障害のある方へのサービス

職業相談・職業評価

就職の希望等を把握した上で職業適性を評価し、必要な相談・指導を行い、これらを基に就職して職場に適応するために必要な支援内容・方法等を含む個々人の状況に応じた「職業リハビリテーション計画」を策定します。

職業能力の評価や面談により障害のある方の作業面・対人面のセールスポイントや課題について整理します。

また、就職や職場定着、職場復帰に向けた個別の支援計画を策定します。

職業準備支援

就職又は職場適応に必要な職業上の課題の把握とその改善を図るための支援、職業に関する知識の習得のための支援、社会生活技能等の向上を図るための支援を行います。

目的

就職や職業生活に必要な準備を整えるための支援です

対象

これから就職を目指す方、職場での課題改善を図りたい方

支援内容

当センターでの作業体験や職業準備講習カリキュラム(職場のルールやマナーの習得・職場でのコミュニケーションスキルなどの習得など)を行うことにより、就職を目指す上でのセールスポイントや課題となっていることを整理して、安定した職業生活を送ることができるように支援します。

期間

最大12週間(個別の状況により相談の上決定します)

職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援

就職又は職場適応に課題のある知的障害者、精神障害者などの雇用の促進及び職業の安定を図るため、事業所にジョブコーチを派遣し、障害者及び事業主に対して、雇用の前後を通じて障害特性を踏まえた直接的、専門的な援助を行っています。

障害のある方が安定して働けることができるようにジョブコーチが職場を訪問して、障害のある方への直接的な支援を行います。事業主や従業員に対しては、障害を理解して配慮するための助言や作業内容・職場環境への提案を行います。

リワーク支援

 うつ病などメンタルヘルス不調により休職されている方、その方の職場復帰を検討している企業に対して、主治医との連携のもとに、円滑な職場復帰を目指して休職期間を利用したウォーミングアップ支援を行っています。
 休職者にはセルフケア能力等の向上や再発防止策の検討、企業には受け入れ準備や復帰後の雇用管理について相談・支援を行います。

*利用は無料です。
*申し込みは随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

その他の関連情報

広域障害者職業センターについて

国立職業リハビリテーションセンター、国立吉備高原職業リハビリテーションセンターでは、医療リハビリテーションとの連携のもと、全国の広範な地域から精神障害者、発達障害者、高次脳機能障害者等を含む職業訓練上特別な支援を要する障害者を積極的に受け入れ、先導的な職業訓練を実施して指導技法等を他の障害者職業能力開発施設等に提供しています。

基本情報

福島障害者職業センター

所在地
〒960-8054 福島市三河北町7-14
TEL
024-526-1005
FAX
024-535-1000
Email
fukushima-ctr@jeed.or.jp
開庁日時
9:00~17:15(土日祝、年末年始休暇を除く)

地図・交通案内

福島障害者職業センター

福島障害者職業センター▲クリックで大きな地図、交通案内