求職者支援制度による職業訓練のご案内

求職者支援制度による職業訓練へのご案内

不況などにより、非正規労働者や長期失業者が増加する中で、雇用保険の失業等給付を受給できない求職者の方の早期就職を支援するため、求職者支援制度が創設されました。
この制度は、特定求職者の方(雇用保険の失業等給付を受給できない求職者等であって、職業訓練その他の就職支援を行う必要があると公共職業安定所所長が認める者)に対し、職業訓練の実施、職業訓練を受けることを容易にするための給付金の支給、その他の就職に関する支援措置を講ずることにより、これらの方の就職を促進し、もって、その職業及び生活の安定に資することを目的としています。
高知職業訓練支援センターにおいては、これまでの公共職業訓練における経験やノウハウを活かし、求職者支援制度による職業訓練(以下「求職者支援訓練」といいます。)を実施する民間教育訓練機関に対して、求職者支援訓練制度の周知広報、訓練計画の策定に関する相談援助、審査・認定、訓練実施に関する助言等を行っています。
詳しくは求職者支援制度のご案内をご覧ください。

求職者支援訓練実施について(訓練機関の方へ)

民間教育訓練機関の皆様からの職業訓練の認定申請を審査し、都道府県ごとに定められた地域職業訓練実施計画に基づき、認定基準等を満たした職業訓練を認定します。