htmlメール 平成30年9月3日

バックナンバーを印刷した場合に文字化けが発生する場合があります。

メールマガジン 第62号 平成30年9月3日

高障求メールマガジン 第62号

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページはこちら

「高障求メールマガジン」登録はこちら

障害者雇用支援月間

 みなさま、こんにちは。9月は「障害者雇用支援月間」です。

 今号では、当機構が月間中に開催するイベントや全国の障害者雇用の取組み、当機構の障害者雇用支援サービス、今後予定されている研修などをご紹介します。

イベント開催予定等

今月の特集 [障] 9月は障害者雇用支援月間です。
誰もがいきいき働ける共生社会を実現しましょう!!
[障] 全国の障害者雇用情報
~定期刊行誌「働く広場」より~
[障] 当機構の障害者雇用支援サービス
~地域障害者職業センターのご紹介~
 
刊行物の紹介 [障] 「就業支援ハンドブック」
[障] 「障害や疾病のある人の就労支援の基礎知識」
 
注目のトピックス
[障]
【参加者(受講者)募集!】
[障] 第26回職業リハビリテーション研究・実践発表会
[障] 障害者訓練推進交流プラザ
[障] 職業リハビリテーションに関する研修
   
[高] 来月号は「高年齢者雇用支援月間」特集!
~高年齢者雇用に関するイベントのご案内~
   
[高]
[障]
「エルダー」&「働く広場」読者アンケートへのご協力のお願い
 
マイエリア情報 当機構の各地域の最新情報をご案内します
 
機構の出版物
[高] エルダー8月号
[障] 働く広場8月号
 
お知らせ [共] 調達関係(入札等)情報
 
関連情報 公益財団法人 東京しごと財団
「障害者雇用支援月間シンポジウム」を開催します

[高]高年齢者雇用支援関係記事
[障]障害者雇用支援関係記事
[求]求職者などに対する職業能力開発関係記事
[共]各業務に共通して関係する記事
今月の特集
[障] 9月は障害者雇用支援月間です。
誰もがいきいき働ける共生社会を実現しましょう!!

 当機構では、毎年9月を「障害者雇用支援月間」(以下「月間」)と定め、事業主の方々をはじめ多くのみなさまに障害者雇用への理解と関心を深めていただき、障害者の職業的自立を支援するための啓発活動を行っています。
 月間中は、厚生労働省、各都道府県と連携して、さまざまなイベントを開催します。その主な内容をご紹介します。

障害者雇用支援月間
平成30年度 障害者雇用支援月間ポスター

障害者雇用優良事業所等全国表彰式

昨年度の表彰式の様子

月間にあわせ、障害者雇用優良事業所等全国表彰式を都内で行います。

この全国表彰式では、
障害者雇用優良事業所等表彰のほかに、
障害者雇用職場改善好事例入賞事業所の表彰
障害者雇用支援月間ポスター原画入賞者の表彰も行います。

<平成30年度 障害者雇用優良事業所等全国表彰式>
日時:9月4日(火)13:30~
場所:丸の内 MY PLAZA(東京都千代田区)

これらの表彰のうち、厚生労働大臣表彰や機構理事長表彰については、受賞された事業所や、障害のある方に、会場で表彰状を授与します。

(1)障害者雇用優良事業所等表彰 とは

「障害者を積極的に多数雇用している事業所」や、「永年にわたり障害者の雇用の促進と職業の安定に貢献された団体または個人」、「模範的職業人として長期勤続する障害者」に対して、その努力と功績をたたえるものです。

受賞者はこちら

(2)障害者雇用職場改善好事例募集の入賞事業所に対する表彰 とは

障害者雇用および職場定着を進めるため、事業所において雇用管理や職場環境の整備など、さまざまな改善や工夫を行った「障害者雇用職場改善好事例」を募集しています。
 今年度は、「精神障害・発達障害のある方の雇用促進・キャリアアップに取り組んだ職場改善好事例」を募集し、46件のご応募をいただきました。審査の結果、9事業所の入賞が決定しました。

受賞者はこちら

<「職場改善好事例集」のご案内>

職場改善好事例集

当機構では、これから障害者雇用に取り組む事業所や、さらに障害者雇用に力を入れていきたい事業所の参考となるよう、入賞した改善内容を冊子に取りまとめて、広くみなさまに周知しています。
 「職場改善好例集」はホームページに掲載しています。障害者雇用の取組みをご覧のうえ、ぜひご活用ください!!

