離職者訓練

1 離職者訓練(アビリティコース)

高齢・障害・求職者雇用支援機構では、離職された方が早期再就職するために必要な基礎的な技能・知識や応用性を加味した技能・知識を習得できるよう、標準6ヵ月の職業訓練を行っています。
また、受講者が、自己の適性や職業経験等を踏まえて訓練修了後の職業生活設計を行い、その実現に向けて訓練の受講や就職活動を効果的に行えるよう支援することを目的に、キャリア・コンサルティングを実施しています。

離職者訓練(アビリティコース)の写真1

離職者訓練(アビリティコース)の写真2

2 日本版デュアルシステム[短期課程活用型]

職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)での座学や実習の訓練と企業での職場実習とを組み合わせた職業訓練を通じて、現場の技能・技術等を身に付けた人材を育成するシステムです。

動画でのご紹介

日本版デュアルシステム[短期課程活用型]の写真1

日本版デュアルシステム[短期課程活用型]の写真2

3 橋渡し訓練

コミュニケーション能力やビジネスマナーなどを習得していただき、標準6ヶ月の職業訓練へ導くための、概ね1ヶ月程度の訓練(橋渡し訓練)を行っています。

お問い合わせ先:訓練受講に関するご相談は、全国の職業能力開発促進センター(ポリテクセンター)及び 秋田、 京都、 島根 の職業能力開発大学校(ポリテクカレッジ)でお受けしております。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。