第16回神奈川県障害者技能競技大会~アビリンピック神奈川2018~

第16回神奈川県障害者技能競技大会(アビリンピック神奈川2018)を開催します。
皆様のご参加、ご来場をお待ちしております。

開催日

平成30年10月25日(木) 機械CAD競技種目 13時から15時30分まで
平成30年10月27日(土) 機械CAD競技種目を除く11種目 9時から15時30分まで 

会場

場所

神奈川障害者職業能力開発校 (相模原市南区桜台13-1)

神奈川障害者職業能力開発校地図

交通のご案内

バス 小田急線「小田急相模原駅」北口・1番乗り場より

   「北里大学病院・北里大学」行
   「相模原駅南口」行
   「町田バスセンター」行
  
「第一住宅」バス停下車 徒歩3分
「小田急相模原駅」より、バス・タクシーをご利用の場合は、改札を出て左へ進み、
階段・エレベータ等で地上に降り、バス・タクシー乗り場へ。

バス 小田急線「相模大野駅」北口・3番乗り場より

   「麻溝台経由 北里大学病院・北里大学」行
   「女子美術大学」行
  
「双葉入口」バス停下車 徒歩7分

徒歩 小田急線「小田急相模原駅」北口より徒歩20分

徒歩の場合は、改札を出て左へ進み、階段・エレベータ等で地上に降り、サウザン
ロード入口交差点より、上の地図を参考にご来校ください。

小田急相模原駅まで

相模大野、海老名からは普通電車に乗り換え

新宿方面(相模大野まで急行を利用して約40分)
小田急新宿駅→相模大野駅→小田急相模原駅

小田原方面から(海老名駅まで小田急線急行を利用して約60分)
小田急小田原駅→海老名駅→小田急相模原駅

横浜方面から(海老名駅まで急行を利用して約50分)
相鉄線横浜駅→海老名駅(小田急線に乗換)→小田急相模原駅

※お車でもご来場いただけますが、駐車場に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用願います。
また、小田急相模原駅と会場を結ぶ無料送迎バスは、参加選手と介助者を優先いたしますので、一般の方々はご遠慮下さるようお願いします。

競技種目及び定員

競技種目、定員及び参加対象障害者
競技種目 定員 参加対象障害者
DTP   5名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
機械CAD  5名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
電子機器組立   5名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
ワード・プロセッサ   10名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
ホーム・ページ   5名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
ビルクリーニング   30名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
表計算   10名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
パソコンデータ入力   15名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
縫製  5名  知的障害者
喫茶サービス   10名  知的障害者
製品パッキング   12名  身体障害者、知的障害者、精神障害者
オフィスアシスタント   20名  身体障害者、知的障害者、精神障害者

(注)参加申込者が定員を超えた場合は調整をいたします。

参加資格

次の(1)から(4)のすべてに該当する方

  1. (1)次のいずれかの所持者
  2.    ・ 身体障害者手帳
  3.    ・ 療育手帳
  4.    ・ 精神障害者保健福祉手帳
  5.    ※ いずれも相当する証明書等を所持している方を含みます。
  6. (2)平成30年4月1日現在で満15歳以上の方
  7. (3)神奈川県内に居住、神奈川県内の事業所に勤務又は神奈川県内の職業能力開発施設等に在籍している方
  8. (4)競技に十分耐えられる健康状態である方

参加申込期間

 平成30年7月2日(月)から同年7月31日(火)まで(必着)

参加申込方法

参加希望者は、「参加申込書・同意書」を神奈川支部 高齢・障害者業務課へ郵送にてご提出ください。

参加選手決定

  1. (1)参加申込書により参加資格を審査の上、出場者を決定し本人に通知します。
  2. (2)ビルクリーニング競技については、1法人・1学校あたりの参加選手を2名までとします。また、定員(30名)を超える参加申込があった場合は、抽選を行います。
  3. (3)ビルクリーニング競技を除くその他の競技については、参加申込者が定員を超えた場合に下記の調整を行います。

  ・1法人・1学校あたりの参加選手を1名とします。
  ・前項の調整を行っても各競技の定員を超える場合は、抽選を行います。

  1. (4)参加申込者が定員に対し極めて少ない競技種目は、実施を取り止めることがあります。

競技方法等

  1. (1)競技は実技のみとします。
  2. (2)競技時間は2時間以内です。
  3. (3)競技に使用する基本的共通機器等は、原則として主催者において用意し、当該機器等の具体的内容は事前に公表します。また、当該機器等は、原則として改良は行いません。
  4. (4)選手個々の障害特性により競技参加において必要とする補助具等(以下「競技用補助具等」といいます。)及び日常動作に必要な補助具等は、当該選手において用意します。ただし、選手が用意した競技用補助具等が大会当日に動作しない場合は、会場備え付けのものを使用します。
  5. (5)競技成績の評価にあたっては障害の種類、程度は考慮されません。

競技結果等

競技費用等

平成30年度公開課題

平成30年度公開課題については、決まり次第随時掲載いたします。

(参考)平成29年度公開課題

使用機器環境(予定)

使用機器環境
競技種目   機種 OS  アプリケーション 
 DTP  DOS/V  Windows 10 Pro  Adobe Illustrator CS6
 Adobe Photoshop CS6
 機械CAD  DOS/V  Windows 10 Pro  AutoCAD 2017
 ワード・プロセッサ  DOS/V  Windows 10 Home  Microsoft Office 2013
 ホームページ  DOS/V  Windows 10 Home  メモ帳(ノートパッド)
 ブラウザ:IE11.0
 表計算  DOS/V  Windows 10 Pro  Microsoft Office 2013
 パソコンデータ入力(知的障害者)  DOS/V  Windows 7 Professional  Microsoft Office 2010

その他

第39回全国障害者技能競技大会(平成31年開催予定)における同じ競技種目への参加選手については、原則として、本大会における金賞受賞者を推薦する予定です。

問い合わせ先

神奈川支部 高齢・障害者業務課

〒241-0824 横浜市旭区南希望が丘78番地
電話 045-360-6010
FAX 045-360-6011

所在地等

高齢・障害者業務課

所在地
〒241-0824
神奈川県横浜市旭区南希望が丘78番地
TEL
045-360-6010
FAX
045-360-6011
Email
kanagawa-kosyo@jeed.or.jp
開庁日時
8:45~17:00(土日祝、年末年始休暇を除く)

地図・交通案内