今回、入賞した事例についても今後の追加取材の内容を加えて、好事例集として取りまとめる予定です。本メールマガジンでもご紹介しますので、ご期待ください。

(3)障害者雇用支援月間ポスター原画募集の入賞者に対する表彰 とは

障害者雇用についての関心と理解を深めていただくため、障害のある方々が描いた働くことや仕事に関係のある内容の絵画や、障害のある方が働いている姿を撮影した写真を募集する「障害者雇用支援月間ポスター原画募集」を行っています。今年度は、特別支援学校の生徒をはじめ、全国のみなさまから1,871点の応募がありました。ありがとうございました。

厳正な審査の結果、厚生労働大臣賞や機構理事長賞など計80点の入賞作品を選出しました。

なお、厚生労働大臣賞受賞作品を原画として、障害者雇用支援月間ポスターを製作し、月間中に全国のハローワークや当機構の各都道府県支部障害者職業センターなどに掲示しています。

受賞者および入賞作品はこちら

「平成30年度障害者雇用支援月間ポスター原画入賞作品展示会」
開催のご案内 (東京、愛知、大阪、福岡、札幌、沖縄)

昨年度の展示会(東京会場)

障害者雇用への理解と関心を深めていただくため、月間ポスター原画入賞作品展示会(80点)を、全国6会場 (開催順に東京、愛知、大阪、福岡、札幌、沖縄[全国アビリンピック の期間中に開催予定])で開催します。個性あふれる絵画や写真を、ぜひ会場でご鑑賞ください!
 ※東京会場では、過去2年間の入賞作品(160点)もあわせて展示します。

多くのみなさまのご来場を
お待ちしております!

原画募集キャラクター
ピクチャノサウルス

◆お問合わせ先◆
雇用開発推進部雇用開発課(TEL:043-297-9515)

 
[障] 全国の障害者雇用情報~定期刊行誌「働く広場」より~

 全国の企業では、障害のある方がより働きやすい職場となるようさまざまな取組みが行われています。定期刊行誌「働く広場」では、そのような取組みを毎月掲載しています。今年度(4~8月号)に掲載した記事を一部紹介しますので、ぜひご覧ください。
(※写真をクリックするとデジタルブックが開きます)

<4月号>働く広場 4月号 <5月号>働く広場 5月号 <6月号>働く広場 6月号
<7月号>働く広場 7月号 <8月号>働く広場 8月号

<障害者雇用の情報をさらに詳しく知りたい方へ>

定期刊行誌「働く広場」には、今回ご紹介した記事以外にも、障害者雇用に積極的に取り組む企業や障害のある方と関わる各方面の方々への取材記事、障害者関連の施策などを掲載しています。

心のアート」「私のひとこと
職場ルポ」「コミックエッセイ」 など
毎月無料で公開していますので、ぜひご覧ください!
(※発行月により内容は若干異なります)

◆お問合わせ先◆
企画部情報公開広報課(TEL:043-213-6216)



 
[障] 当機構の障害者雇用支援サービス~地域障害者職業センターのご紹介~

全国の都道府県に設置されている「地域障害者職業センター」では、ハローワーク、障害者就業・生活支援センターと密接に連携しながら、就職や職場復帰を目ざす障害のある方に加え、障害者雇用を検討している、または雇用している事業主の方、障害のある方の就労を支援する関係機関の方に対して、サービスを提供しています。

