【高解像度】機構パンフレット(日本語)2017_単頁
18/28

1教育訓練システム職業能力開発の支援17 我が国の産業の基盤となる「高度なものづくりを支える人材」を育成しています。 産業の基盤となる高度なものづくりを支える人材を育成するため、技術革新の進展や、産業構造の変化に応じた理論と技能・技術を有機的に結び付けた実学融合の教育訓練システムにより、ものづくりの基本を習得し、最新の技能・技術に対応できる高度実践技能者を育成しています。●専門課程(2年制) 高校卒業者等の方々を対象に、技術革新に対応できる高度な知識と技能・技術を兼ね備えた実践技能者(テクニシャン・エンジニア)を育成しています。○主な設置訓練科生産技術科、電気エネルギー制御科、電子情報技術科、住居環境科、建築科●応用課程(2年制) 専門課程修了者等の方々を対象に、産業界や地域のニーズに応じて、新製品の開発、生産工程の構築等に対応できる生産技術・生産管理部門のリーダーとなる人材を育成しています。○主な設置訓練科生産機械システム技術科、生産電気システム技術科、生産電子情報システム技術科、建築施工システム技術科●実験・実習を重視 実験・実習の割合は約65%(約3,600時間)●ものづくり現場に密着した 訓練環境を整備 ●少人数制による教育訓練 ●充実した実験・実習設備 ●企業の生産現場におけるインターンシップ●高い就職率 地域産業界との連携に重点を置き、人材ニーズに対応した教育訓練と学生に対するきめ細かな就職指導を実施することにより、毎年ほぼ100%の就職実績となっています。● 産業の基盤を支える人材の育成職業能力開発大学校・職業能力開発短期大学校(ポリテクカレッジ)▲ 機械工学実験(生産技術科)▲ 環境・エネルギー実験(電気エネルギー制御科)▲ 建築施工実習(住居環境科)■ 産業の基盤を支える人材の育成 ■

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る