障害のある方へのサービス

職業相談・職業評価

就職の希望等を把握した上で職業適性を評価し、必要な相談・指導を行い、これらを基に就職して職場に適応するために必要な支援内容・方法等を含む個々人の状況に応じた「職業リハビリテーション計画」を策定します。

職業評価の実施にあたりましては、現在ご本人が利用されている支援機関、相談機関がございましたら、「職業評価の実施にあたっての事前調査票」を支援者様から可能な範囲内でご記入いただき、初回相談時にご持参ください。

職業準備支援

職業準備支援は、職業センター内で通所のプログラムを実施しています。ひとり一人の状況や希望に合わせ効果的な就職活動を行うこと、就職後、安定した職業生活を送ることを目指しています。
支援期間は原則12週間の間で個別に設定し、講習や作業体験などを通じて、ストレス対処スキルの習得、作業遂行力やコミュニケーション力の向上、自分に合った働き方の検討、職場で配慮を得たい内容の整理等に向けた支援を行います。

職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援

ジョブコーチ支援とは、一定期間、ジョブコーチが職場を訪問し、障害のある方や事業所の方に対して、障害特性を踏まえた直接的で専門的な支援を行うものです。

障害のある方と事業主の橋渡しを行い、双方の不安軽減や問題解決を図ります。
最終的には、職場内のナチュラルサポート体制の中で安定した職業生活が継続できることを目指します。

リワーク支援

主としてうつ病等の精神疾患により休職している方、その方の復職を考えている事業主対して、主治医等と連携しながら職場に戻るためのウォーミングアップを行い、円滑に職場復帰していただくための支援です。

支援期間やカリキュラムは目標や課題に応じて個別に設定します。支援にあたっては、ご本人、主治医、事業主の同意が必要となります。これらの調整を含め、標準的な支援期間は5~6カ月程度です。

休職されている方へ

利用を希望される場合は「リワーク支援説明会」(月2回開催)へお越しください。説明会のお問い合わせや参加のお申し込みは当センターへお電話ください。

その他の関連情報

広域障害者職業センターについて

国立職業リハビリテーションセンター、国立吉備高原職業リハビリテーションセンターでは、医療リハビリテーションとの連携のもと、全国の広範な地域から精神障害者、発達障害者、高次脳機能障害者等を含む職業訓練上特別な支援を要する障害者を積極的に受け入れ、先導的な職業訓練を実施して指導技法等を他の障害者職業能力開発施設等に提供しています。

基本情報

京都障害者職業センター

所在地
〒600-8235京都市下京区西洞院通塩小路下る東油小路町803
TEL
075-341-2666
FAX
075-341-2678
Email
kyoto-ctr@jeed.or.jp
開庁日時
8時45分~17時00分(土日祝、年末年始休暇を除く)

地図・交通案内

京都障害者職業センター

京都障害者職業センターの地図▲クリックで大きな地図・交通案内