平成29年度は、全国で3万2千人を超える障害のある方、1万9千所を超える事業主、1万2千所を超える関係機関に対して支援を行いました。

以下から詳しい情報にアクセスすることが可能ですので、ぜひご覧ください。

就職や職場復帰を目ざす障害のある方への支援

職業相談・職業評価

作業面、精神面などの特徴を把握・整理し、相談を通じて必要な情報提供などを行いながら、就職、職場定着に向けた支援プランをご提案します。

職業準備支援

講習や作業体験などを通じて、

  • ストレス対処スキルの習得
  • 作業遂行力やコミュニケーション能力の向上
  • 自分に合った働き方や仕事の検討
  • 職場で配慮を得たい内容の整理

など就職に向けた支援を行います。

ジョブコーチによる支援

ジョブコーチを事業所に派遣し、

  • 職場内の人間関係やコミュニケーション、疲労・ストレス、担当する職務についての相談
  • 事業所の方に対する、働き続けるために必要な配慮の内容についての助言

など職場定着に向けた支援を行います。

職場復帰支援
(リワーク支援)

 うつ病などで休職中の方に対して、 主治医・事業所と連携しながら、

  • 生活リズムの構築
  • 作業遂行に必要な集中力、持続力の向上
  • ストレス対処スキルの習得

など職場復帰に向けた支援を行います。

障害者雇用を検討している、または雇用している事業主の方への支援

 障害者雇用に関する事業主のニーズや課題を分析し、雇入れ、職場適応、職場復帰などに向けた助言・援助やジョブコーチ支援などの専門的な支援を行っています。

障害のある方の就労を支援する関係機関の方などへの支援

 障害者就業・生活支援センター、就労移行支援事業所などの関係機関に対し、職業リハビリテーションに関する技術的な助言・援助を行うほか、関係機関の就業支援担当者を対象に「就業支援基礎研修」、「就業支援実践研修」を実施。
 効果的な職業リハビリテーションを実施するために必要な基本的知識・技術が習得できるよう支援を進めています。

こちらから「地域障害者職業センター」の支援の一例を映像でご覧いただけます。



 
刊行物Web版の紹介
[障] 「就業支援ハンドブック」

【平成30年度版就業支援ハンドブック】

 当機構では、就業支援に関する基本的なノウハウを体系的にまとめた入門書「就業支援ハンドブック」を発行しており、このたび改訂版「平成30年度版就業支援ハンドブック」を作成しました。

就業支援の担当者はもちろん、企業で障害者雇用にたずさわる担当者などにもご活用いただける内容となっています。



【就業支援ハンドブック実践編】

 「より実践的な支援ノウハウが知りたい」との読者の方々からのご意見などを受けて、「就業支援ハンドブック実践編~アセスメントとプランニング~」も発行しています。

事例を豊富に掲載しており、より効果的な支援を行うためのヒントとして ご活用いただける内容となっています。

<ハンドブックは研修資料として配付しています>

 ハンドブックは当機構が実施する研修で研修資料として配付しています。
 研修受講者からは「就業支援に役立つ内容が幅広く掲載されていて活用しやすい」と好評を得ています。

◇ 「平成30年度版就業支援ハンドブック」を配付する研修はこちら

◇ 「就業支援ハンドブック実践編を配付する研修はこちら

※研修受講者以外の方はお手数ですが、ホームページからダウンロードのうえ、ご活用ください。

◆お問合わせ先◆

 職業リハビリテーション部総括調整室
 (TEL:043-297-9027 FAX:043-297-9056)

[障] 就労支援の基礎知識
障害者雇用支援月間

障害者に対する就労支援がむずかしいと感じることはありませんか?

