技能競技種目のご紹介(動画)

技能競技種目の一部を動画にてご紹介いたします。

DTP

 
DTPとは、書籍や新聞、広告などの印刷物を製作するときにパソコンで編集や割り付けなどをして、紙面に出力する作業のことです。この競技では、提供される画像や文章素材を使って、チラシやリーフレットを作成します。
素材をどう生かすか、どういうレイアウトの構成が見やすいか、どうすれば印象に残るデザインになるかなど、限られた時間で技術や創造力を駆使して、個性を競い合うところがポイントです。

機械CAD

 
図面を正確かつスピーディーに作図するシステムが機械CADです。この競技では、機械部品の組立図をCADを使って図面にします。作図を始める前に読図(どくず)し、どこに何を描くか、どの部品をどこに配置するかなど戦略を立てた後、線の太さや種類、寸法など精密な加工指示を決められた記入方法で作図して完成させます。競技開始直後の緊張感あふれる読図作業、それぞれ考え抜かれた手順で挑むスピーディーな作図作業、その「静」と「動」のコントラストが見どころです。

建築CAD

 
建築図面を見やすく正確に作図するシステムが建築CADです。この競技では、建物の平面図や立体図、断面図などを作成します。課題に書かれた建物のスケッチや、構造部材など、情報を把握し、効率よい作業手順などの作戦を立てた後、適切な線の太さや文字の大きさ、数値を正確に入力しながらコピーや反転複写などCAD特有の機能を駆使して、高度な操作技術で素早く仕上げていきます。実際に建築現場で作業をする人が見やすく、わかりやすい、美しい図面であることがポイントです。

電子機器組立

 
電子機器の試作品の開発や改良は、大量生産前の大切なステップとして製品開発に欠かせません。この競技では、仕様書に従い電子機器部品を組み立てます。まず、束線などの配線作りのため、ベニヤ板の上に電線を張ります。次にプリント基板に電子部品を差し込んで回路を組み立てます。基板が完成したら、フレームを組み立て、コンセント、スイッチ、トランスなどを装着して配線を施し、すべての部品を取り付けます。正確に動作するかを確認すれば完成です。正確さと速さ、仕上がりの美しさがポイントとなります。

歯科技工

 
義歯、歯並びの矯正装置などの製作で歯科技工士は活躍しています。この競技では、提供された上下のあごの模型を使い、蝋義歯(ろうぎし)や冠(かん)などの義歯を製作します。歯の大きさや形、色、噛みあわせは、人それぞれに違うので、残っている歯を参考にしながら、年齢、性別、患者の希望などを考慮して完成させます。歯並びのバランスはよいか、歯や歯ぐきの形や色が自然で美しいか、スムーズな噛み合わせができているかがポイントです。

ワード・プロセッサ

 
この競技では、3つの課題があります。マイクロソフトWord(ワード)を使用し、日本語の書簡文、作表、および英語の書簡文をつくります。見本となる文書や表が渡され、まったく同じものを作成します。文字や英単語の入力だけではなくWordに含まれるさまざまな機能を自由に使いこなせるかを競います。また、課題をカラー印刷する際、色の選択やコントラストにも気を配ることも必要です。見本とまったく同じものを作成できるか、入力の速さ、正確さといった点がポイントです。

データベース

 
この競技では、図書館など生活に身近な情報システムを想定し、マイクロソフトAccess(アクセス)を使ってデータベースを作成します。システムの手順書に従って利用者を想定し、メニューに操作ボタンを設けたり、現在の状況がわかるシステムと画面の設計を行っていきます。また、操作マニュアルの作成も行います。システムの構造を理解し、データの流れに基づくことが求められますが、利用者からの要望を想定して使い勝手がよいものになっているかどうかが最大のポイントとなります。

ホームページ

 
この競技では、提供された画像や文章素材を使って、ホームページを作成します。まず、課題をもとに全体の構成を考え、HTMLという言語を使って作成します。次に文字や画像の大きさ、色などに配慮し、美しく見やすいレイアウトを完成させます。トップページが完成したら、他のリンクページを作成します。ホームページ作りで最も大切なのは、お年寄りや障害のある方にも使いやすいものであることです。また、独創性や企画力、見る人をひきつけるデザインセンスなど、総合的な技量が求められます。 ※競技当日は、追加の要件が指示され、それに従って事前課題で作成したコンテンツに対してさらなる改善作業が行われます。

フラワーアレンジメント

 
この競技は、人々の生活空間に安らぎと喜びを与え、人の心を癒すといった花の持つ特性を有効に引出し、その集合体において更なる美しさの構築に、感性を注入する競技です。限られた道具と資材の条件の中で制作される作品には、誰が見ても感動を覚える美しさの追及、芸術性と実用性が求められます。

コンピュータプログラミング

 
この競技では、ロボットを動かすプログラムを作り、実際に動かして図形を描きます。また、プログラムの説明書も作ります。競技開始後しばらくは、選手が課題への戦略を立てる時間です。戦略を立てた後、人間の腕と同じ構造のロボットに取りつけたペンで指定された図形を描きます。ポイントは5つあります。1つ目は図形の正確さと美しさ、2つ目は図形を描く時間の長さ、3つ目はプログラムのシンプルさ、4つ目は図形を描く方法、5つ目は説明資料の内容です。その他、図形を描く方法の独創性もポイントです。

ビルクリーニング

 
この競技では、会場内に設けた模擬オフィス(事務室)において、指定時間内に各課題における清掃作業を行います。資機材の適切な取り扱い、確実な清掃技術、サービス業としてのマナー、安全に配慮した作業等が競技のポイントとなります。

喫茶サービス

 
この競技では、模擬的に設置された喫茶店において、お客様にサービスを提供する技術を競います。お客様に対して一連の接客業務が正確、かつ、スムーズにできることはもちろんですが、他の従業員と連携・協力しながら、お客様の立場に立って、お客様に満足していただけるようサービスを行うことがポイントです。

オフィスアシスタント

 
この競技は、誰でも一度は経験したことのある「手紙を出す」までの手順を競技にしたもので、制限時間内にいかに早く、正確に作業するかを競います。3種類の文書を仕分けしながら、折り板を使用して折る、しわを出さないように決められた位置に糊付けする、宛名だけでなく住所も見ながら仕分けをする等、単純な中にも正確な技能が要求されます。

パソコン操作

 
この競技では、マイクロソフトExcel(エクセル)でのデータ処理(実技問題)とインターネット検索(知識問題)の2つの課題で構成されています。視覚に障害のある選手は、文字を音声化する画面読み上げソフト、画面を大きくするソフト、立体コピーを利用して課題に挑みます。基本的にマウスを使わず、キーボードだけを駆使してパソコンを操作します。ショートカットキーや関数の利用法を暗記して作業したり、検索オプションを活用してインターネットから効率的に情報を収集するといった点がポイントです。

パソコンデータ入力

 
この競技には、3つの課題があります。1つ目は、与えられたデータをミスなく、数多く入力できるかを競う「アンケートはがき入力」、2つ目は、伝票の内容と入力済みのデータを見比べて入力ミスを直す「顧客伝票修正」、3つ目は、マイクロソフトExcel(エクセル)を使って体裁の整った請求書などを作成する「帳票等作成」です。どの課題も、入力の速さ、正確さといった点がポイントです。