塗装工事専門業から改築改修専門工事業へ!!

宮崎県宮崎市にある「株式会社くちき」を取材し、生涯職業能力開発体系を活用した人材育成の取組やこれから企業として取り組まなければならない課題などについて朽木代表取締役社長に伺いました。


当社は、昭和22年に創立後、建造物の維持と美観、そして顧客満足を第一に、建物塗装にとどまらず、マンション改修工事・戸建改修工事および公共社会資本の保全分野において公共工事から民間工事まで、調査、診断、施工等幅広く柔軟に責任をもって請け負っております。

塗装業に限らず、現代の大きな社会的テーマのひとつに「社会環境への負荷を如何に低減するか」があります。当社では、「エコロジー&エコノミー」を2008年度のモットーとし、リノベーションの中に新しい施工方法を研究し、「安全・安心・健康の改修工事」の実践に取り組んでおります。

~人材育成と「技術の伝承」

地方では、新築戸建物件の塗装工事の対応だけでは企業として成り立ちません。そこから派生する技術も企業内に持ち合わせ、オールラウンドに対応していかなければなりません。そのため、建設業関連の人材が減少する昨今においては、技能の伝承・若手人材の計画的な育成も大きな課題です。特に今後の発展のため、積極的に人材の育成に努め、技術者集団として企業価値を継続的に高めていく必要もあります。

この技術者集団としての企業価値を継続的に高めていくために必要不可欠な「人材育成」をどのように具体的に進めたらよいか模索していたところ、機構において段階的かつ体系的に人材育成を支援する「生涯職業能力開発体系」(以下、生涯体系)というものがあることを知りました。

早速、機構宮崎センターに伺い、その後、3年間17回程度をかけて、塗装工事業の生涯体系のモデルデータを参考に詳細にわたって独自体系の作りこみを行いました。

~新規顧客開拓のための社内変革~

当社では、構築した生涯体系と併せて、現在では従業員のモチベーション維持のため資格取得制度、目標管理制度、賃金評価制度等を構築し、生涯体系と繋げて活用しています。

上述のとおり、当社は塗装工事業に関連する建設業関連も含めてオールラウンドに対応できる改築改修専門工事業として新規顧客を開拓しなければ企業としても成り立ちませんし、顧客の信頼を得ることもできません。 また、当社は現在「新規顧客開拓のための社内変革」を課題として掲げており、この課題においても、機構で支援している生涯体系のノウハウが少なからず必要ではないかと考えております。そのためにも生涯体系が一過性のものではなく、常に使えるようメンテナンスをしていただきたいと思っております。

今後、生涯体系のメンテナンスと並行して関連業種の横断的な職務分析と人材育成に関するツールの提供など、生涯体系とそこから派生するさまざまな支援やノウハウを提供していただき、事務系及び管理職育成も含めた社全体の改革を行っていければと考えております。

職務別能力要素の細目の内容、職務別能力要素の細目、職務別能力要素の細目の内容
~創業62周年~
会社名 株式会社くちき
代表取締役 朽木充嗣
ホームページ http://www.kuchiki.co.jp別ウィンドウ