・就労支援や職業訓練を行っても一般就労につながらない…。

・障害者雇用が進む一方で、職場定着がむずかしい例が増えており、支援方法が適切なのかよくわからない…。

・せっかく就職ができても障害のある方や家族、雇用する企業の負担が大きい…。

 近年、医療、福祉、教育分野など多様な地域関係機関・専門職がかかわるものとなった就労支援ですが、地域において上記のような課題を抱える支援機関が多くみられることが明らかとなりました。一方で、地域には「インフォーマル」な取組みも含め、成果を上げている就労支援もたしかに存在していることがわかりました。

 本書では、さまざまな分野で成果を上げている「就労支援の共通認識」のエッセンスをまとめています。障害者の就労支援に関する制度やサービスについて、活用の必要性や効果的な活用方法をあらためて確認することができると思われます。ぜひご一読ください。

無料ダウンロードはこちらから
◇冊子が必要な場合は下記にお問い合わせください。

◆お問合わせ先◆

 研究企画部企画調整室
 (TEL:043-297-9067 E-mail:kikakubu@jeed.or.jp

注目のトピックス
[障] 第25回職業リハビリテーション研究・実践発表会の発表者を募集しています
昨年度 特別講演の様子

職業リハビリテーション研究・実践発表会は、職業リハビリテーションに関する研究成果、実践報告の発表のほか、講演、パネルディスカッションなどを行うもので、毎年1回開催しています。

今年度も、事業主、支援機関、研究機関などさまざまな立場の方からの講演や研究発表を予定しており、現在Webにて参加者を募集しています。
 ぜひご参加ください。

◆日程◆

 平成30年11月8日(木)13:00~16:40
 平成30年11月9日(金) 9:30~16:50

※発表会に先だち、障害者雇用の基礎知識に関する講座(基礎講座)や当機構で開発した支援技法を提供する講座(支援技能普及講習)を行います。

◆会場◆

 東京ビッグサイト 会議棟(東京都江東区有明3-11-1)

◆お申込み先◆

 ホームページに申込方法を掲載しています。

◆お問合わせ先◆

 研究企画部企画調整室(TEL:043-297-9067)

[障] 障害者訓練推進交流プラザ 参加者募集!

 障害のある人の職業訓練を実施している、または、障害のある人の受入れを検討している施設の担当者などを対象に、精神障害者や発達障害者、高次脳機能障害者などに対する職業訓練技法を紹介します。詳細は当機構ホームページをご参照ください。みなさまのご参加を心よりお待ちしております!
※本事業は厚生労働省との共催で開催いたします。

◆日時◆

 平成30年10月16日(火)
 10:00~16:30

◆会場◆

 障害者職業総合センター
 (千葉県千葉市美浜区若葉3-1-3)

◆参加対象者◆

 障害者職業訓練にたずさわっている方

◆プログラム内容◆

○行政説明(障害者人材開発施策について)

○事例発表(精神障害者訓練、発達障害者訓練、障害者委託訓練に関する取組み)

○指導技法の紹介、解説
(当機構が開発した高次脳機能障害者に関する指導技法の紹介)

○グループ別検討会(精神障害者訓練、発達障害者訓練、障害者委託訓練をテーマに小グループに分かれ討議します)

◆お申込み方法◆

 当機構ホームページから申込書をダウンロードできます。申込書に記入のうえ、下記お問合わせ先あてメール、FAXまたは郵送でお申し込みください。

◆締切り◆

 平成30年9月26日(水)必着

◆お問合わせ先◆

 職業リハビリテーション部指導課 広域・職業訓練係
 TEL:043-297-9030 FAX:043-297-9056
 E-mail:ssgrp@jeed.or.jp

[障] 職業リハビリテーションに関する研修のご案内 受講者募集!

NEW ! 就業支援課題別セミナー
  ~今年のテーマは「精神障害者の職場定着に向けた支援」~

 労働、福祉、医療、教育などの関係機関で実務経験をお持ちの就業支援担当者の方を対象として、新たな課題やニーズに対応した知識・技術の向上を図るための「就業支援課題別セミナー」を開催します。
 今年度は「精神障害者の職場定着に向けた支援」をテーマに実施します。

 ◇就業支援課題別セミナーの詳細はこちら

◆日程◆

 平成30年11月21日(水)~11月22日(木)

◆会場◆

 障害者職業総合センター
 (千葉県千葉市美浜区若葉3-1-3)

