求職者支援訓練サポート講習

求職者支援訓練サポート講習とは?

求職者支援訓練の実施機関が抱える訓練運営上の諸課題をテーマとして設定し、同じ課題を有する他機関とのグループワーク等も交え、自機関での改善等に繋げていきます。

平成30年度講習テーマ

「ケーススタディで学ぶ就職支援(意欲的な就職活動を引き出す支援) 」
 

 「ケーススタディで学ぶ就職支援」コース案内はこちら 

開催日時・場所

日時 平成30年11月8日(木)13時30分から16時30分まで
場所 ポリテクセンター佐賀 本館206教室

受講料

無料

講習内容

ハロートレーニング(公的職業訓練)において、就職支援は不可欠なものです。また、実施機関の皆様にとって、就職率は職業訓練に取り組んでいただいた結果についての評価指標となっていることから、日々最良・最善の就職支援とは何かを模索しながら訓練・就職支援を実施されていることと思います。
この講習では、就職支援とは何かを再確認するとともに、実際にあったケース(事例)を参考にしながら、受講生の意欲的な就職活動を引き出す方策について考えます。

受講対象者

求職者支援訓練や委託訓練実施機関の就職支援責任者、キャリアコンサルティング担当者、訓練実施責任者など。
※委託訓練の実施機関の方も受講可能です。

申込方法

「ケーススタディで学ぶ就職支援」コース案内の裏面に必要事項を記入の上、FAXにてお申し込みください。

「ケーススタディで学ぶ就職支援」コース案内はこちら

開催実績

平成29年度

受講者の声

サポート講習受講中の風景 一つの事例について深く考えることがなかったので、いい機会でした。
訓練時に活用される内容であった。
言葉の使い方を学べ、言葉の大切さに改めて気付きました。
ワークもあり、いろんな方の意見を聞け、講義も分かりやすく満足です。
事例が分かり易く、自分自身に当てはめながら学ぶことができました。 
自分の教育活動を振り返るきっかけとなりました。
これからの受講生との関係性の中で考えていきたいと思いました。
今日の内容は他の講師にもフィードバックしたい。
事例により対応が分かり易く勉強になりました。
タイプを知ることで、より良い講習に繋げられます。

平成28年度

受講者の声

1~3回目のキャリコンの流れを確認できた。
他の実施機関のやり方を知ることができた。
JCについての知識が深まり勉強になりました。
もう一度スケジュールを考え直すことができそう。
キャリコンや就職支援で活用できる。順序良く整理し、進めていくには良かった。
受講生に対してのジョブ・カードの説明時に活用したい。
具体的な事例でグループワークができ参考になった。

平成27年度

受講者の声

課題事例に関して、解説まで準備してあったので、良かったです。
精神障害者と発達障害者についての対応について、大変、参考になりました。
生徒対応について、日ごろの対処を振り返り、意識として再認識するのに役立った。
精神、発達障害について、あまりわかっていなくて対応の仕方もわかり大変役立ちました。
グループワークで他の実施機関の方の意見が聞けて良かったです。
精神障害者、発達障害者に対する対応についてよく解りました。現場で活用したいと思います。

平成26年度

受講者の声

キャリコンの進め方、様式ごとのシートの見方など勉強になりました。受講者にとってのキャリコンの有り方を学ぶことが出来たと思います。
他の方のキャリコンのやり方を見せていただくことができ、今後の参考になりました。講習もキャリコンの進め方が具体的にわかりました。ありがとうございました。
いろいろな方と意見交換ができてよかった。具体的な話ができてよかった。また企画してほしい。
それぞれの役に分かれる事で、クライアントの事がより分かったような気がしました。
ジョブカードの必要性を私達自身も改めて実感しました。
1回目 2回目 3回目と順を追って支援していく方法が分った。
職務経歴・職務から得たこと、自己PR等の記述表現の仕方を段階的に指導していくことが現実問題として困難でした。しかし、研修を受けたことにより方法の理解と心構えが出来ました。
講習でロールプレイの演習を行なったことによりコンサルタント上の注意点、方法が理解でき不安軽減へつながった。

所在地等

所在地
〒849-0911
佐賀県佐賀市兵庫町若宮1042-2(JR伊賀屋駅前)
ポリテクセンター佐賀内

求職者支援課

TEL
0952-26-9496
FAX
0952-26-9494
開庁日時
8時45分~17時00分(土日祝、年末年始休暇を除く)

地図・交通案内