<受講者の本音をインタビュー> 「求職者支援訓練を受講した感想は?」

Vol.1「ICT・RPA事務科」(アルタスクール)実施機関の担当者の方にもインタビューしました

「ICT・RPA事務科」を実施されたアルタスクールの講師 兼 責任者の金山さん((株)アルタ 法人営業部長)にも話を伺いました。(※インタビューは、訓練終了後のR2.7月中旬に実施しました。)

【株式会社アルタ(名古屋市中区東桜)】https://www.alta.co.jp/

 

 ICT・WEBに関する総合商社として、WEB制作、システム開発、RPAやZoom等の導入支援、アルタスクールの運営等、幅広い事業を手掛けられています。

■求職者支援訓練では全国初となるRPAが学べる訓練コース「ICT・RPA事務科」を実施されましたが、このコースを設定したねらいを教えてください
 RPA(Robotic Process Automation)は、定型業務を自動化できるツールのことですが、業務効率化や省力化に役立つことから大企業を中心に導入が進められています。最近では、新型コロナウイルスの影響もあって、IT化や業務の省力化を推進したい中小企業からの問い合わせも増えてきています。
 RPAは導入したら即、業務が効率化するものではなく、自社の業務内容に合わせて細かく設定しなおしていくことで業務の効率化を図るツールなので、RPAを導入する企業には「自社の業務の流れ」と「IT」の両方に詳しい担当者が必要になります。
 そこで、「ICT・RPA事務科」では、業務理解に欠かせない「オフィスソフトを使いこなすための実習」と、実際に企業で使った自動化の作業手順をモデルにした「RPA操作の実習」とを組み合わせたカリキュラムとすることで、RPAを導入しようとする企業への就職や、RPA担当者のサポート役として活躍することを目指してコースを設定しました。

「ICT・RPA事務科」のPR資料(コースの内容を詳しく説明した資料)

 

■クラスの雰囲気はいかがでしたか?
 受講者の皆さんは真面目で勉強熱心でしたし、クラスの雰囲気も良かったですね。受講者の中にはエクセルがあまり得意でない方もいたので、その方と話し合って放課後に補講することにしたのですが、ほかの受講者も一緒になって放課後の補講に参加してくれたりして、みんなで修了に向けて頑張っていましたね。

■訓練は終了しましたが、その後の就職に向けてはいかがですか?
 新型コロナウイルスの影響で、企業の採用マインドが極端に悪化していると感じています。RPAを導入したいという企業は増えていますが、操作できる人材をセットで採用したいという企業は非常に少なくなってしまいました。
 また、事務系職種全般に言えることですが、去年までなら正社員として求人を出していた企業も、派遣社員の活用や非正規の求人に切り替えたりするケースが増えており、受講者の希望する条件と実際の求人内容とのミスマッチが生じていると感じています。弊社のキャリアコンサルタントも実際の求人動向を踏まえながら、受講者一人ひとりと就職相談を進めていました。
 受講者の皆さんが学んだオフィスソフトやRPAの操作スキルが、希望する就職先への就職に役立つことを願っています。


 インタビューに協力していただいたアルタスクールの金山さんには、このコースを設定した「ねらい」だけでなく、受講者の就職活動に与える新型コロナウイルスの影響についても話をしていただきました。金山さん、ありがとうございました。