◆申込受付期間◆

 平成30年9月11日(火)~10月16日(火)

◆お申込み先◆

 ホームページに受講申込書および申込方法を掲載しています。

ジョブコーチのステップアップ研修
~訪問型・企業在籍型職場適応援助者支援スキル向上研修(第2回)~

 一定の実務経験を有する訪問型および企業在籍型職場適応援助者(ジョブコーチ)に対して、雇用管理やアセスメントに関する支援スキルの向上を図る研修を実施します。

 講義・演習に加え、ケーススタディ、グループワーク、アクションプランの作成など実践的な内容を中心にプログラムを組んでいます。

 ◇訪問型職場適応援助者支援スキル向上研修の詳細はこちら
 ◇企業在籍型職場適応援助者支援スキル向上研修の詳細はこちら

◆日程◆

 平成30年11月27日(火)~11月30日(金)

◆会場◆

 障害者職業総合センター
 (千葉県千葉市美浜区若葉3-1-3)

◆申込受付期間◆

 平成30年9月4日(火)~10月9日(火)

◆お申込み先◆

 ホームページに受講申込書および申込方法を掲載しています。

~受講者の声~

(訪 問 型)精神・発達障害者の支援方法は、具体的かつ実践場面で使えるものが多く、勉強になりました。
(企業在籍型)他社の取組みなど、実際に現場で活躍されている方々の話を 聞くことができて、とても参考になりました。

◆お問合わせ先◆

 職業リハビリテーション部研修課(TEL:043-297-9095)

[高] 来月号は「高年齢者雇用支援月間」特集!
高障求メールマガジン

次号は「高年齢者雇用支援月間」特集をお送りします!

[高] 高年齢者雇用開発フォーラム

  厚生労働省と当機構の共催により、「平成30年度高年齢者雇用開発フォーラム」を10月3日(水)に開催します。事例発表やトークセッションを実施し、企業における高年齢者雇用の実態に迫ります。「人生100年時代」のなかで、「年齢にかかわらずいきいきと働ける社会」を築いていくために、企業と個人がどのように取り組んでいけばよいのかを一緒に考える機会にしたいと思います。
 高年齢者雇用にご関心のある事業主や、人事担当者のみなさまの参加申込みをお待ちしております。

◆内容◆

◇「平成30年度高年齢者雇用開発コンテスト」 表彰式

◇記念講演「生涯現役社会の条件」
(日本私立学校振興・共済事業団 理事長、前慶應義塾長 清家 篤氏)

◇事例発表

◇トークセッション

記念講演の様子(平成29年度)

◆日時◆

平成30年10月3日(水)

11:00~16:10

(受付開始:10:00)

◆会場◆

イイノホール(東京都千代田区)

[アクセス]東京メトロ「霞ヶ関」駅直結

◆定員◆

400名(申込み先着順・入場無料)

※参加申込みはEメールで受けつけています。

詳細はこちら

◆お問合わせ先◆

雇用推進・研究部研究開発課(TEL:043-297-9527)

[高] 高年齢者雇用開発フォーラム

 全国で10~11月に「地域ワークショップ」を開催します。このイベントは、65歳を超えた社員の定年延長や継続雇用の取組みを中心的なテーマとし、事業主をはじめ、高齢者雇用に関心のある方々に、高齢者が戦力となって、いきいきと働くための情報を提供するものです。
 各地域の実情をふまえた、具体的で実践的な内容ですので、ぜひご参加ください!

◆内容◆

高齢者雇用に先進的に取り組む企業の事例紹介や専門家による講演、ディスカッション、参加者による意見交換など

◆開催時期◆

10~11月(各道府県1日程度)

◆場所◆

10月から各道府県で順次開催されます。
※日時および開催場所などの詳細はこちら

◆お申込み・お問合わせ先◆

事前のお申込みが必要となります。
お申込みは各道府県支部(高齢・障害者業務課)まで。
また、空き状況や具体的な開催内容についても、開催地域の道府県支部(高齢・障害者業務課)へ、お気軽にお問い合わせください。

[高] 生涯現役社会の実現に向けたシンポジウムを開催します 参加者募集!

