求職者支援訓練実施機関向け無料セミナー「集客に効果のあるチラシ作りキホンのキ」を開催しました

開催レポート

 人手不足が深刻化する中、雇用保険を受給できない求職者の方々等に対して職業訓練を実施し、早期の再就職を支援する求職者支援訓練の重要性は高まっていますが、その一方で、求職者支援訓練という制度そのものが知られていないことによる受講者数の伸び悩みも、大きな課題となっています。
 求職者支援訓練では、訓練実施機関(民間の教育訓練機関)が作成する募集チラシこそが、訓練コースの内容や存在そのものをアピールする最も重要なツールとなることから、(株)ビジネスファーム 長谷川 潤氏(中小企業診断士)を講師に迎え、求職者支援訓練実施機関向けに、告知・広報を行う際の基本的な考え方や効果的なチラシ作りについて学ぶセミナーを開催しました。

開会挨拶をする(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構愛知支部の貴舩統括

チラシ作りのポイントについて説明する長谷川講師

■説明のポイント
1.告知・広報において大事にしたいこと
「誰に」チラシを届けるのか?
 ・ターゲットは誰か
 ・ターゲットが抱える課題(不満・不安・不足)は何か
 ・精度の高いペルソナ(架空のユーザー像)を作る

2.チラシを作るうえで大事なこと
「何を」チラシに載せるのか?
 ・ターゲットが抱える課題に対する解決策を伝える
 ・ターゲットにとって一番重要な情報(≠作成者側が伝えたい情報)は何か
 ・必要な情報、有益な情報を厳選し、優先順位を付ける

3.チラシの作成
「どうやって」チラシを作るのか?
 ・チラシの構成要素や視線の流れを理解する
 ・"具体的"なキャッチコピーは何か、それに合う写真・イラストは何か
 ・ストーリーをレイアウトに落とし込み、ラフで全体像をイメージする

参加された訓練実施機関の皆様によるグループワークの様子

■参加者アンケートの結果

・自分でチラシを作成する機会が増えたので、集客効果のあるチラシとないチラシの違いが知りたかった。参考になった。
・今のチラシのどこをどう見直したら良いかが良く分かった。
・チラシを作るための方法が明確になった。
・アピールポイントの見つけ方は参考になった。
・ワークシートを使って、自社の事例を具体的に考えることができた。
・勉強になった。
・今後に活かしたい内容だった。
・話が中心だったが、具体例や参考例をもっと見せてほしかった。
・実際に使っている募集チラシを添削してもらいたかった。

・表現方法が勉強になった。
・こちら側が発信したい情報と、相手側に必要とされる情報の違いが分かった。
・デザイナーと情報共有して今後のチラシ作りに活かしていきたい。
・参考になった。
・自社事業のチラシには活用できるが、求職者支援訓練ではチラシ作りの制限やルールが多すぎるので、活用するのは難しいかもしれない。
・求職者支援訓練のチラシは、文字で伝えなければならない情報量が多いので、自由に作りづらい。

 
 参加した多くの皆様から「勉強になった」「今後の受講者募集に役立てていきたい」の声をいただいた一方で、「求職者支援訓練のチラシには、制限やルールが多すぎて、活かすことが難しい」といったご指摘もいただきました。

 愛知支部としましては、皆様からのご意見を踏まえ、今後の「求職者支援訓練を知ってもらい、利用(受講)してもらう」ための取組に役立ててまいります。
 ご参加いただいた皆様、長谷川講師、誠にありがとうございました。


■セミナー開催概要
 日 時:2019年9月10日(火)14:00~16:00
 会 場:(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構愛知支部 名古屋事務所
     (名古屋市中区錦1-10-1 MIテラス名古屋伏見 5階会議室)
 講 師:(株)ビジネスファーム 長谷川 潤 氏(中小企業診断士)
 参加者:求職者支援訓練実施機関(民間教育訓練機関) 10機関:13名
     (このほか、当機構の静岡・岐阜・三重支部の職員4名も聴講しました。)
 参加費:無料
 主 催:(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構愛知支部

セミナー終了後に開催した講師と当機構職員による勉強会の様子

 セミナー終了後は、講師と当機構職員(静岡・愛知・岐阜・三重支部の担当者)が集まり、求職者支援訓練のルールの中で、どのようなチラシ作りが効果的かについての勉強会を開催しました。

 長谷川講師からは、
 ・募集チラシの作成に関するルールを明確にすること
 ・不要な情報はそぎ落とし、必要な情報にはメリハリを付けること
 ・チラシの表面はコースの魅力をアピールし、裏面で応募方法等の具体的な手続きを記載すると伝わりやすい
 ・ターゲットに何を伝えたいのか、チラシを見て何をしてほしいのかを明確にすること
 といったアドバイスをいただきました。

 当支部が作成した求職者支援訓練リーフレットにも、たくさんのアドバイスをいただきましたので、早速、見直しを進めてまいりたいと思います。
 長谷川先生、ありがとうございました。