関係機関に対するサービス

関係機関に対する助言・援助業務

ハローワーク、障害者就業・生活支援センターをはじめ就労支援機関等に対し職業リハビリテーションに関する技術的事項の助言・援助をおこないます。

就業支援基礎研修

就労移行支援事業者、福祉機関、医療等の関係機関の就業支援担当者を対象に、効果的な職業リハビリテーションを実施するために必要な基本的知識・技術等の習得を目的とした研修を行っています。

平成29年度の予定
  1. 第1期 6月14日(水) ~ 6月16日(金)
  2. 第2期 9月20日(水) ~ 9月22日(金)

なお、今年度は過去に就業支援基礎研修を受講した方を対象とした、より実践的な研修として、就業支援基礎研修 応用編の開催も予定しております。詳細については決定次第ご案内します。

就業支援実践研修

労働、福祉、医療・保健、教育等の機関の就業支援担当者(2年以上の実務経験をお持ちの方)を対象に、障害別(精神障害、発達障害、高次脳機能障害)の就業支援に関する実践力を修得していただくための「就業支援実践研修」を全国12エリアで行っています。
※平成29年度 南東北エリア 就業支援実践研修 発達障害コースは定員になりましたので募集を締め切らせていただきました。

職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修

当機構では、社会福祉法人等に所属しており訪問型職場適応援助促進助成金を活用して支援することが予定されている方を対象に、訪問型職場適応援助者を養成する研修を実施しています。

この研修は、障害者職業総合センターで行う本部研修と、地域障害者職業センターで行う地域研修から構成されており、当センターでは、地域研修を担当しています。

その他の関連情報

連携支援の実施による職リハ技術情報の提供

就職を希望する障害のある方の支援、職場での不適応の恐れのある方への職場適応支援等を実施するに当たって必要となる福祉関係機関、医療関係機関、教育関係機関との連携を強化し強化し、障害のある方の円滑な職場適応を図ります。

この支援を通じて、必要なケース会議を開催し、職業リハビリテーションに係る技術情報を適宜関係機関職員に提供します。関係機関で就労支援に取り組むときに、障害のある方と事業主とを円滑に橋渡しできるように関係機関の求めに応じて職業リハビリテーションの分野から技術情報を提供します。

職業リハビリテーションに関する助言・援助

関係機関において、就職を希望する障害のある方の支援、職場での不適応の恐れのある方への職場適応支援等を実施するに当たって必要となる職業リハビリテーションに関する支援方法等について、体験的に習得していただくために、当センターの支援場面での実習を通した助言・援助を行います。

就職を目指す利用者への動機づけを高めるための講話の実施

福祉、医療、教育機関等の利用者の就職促進の一環で、関係機関の利用者に対する職業講話、就職のための心構えの形成、利用できる雇用援護制度等を情報提供し、利用者が就職の動機づけを高めるための援助を行います。

就労支援機関の開催する連絡会議、研修会への職員派遣等

障害のある方の雇用促進に必要となる福祉、医療機関の取り組みに協力し、必要に応じて委員会等への職員の派遣・参加に努めます。

また、就労支援機関が職業リハビリテーション分野での職員向けの研修会を開催する際に、必要に応じて講師として職員を派遣します。

機構が行う職業リハビリテーションに関する各種研修について

当機構では、就業支援基礎研修を修了した方や一定程度の就業支援経験をお持ちの方に対して、さらなるスキルアップを図るための各種研修を実施しています。

基本情報

宮城障害者職業センター

所在地
〒983-0836 仙台市宮城野区幸町4丁目6番1号
TEL
022-257-5601
FAX
022-257-5675
Email
miyagi-ctr@jeed.or.jp
開庁日時
08:45~17:00(土日祝、年末年始休暇を除く)

地図・交通案内

宮城障害者職業センター

宮城障害者職業センター▲クリックで大きな地図・交通案内