 「ニッポン一億総活躍プラン」、「働き方改革実行計画」では定年延長などを行う企業に対して支援を実施することが記載されており、実際に定年を延長する企業が増えています。定年延長は高齢社員のモチベーション向上や、戦力化のための有効な方法のひとつといえます。
 今年度は、全国6会場(開催順に愛知、広島、宮城、福岡、東京、大阪)で学識経験者の講演や定年延長などを実現した企業の事例紹介、パネルディスカッションなどのプログラムからなるシンポジウムを開催します。ぜひご参加ください。

平成30年度高年齢者雇用推進セミナー
~人生100年時代 継続雇用・定年延長を考える~

◆開催日・会場◆

 日時:平成30年10月9日(火)
13:00 ~16:00
 場所:今池ガスビル 9階 今池ガスホール 
(愛知県名古屋市)
   [アクセス]地下鉄東山線・桜通線 今池駅10番出口直結

◆定員◆

350人 申込み先着順

◆主なプログラム・出演者◆

講演 ① 「高齢社員の人事管理 60歳代以降を考える」
学習院大学名誉教授/学習院さくらアカデミー長
今野 浩一郎 氏 
講演 ② 「継続雇用、定年延長へのアプローチ」
愛知学院大学経営学部経営学科教授 関 千里 氏
企業事例 株式会社マキテック
社会福祉法人ひまわり福祉会 
調査報告 「定年延長の課題と効果」
当機構 雇用推進・研究部長 浅野 浩美
パネルディスカッション 「継続雇用・定年延長を考える」
コーディネーター:今野 浩一郎 氏
パネリスト:事例発表企業2社 他

 ◇詳細およびお申込みはこちらをご覧下さい。

◆お問合わせ先◆

 雇用推進・研究部研究開発課 (TEL:043-297-9527)

人生100年時代 継続雇用・定年延長を考える
~生涯現役社会の実現に向けたシンポジウム~

◆開催日・会場◆

 日時:平成30年10月12日(金)
13:00~16:00
 場所:ホテルグランヴィア広島 4階 悠久
(広島県広島市)
    [アクセス]JR広島駅新幹線口直結

◆定員◆

 150人 申込み先着順

◆主なプログラム・出演者◆

講演 ① 「高齢社員の人事管理 60歳代以降を考える」
学習院大学名誉教授/学習院さくらアカデミー長
今野 浩一郎 氏
講演 ② 「広島県内における高年齢者の雇用状況について」
広島労働局職業安定部職業対策課
企業事例 広島電鉄株式会社
株式会社虎屋本舗
調査報告 「定年延長の課題と効果」
当機構 雇用推進・研究部長 浅野 浩美
パネルディスカッション 「継続雇用・定年延長を考える」
コーディネーター:今野 浩一郎 氏
パネリスト:事例発表企業2社 他

 ◇詳細およびお申込みはこちらをご覧下さい。

◆お問合わせ先◆

 雇用推進・研究部研究開発課 (TEL:043-297-9527)

※他会場のご案内については、次号以降で随時行います。

[高] 生涯現役社会の実現に向けたシンポジウムを開催します 参加者募集!

 当機構では、本メールマガジン「機構の出版物」コーナーでもご案内しているように、月刊誌「エルダー」「働く広場」を発行しております。両誌は、当機構ホームページでも電子書籍として無料で公開しており、パソコンからはもちろん、スマートフォンやタブレットから会員登録不要でお読みいただけます。企業が実際に高齢者雇用、障害者雇用に取り組むにあたってポイントとなる特集記事や、先進企業の事例紹介など、みなさまのお役に立つ情報を多数掲載しておりますので、ぜひご一読ください。
 また、この「エルダー」と「働く広場」について、より多くのみなさまのご意見やご要望を誌面に反映するため、読者アンケートを実施しています。今後の誌面作りの参考にさせていただきますので、アンケートのご協力をお願いいたします。

