【高解像度】機構パンフレット(日本語)2017_単頁
14/28

123障害者職業生活相談員資格認定講習の開催事業主に対する情報提供、相談・援助等事業主に対する支援計画に基づく援助等障害者の雇用支援13● 障害者雇用に関する事業主への支援 障害者を5人以上雇用する事業所については、障害者の雇用の促進等に関する法律により、障害者の職業生活全般にわたる相談・指導を行う障害者職業生活相談員を選任することが義務づけられており、その資格認定講習を実施しています。❶マニュアル等の提供 障害者の雇用管理ノウハウをまとめたマニュアルや好事例集の配布、動画(DVD)の貸出しを行っています。また、マニュアル等の内容はホームページで紹介しています。「各種資料(ハンドブック・マニュアル等)」http://www.jeed.or.jp/disability/data/handbook/index.html❷障害者雇用事例リファレンスサービス  障害者雇用について創意工夫等を行い積極的に取り組んでいる企業の事例や、合理的配慮の提供に関する事例をホームページで紹介しています。「障害者雇用事例リファレンスサービス」http://www.ref.jeed.or.jp/❸在宅雇用・就業の情報提供 重度障害者の在宅就業の普及を図るため、在宅勤務の事例や在宅就業を支援する団体等をホームページで紹介しています。「チャレンジホームオフィス(障害者の在宅就業支援ホームページ)」http://www.challenge.jeed.or.jp/❹就労支援機器等普及啓発事業 ホームページ等を活用して障害者の就労を支援する機器やソフトウェアなどの普及を図るとともに、障害者を雇用する事業主等を対象として、就労支援機器を一定期間無料で貸出しています。また、貸出しに当たっては、職場環境や障害特性等に応じて適切な機器が選定できるよう相談を行っています。 貸出しは、当機構本部及びホームページで受け付けています。「就労支援機器のページ」http://www.kiki.jeed.or.jp/❺障害者雇用エキスパートによる相談・援助 中央障害者雇用情報センター(東京都墨田区)では、民間企業の経験等を有する障害者雇用エキスパートが、企業の規模や業種の特性に応じた雇用管理や就労支援機器の活用等に関する相談・援助を行っています。「中央障害者雇用情報センター」TEL:03-5638-2792e-mail:syougai-soudan@jeed.or.jp 地域障害者職業センターでは、障害者を雇用しようとする事業主や既に雇用している事業主からの雇用管理面の具体的な相談に対し、個々の事業主の障害者雇用に関するニーズと雇用管理上の課題を分析した「事業主支援計画」を策定し、ジョブコーチ支援や定期的なフォローアップなどを通じて、体系的な支援を行っています。(6ページ参照)▲ マウス補助具  (肢体不自由者用)▲ 拡大読書器(視覚障害者用)▲ 発達障害者の雇用ノウハウDVD▲ 障害者雇用職場改善好事例集■ 障害者雇用に関する事業主への支援 ■

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る