


ご意見・ご感想ページへ
機構業務の改善に関するご意見・ご提案へ

 登録情報・パスワードの変更はこちら
 配信停止はこちら
 パスワードの再発行はこちら



発行元:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構企画部情報公開広報課
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
TEL 043-213-6215 FAX 043-213-6556
(禁無断転載)

高齢者の雇用支援 障害者の雇用支援 職業能力開発の支援