◇「エルダー」読者アンケートの回答ページはこちら
◇「働く広場」読者アンケートの回答ページはこちら

◆お問合わせ先◆

 企画部情報公開広報課(TEL:043-213-6200)

マイエリア情報

こちらのコーナーでは、各都道府県で行っている
研修、説明会、その他イベントなどをご案内しています。


←左の日本地図をクリックしてください
(各都道府県にある当機構の施設の
ホームページへアクセスできるように
なっています。)


[高]・・・高年齢者雇用支援関係記事
[障]・・・障害者雇用支援関係記事
[求]・・・求職者などに対する職業能力開発関係記事
[共]・・・各業務に共通して関係する記事

【都道府県支部情報】
☆北海道・東北☆
[障] 山形   障害者職業生活相談員資格認定講習 受講者募集のご案内
[求] 福島   ポリテクセンターいわき 親子ものづくり体験教室のご案内
 
☆関東☆
[高] 栃木   高年齢者雇用・障害者雇用各種助成金に関する説明会のご案内
[求] 東京   生産性向上人材育成支援センター
生産性向上支援訓練の実施コースを5コース追加しました
 
☆東海・北陸☆
[障] 富山   富山障害者職業センター 発達障害特化型 就業支援基礎研修のご案内
[高] 石川   高年齢者雇用推進セミナー2018のご案内
[高] 長野   雇用関係助成金等 個別相談会のご案内
[高] 静岡   生涯現役いきいきワークショップのご案内
 
☆近畿☆
[障] 三重   障害者職業生活相談員資格認定講習のご案内
[障] 兵庫   「障がい者雇用フェスタひょうご2018」のご案内
 
☆中国・四国☆
[求] 島根   ポリテクセンター島根「生産性向上支援訓練(チャンスをつかむインターネットビジネス)」開催のご案内
[高] 岡山   高齢者助成金制度事業主説明会のご案内
[求] 広島   ポリテクセンター広島 生産性向上支援訓練(組織力強化のための訓練)のご案内
 
☆九州・沖縄☆
[求] 福岡   託児サービス付き職業訓練(下半期)のご案内
 
 

平成30年度 地方アビリンピック 開催予定!

(※ホームページに開催案内を掲載している県のみ掲載)

各都道府県において障害者の技能競技大会
「地方アビリンピック」が 開催されます。

北海道 青森 福島 茨城 千葉 東京
神奈川 新潟 石川 山梨 三重 滋賀
京都 山口 徳島 佐賀 大分


PTU(職業大)フォーラム2018

10月19日(金)・20日(土)開催予定!

会場:職業能力開発総合大学校
   (東京都小平市小川西町2-32-1)

“技能科学で未来をデザイン”のキャッチフレーズのもと、職業能力開発に関する研究成果の発表と議論の場の提供を目的として開催します。


受講生募集中! ハロートレーニング ~急がば学べ~
正社員就職への近道!
◇ポリテクカレッジ 10月生募集のご案内
(専門課程活用型デュアルシステム(2年制))
ポリテクカレッジ千葉(メカトロニクス技術科)
ポリテクカレッジ横浜港(港湾ロジスティクス科)
ポリテクカレッジ浜松(電気技術科)


機構の出版物

 当機構が発行している出版物をご紹介します。今回ご紹介する定期刊行誌はすべて当機構ホームページにおいて、デジタルブック版、PDF版などでご覧いただけます。
 「エルダー」と「働く広場」は最新号のホームページ掲載をお知らせするメール配信サービスも行っていますので、ぜひご利用ください。



[高] エルダー8月号

[高] エルダー8月号

特集 チャレンジするアクティブシニア
 「人生100年時代」、「生涯現役」という言葉がさまざまな場面で用いられ、再雇用や定年延長による職場での活躍だけではなく、趣味や地域活動、ボランティアなど、より広い意味で高齢者が活躍できる社会の実現が求められています。そこで本号では、さまざまな活動に精力的に取り組む「アクティブシニア」をテーマに、アクティブシニアが増えてきた背景や、定年退職後の人生をより豊かにするためのポイントについて、実際にご活躍されているアクティブシニアの方々へのインタビューを交えてお届けします。

 ◇エルダー8月号を読む
 ◇バックナンバーを読む
 ★読者アンケートは随時受けつけています。
  ご協力をお願いします。



[障] 働く広場8月号

[障] 働く広場8月号

  「職場ルポ」では、障害のある従業員が複数の業務を習得する「多能工化」で職場の活性化と効率化をした特例子会社の株式会社サン・シング東海を、「グラビア」では周りの社員や障害者職業センターなどのサポートを受けながら、さまざまな作業で活躍する株式会社タナベ刺繍の田中有香利さんを取材しました。「編集委員が行く」では2017年に大量解雇、閉鎖が相次ぎ問題視された就労継続A型事業所について、再発防止へ向けて行政や経営者、障害者が意見交換をおこなった「A型せとうちサミットin倉敷」の様子を取材しました。

 ◇働く広場8月号を読む
 ◇バックナンバーを読む
 ◇「働く広場」では企業・団体からの広告を募集中です。
 ★読者アンケートは随時受けつけています。
  ご協力をお願いします。

お知らせ

調達関係(入札等)情報 現在、参加者を募集している調達関係(入札等)情報を、当機構ホームページに掲載しています。詳しい内容はこちらをご覧ください。
 当機構は、「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律」(平成24年法律第50号)第6条の規定に基づき、「障害者就労施設等からの物品等の調達の推進を図るための方針」を定めています。

◆お問合わせ先◆

 経理部契約第二課(TEL:043-213-6437/6438)

関連情報
公益財団法人 東京しごと財団「障害者雇用支援月間シンポジウム」を開催します

 公益財団法人東京しごと財団では、9月の障害者雇用支援月間に合わせ、障害者雇用に関する情報発信・普及啓発のためのシンポジウムを開催します。どなたでもご参加いただけますので、ぜひお気軽にお申込みください。

テーマ:「精神障害者・発達障害者が安定して働くためには?」
日 時:平成30年9月25日(火)13:30~16:30
会 場:東京しごとセンター 地下講堂(千代田区飯田橋3-10-3)
参加費:無料
★障害者が働く福祉作業所等によるパン・雑貨の出張販売も行います。

 ▽詳細はホームページをご覧ください。


 ◇編集後記
 「障害者雇用支援月間特集」はいかがでしたか?
 「障害者雇用支援月間」中のイベント情報を中心に、当機構の障害者雇用に関する支援について、ご紹介しました。

 定期刊行誌「働く広場」では、毎月全国の障害者雇用の取組みを取り上げています。「障害者雇用」に関する情報や具体的な事例について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

 夏の疲れが出やすい頃ですので、読者のみなさまも体調には十分お気をつけください。最後までお読みいただきありがとうございました。
 次号「高年齢者雇用支援月間」特集もぜひご覧ください!

~初めて高障求メールマガジンをお読みいただいたみなさまへ~

今後メール配信を希望される場合にはこちらから登録が可能です。

登録はこちら

第63号は9月28日(金)配信予定です。
メールマガジンのバックナンバーはこちら


ご意見・ご感想ページへ
機構業務の改善に関するご意見・ご提案へ

 登録情報・パスワードの変更はこちら
 配信停止はこちら

配信システムの変更に伴い、平成29年4月2日以前にご登録いただいた読者のみなさまの「登録情報・パスワード変更」や「配信停止」のお手続きにはパスワードの再設定が必要です。



発行元:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構企画部情報公開広報課
〒261-8558 千葉県千葉市美浜区若葉3-1-2
TEL 043-213-6215 FAX 043-213-6556
(禁無断転載)

高齢者の雇用支援 障害者の雇用支援 職業能力開発の支援